Top_7
Top_5
Top_6
Logo_s
  Menu_1sesson Menu_2event Menu_3contents Menu_4shop Menu_4contact Menu_5conclusion
 
 

最期まで自宅で過ごしたい!を叶えるおうち介護食基本講座

 
こんにちは!厚美美枝です。
 
この度は、メール介護食基本講座へお申し込みありがとうございます。
 

この基本講座では、

最期まで自宅で過ごしたい!を叶えるために

私の実体験に基づき本当に必要なことばかりをまとめました。


講座は

 

1日目 介護食のお悩みベスト5

2日目 老化のはじまり

3日目 おいしい!とほめられる介護食作り3つのポイント その1

4日目 おいしい!とほめられる介護食作り3つのポイント その2

5日目 もう献立作りに悩まない

6日目 どこで食べるかも大事なポイントです♪

7日目 困った時の市販食品の賢い使い方

8日目 おうち介護食栄養アドバイザーがあなたにできること


毎日20時にあなたへお届けします。
どうぞ最後までお付き合いください。

 

◆◇

まず、最初に私がこのメール講座を
始めたきっかけについてお話しさせてください。


私は平成29年6月に独立しました。
それまで特別養護老人ホームに勤めており
23年間いろいろな経験を積みました。


詳しくは講座でお話ししますが
とにかくもう忙しい23年間でした。

 

朝は早いので
大事な家族のお弁当さえも
数えるくらいしか作れませんでした。

 

もちろん食事の準備もできず
いつもお惣菜だったり外食です。

 

受験生の息子の送迎から戻り
家事をするのが23時。

 

いくら気力でがんばっても
身も心もボロボロでした。

 

栄養士として
母として
妻として
嫁として

いつも満足にできない自分。

 

本当につらかったです。


そしてある出来事が
私の心にいつもひっかかっていました。

それは、

◇◆
祖母の「最後まで自宅にいたい!」を
叶えてあげられなかった悔しさです。


私が37才の時、
父が急逝。


実家には92歳の祖母が残されました。
ちょうど定年を迎えた叔父が面倒をみるため
帰郷し同居することになりました。

そのうちに
祖母の病気のために
食事療法が必要になりました。

叔父にはその食事準備が難しく
施設への入所を希望しました。


その時
栄養士の私が何とかしていたら
最後まで自宅にいることができたのに・・・

もし、
仕事が忙しくなければ・・・
時間があったら・・・
叔父でもできる簡単な調理法があったら・・・
と何もできなかった自分・・・

今も、すごく悔しく悲しく情けなくなります。


◆◇

そこで私は
食事療法を取り入れた介護食を
家庭でできるには
どうしたらよいかを考えました。

その基本がこのメール講座です。

基本を覚えれば
誰でも作ることができますし
高齢のご家族も最後まで
自宅で過ごすことができるのです。


あなたも、「最期まで家で過ごしたい」
というご大切な家族のために
なんとか叶えてあげたい

食事を作ってあげたい
と思いますよね。

今は誰もが忙しい時代です。

あなたの仕事や家事の負担にならずに
早く、簡単に、美味しく調理できて
「おいしい!」と食べてもらえたら
みんながしあわせに過ごすことができるのです。


介護施設を必死に探すことも必要ありません。


私の祖母や叔父のような思いをさせたくない!!!


介護現場でもずっと様々なご家族を
何とかしてあげたいとずっと考えてきました。


そんな一心で作った基本講座です。


今回はメール講座ですが、
あなたに必ず役立つ講座や料理教室なども
実施していく予定です。

 

このメルマガでご案内させていただきます。

 

 
厚美 美枝
 
 
  • 〔第1回〕介護食のお悩みベスト5
  • 〔第2回〕老化のはじまり
  • 〔第3回〕おいしい!とほめられる介護食作り3つのポイント~その1~
  • 〔第4回〕おいしい!とほめてもらえる介護食作り3つのポイント~その2~
  • 〔第5回〕もう献立づくりに悩まない!!!
  • 〔第6回〕どこで食べるかも大事なポイントです♪
  • 〔第7回〕困った時の市販食品の賢い使い方
  • 〔第8回〕最終話
Facebookにログインすると名前とメールアドレスが自動入力されます
お名前
姓) Must
名) Must
メールアドレス Must
お住まいの地域
ご紹介者
解除停止はメールのリンクをクリックするだけでいつでも可能です。
感想、応援メッセージでシェアにご協力ください
投稿にはfacebookにログインしている必要があります。
このメルマガはリザーブストック 有償版 を使っています。
リザーブストックは厚美 美枝様よりご招待いただくことで無料でご利用いただけます。(有料版有り) ご利用希望の方はmie05150713@gmail.com宛てに利用希望の旨ご連絡ください。
 
 
 
 
Profile
Professional
おうち介護食栄養アドバイザー

厚美 美枝

Mission
自宅で家族と最期のワンスプーンまでを叶えたい!
Senmon

管理栄養士 在宅訪問管理栄養士 栄養ケアステーション 介護食 低栄養

管理栄養士 在宅訪問管理栄養士 介護支援専門員 介護現場23年の実績を活かして、在宅介護食でお悩みのご家族へ栄養ケア・調理方法・食べさせ方などをサポートする専門家として活動している。
また介護食の調理法「パッククッキング」講座は、早くて簡単で美味しいと人気があり南あわじ市を中心に講座依頼が相次いでいる。

◆プロフィール◆
平成29年6月特別養護唐人ホーム勤務(23年間)を最後に独立。

37才の時、父が急逝。実家には92歳の祖母がひとり残されました。
ちょうど定年を迎えた叔父が祖母の面倒をみてくれることになり、帰郷し同居することになりました。そのうち、祖母の病気のために食事療法が必要になりました。叔父にはその食事準備がとても難しく施設への入所を希望しました。その後祖母は施設で最後を迎えました。

その時、栄養士の私が何とかしていたら祖母は最後まで自宅にいることができたのに。今も多い出すたびにすごく悔しく悲しく情けなくなります。

それから私は、介護施設に勤務しながら、家庭で介護食が作れるようになるにはどうしたら良いか考え続けてきました。基本を覚えれば高齢のご家族は最後まで自宅で大好きな家族と過ごすことができるのです。そのためには介護食の基本と応用を知ること。
自宅で介護食が作れたら大変な介護施設を探すことも必要ありません。

『最後のワンスプーンまでご家族といっしょに自宅で暮らしたい!願いを叶えること』ができます。

今は南あわじ市を中心に介護食の普及に全力で活動しております。
これが私の使命であり願いです。

B_ameba
B_homepage
特定商取引法に基づく表記
Copyright (c) 2010-2019 Cloudlink, Inc. All Rights Reserved. 08
Powered by reservestock