Top_7
Top_5
Top_6
Logo_s
  Menu_1sesson Menu_2event Menu_3contents Menu_4shop_no Menu_4contact Menu_5voice
 
 

共感コミュニケーションを通して、子どもが自分を好きになり、豊かな人間関係を築ける子に育てる方法

(読者数 1364 名)

「目の前の子どもを大切にしたい」

 
「自分の想いを大切にしたい」


「家族みんなを大切にしたい」

 

 

「大切なものを、大切にする」

 

ただそれだけのことなのに、全然できない…

 

自分が思うような子育てができなくて自分を責めてしまう…

 

子どもに当たってしまう…

 

 

 

 

 

 

私たちは、コミュニケーションがうまくいかないと

 

自分の未熟さを責めてしまいがちだけど

 

だけど、それは、「感情」の役割を知らずに

 

無意識に感情に飲み込まれているから起きていること。

 

 

感情が知らせてくれている事に気づいていないだけ。

 

 

 

 

 

だから、今、自分の感情に気づいて

 

そこで何が起こっているのかを知るだけで

 

自分の望む関係性はいくらでも実現できるんだってことを伝えたい。
 

 

 

 

 

 

目の前の世界を創っているのは、自分自身。

 

可能性を狭くしているのも、自分自身。

 

 

 



だから、私たち大人の思考や意識が変われば、



目の前の子どもとの関係性も変わっていく。

 

 

 

 



「子どもに生きる力を身につけてほしい」



「自己肯定感を育んでほしい」



「人間関係のいい子に育ってほしい」




そう願うなら、まずは自分から!

 

 

 

 

 

これまで私たちが、学んでこなかった



「感情」の扱い方をヒントに



感情に無自覚に巻き込まれて自分や子どもを責め続けるのではなく



自分の内側の真実の願いから自分の望む世界を創り



大切な我が子と豊かなコミュニケーションを築く秘訣をお届けします!

 

 

 

  • 私の中の「傷つきからくる恐れ」が、「貴重な体験」に変化しました
  • この夏、お勧めの本をご紹介します!
  • 目に涙をにじませて顔を震わせ、全身が赤くなり、絞り出すように、魂の声を伝えてくださった教務主任の先生
  • 【自分を大切にするランチ会】のお知らせ
  • 自分の中にある痛みを 抱きしめてあげられるのは 自分しかいない
  • 繊細なHSCの娘の態度、仕草、言動全てにどう接したらいいのか悩んでいました
  • HSCの子どもは、苦手な所を努力して治そうとすればするほど、さらに苦しくなっていく
  • これからの教育のカタチを考える【Most Likely to Succeed】
  • 目の前のイヤな人、イヤな出来事をなんとかしたい!
  • 変化を起こす最初の一人にみんながなっていく
Facebookにログインすると名前とメールアドレスが自動入力されます
お名前
姓) Must
名) Must
メールアドレス Must
ご紹介者
解除停止はメールのリンクをクリックするだけでいつでも可能です。
感想、応援メッセージでシェアにご協力ください
投稿にはfacebookにログインしている必要があります。
このメルマガはリザーブストック 有償版 を使っています。
リザーブストックは蒼井美香様よりご招待いただくことで無料でご利用いただけます。(有料版有り) ご利用希望の方はaoimika@reservestock.jp宛てに利用希望の旨ご連絡ください。
 
 
 
 
Profile
Professional

蒼井美香

Mission
自分の内側の真実とつながって 愛と思いやりの共感コミュニケーションでつながれる親子を増やす
Senmon

心理学 NVC 共感的コミュニケーション 人一倍敏感な子(HSC) インナーチャイルド

大学卒業後、公立小学校教員として働くも、外側の世界に適合して、自分の本当の気持ちや心の声を無視して周りに合わせる生き方に、ずっと息苦しさや違和感、虚しさを感じていた。

自分の内側の真実から、自分の望む人生を自分で切り開いて創造していく生き方をしたいという願いのもと、心理学、 人間関係の力学、感情、コーチング、ファシリテーション、ダイアログ、NVC(共感的コミュニケーション)などの学びを経て、心理カウンセラーとして起業独立する。

NVCの共感的コーチングのスキルを組み合わせ、個人カウンセリングやオンライン・オフラインにてワークショップ・各種講座を提供中。

これからの予測できない未来を生きていく子どもたちの生きる力の根源は、外側から求められることに従順に応えていく力ではなく、どんな場所でも自分で在れる力。

そんな力を持った子どもを育てるためには、大人が子どもを一方的に導いて正解を与えるのではなく、人として子どもと対等に共に在ること・それぞれの真実の願いから人生を選択して生きていく姿を一番近くで体現して見せることが、大人の最大の役割だと感じている。

クライアントは北海道から沖縄までの日本全国、そしてアメリカ・ドイツなど海外からも多数。
自分らしく生きる指針を育むためのカウンセリング・講座は、自分らしさを大切にして親子で幸せにつながりたいと願う母親から厚く支持されている。



B_facebook
B_ameba
Copyright (c) 2010-2019 Mika Aoi. All Rights Reserved.
Powered by reservestock