Top_7
Top_5
Top_6
Logo_s
  Menu_1sesson Menu_2event Menu_3contents Menu_4shop_no Menu_4contact Menu_5voice
 
 

共感コミュニケーションを通して、子どもが自分を好きになり、豊かな人間関係を築ける子に育てる方法

(読者数 1356 名)

「目の前の子どもを大切にしたい」

 
「自分の想いを大切にしたい」


「家族みんなを大切にしたい」

 

 

「大切なものを、大切にする」

 

ただそれだけのことなのに、全然できない…

 

自分が思うような子育てができなくて自分を責めてしまう…

 

子どもに当たってしまう…

 

 

 

 

 

 

私たちは、コミュニケーションがうまくいかないと

 

自分の未熟さを責めてしまいがちだけど

 

だけど、それは、「感情」の役割を知らずに

 

無意識に感情に飲み込まれているから起きていること。

 

 

感情が知らせてくれている事に気づいていないだけ。

 

 

 

 

 

だから、今、自分の感情に気づいて

 

そこで何が起こっているのかを知るだけで

 

自分の望む関係性はいくらでも実現できるんだってことを伝えたい。
 

 

 

 

 

 

目の前の世界を創っているのは、自分自身。

 

可能性を狭くしているのも、自分自身。

 

 

 



だから、私たち大人の思考や意識が変われば、



目の前の子どもとの関係性も変わっていく。

 

 

 

 



「子どもに生きる力を身につけてほしい」



「自己肯定感を育んでほしい」



「人間関係のいい子に育ってほしい」




そう願うなら、まずは自分から!

 

 

 

 

 

これまで私たちが、学んでこなかった



「感情」の扱い方をヒントに



感情に無自覚に巻き込まれて自分や子どもを責め続けるのではなく



自分の内側の真実の願いから自分の望む世界を創り



大切な我が子と豊かなコミュニケーションを築く秘訣をお届けします!

 

 

 

 

 

 

【メールレターをお受け取りいただくために】

 


スマートフォン・携帯アドレス・フリーメール等で
「メールレターを受け取れない」 
というお声をいただくことがあります。 
(特にsoftbankやezweb)



携帯メールアドレスでの登録の場合、
パソコンからのメール受信を
拒否されている場合には、
メールが届きませんので、
必ず受信拒否設定を解除して
【受信設定】をご確認いただき
【aoimika@reservestock.jp 】を許可、
指定解除してから送信してください。

 

  • 久しぶりにマンツーマン継続講座を募集します
  • 悲しいときこそ、家族の絆が深まる
  • はじめて自分のことを、少しだけ、愛おしいと思えた感じがします。
  • 自分の感情と切り離された世界では、真の自己充足は感じられない
  • 発達障害は、その人の個性の一部であり、治療してなくなるものではない
  • 良かれと思って、息子に嫌がることをやらせてしまい、それが息子の将来のためになるんだと必死に自分に言い聞かせていました。
  • 子どものことが不安になってついつい余計な口を出してしまう・・・
  • 母の嘆きに飲み込まれそうになりました
  • ぐずる子、すぐ泣く子、不平不満を言ったり怒ってばっかりいる子は、実はものすごい祝福
  • 今まで担任したクラスの子にも繊細なHSCの子がいました
Facebookにログインすると名前とメールアドレスが自動入力されます
お名前
姓) Must
名) Must
メールアドレス Must
ご紹介者
解除停止はメールのリンクをクリックするだけでいつでも可能です。
感想、応援メッセージでシェアにご協力ください
投稿にはfacebookにログインしている必要があります。
このメルマガはリザーブストック 有償版 を使っています。
リザーブストックは蒼井美香様よりご招待いただくことで無料でご利用いただけます。(有料版有り) ご利用希望の方はaoimika@reservestock.jp宛てに利用希望の旨ご連絡ください。
 
 
 
 
Profile
Professional

蒼井美香

Mission
自分の内側の真実とつながって 愛と思いやりの共感コミュニケーションでつながれる親子を増やす
Senmon
心理学 NVC 共感的コミュニケーション 人一倍敏感な子(HSC) インナーチャイルド

大学卒業後、公立小学校教員として働くも、外側の世界に適合して、自分の本当の気持ちや心の声を無視して周りに合わせる生き方に、ずっと息苦しさや違和感、虚しさを感じていた。

自分の内側の真実から、自分の望む人生を自分で切り開いて創造していく生き方をしたいという願いのもと、心理学、 人間関係の力学、感情、コーチング、ファシリテーション、ダイアログ、NVC(共感的コミュニケーション)などの学びを経て、心理カウンセラーとして起業独立する。

NVCの共感的コーチングのスキルを組み合わせ、個人カウンセリングやオンライン・オフラインにてワークショップ・各種講座を提供中。

これからの予測できない未来を生きていく子どもたちの生きる力の根源は、外側から求められることに従順に応えていく力ではなく、どんな場所でも自分で在れる力。

そんな力を持った子どもを育てるためには、大人が子どもを一方的に導いて正解を与えるのではなく、人として子どもと対等に共に在ること・それぞれの真実の願いから人生を選択して生きていく姿を一番近くで体現して見せることが、大人の最大の役割だと感じている。

クライアントは北海道から沖縄までの日本全国、そしてアメリカ・ドイツなど海外からも多数。
自分らしく生きる指針を育むためのカウンセリング・講座は、自分らしさを大切にして親子で幸せにつながりたいと願う母親から厚く支持されている。



B_facebook
B_ameba
特定商取引法に基づく表記
Copyright (c) 2010-2019 Mika Aoi. All Rights Reserved.
Powered by reservestock