Top_7
Top_5
Top_6
Logo_s
  Menu_1sesson Menu_2event Menu_3contents Menu_4shop_no Menu_4contact Menu_5voice
 
 

Sachiko's Style Mail Magazine

(読者数 509 名)

 
 
Facebookにログインすると名前とメールアドレスが自動入力されます
お名前
姓) Must
名) Must
メールアドレス Must
ご紹介者
解除停止はメールのリンクをクリックするだけでいつでも可能です。
感想、応援メッセージでシェアにご協力ください
投稿にはfacebookにログインしている必要があります。
このメルマガはリザーブストック 有償版 を使っています。
リザーブストックは舩橋幸子様よりご招待いただくことで無料でご利用いただけます。(有料版有り) ご利用希望の方はhair.sachiko@gmail.com宛てに利用希望の旨ご連絡ください。
 
 
 
 
Profile
Professional_s

舩橋幸子

Mission
愛を放って宇宙にアファメーションする女性のためのメイクレッスン

【舩橋幸子プロフィール】
美容師歴16年。

2006年埼玉県川越市で美容室を開業し、
以来延べ50000人以上の
お客様のお髪を担当させていただき、
2016年からは個人活動として
メイクやヘアの技術と女性の心をサポートする活動として
レッスンや講座を開講させていただいております。


これまでにRADIANT make講座
愛され妻育成講座
心理掌握術ベーシック講座・アドバンス講座
エニアグラム講座
と、開講させていただいてまいりました。



現在はこれまで培ってきた内容を
全て網羅した
「本当の自分に向き合う為の6か月間。
宇宙にアファメーションする女性の幸せ顔メイクレッスン」

「潜在意識と顕在意識を繋ぐ、
分析屋にならないエニアグラム講座」
を主催しております。




その他ご縁を絆を繋ぐ、
「学びの宝庫、人生をクリエイトする人のルリアン会」
の主催等、楽しいことにチャレンジして日々過ごしています^^



プライベートでは、
男の子3人のママです^^
ジャズピアノや海外旅や
アウトドアが大好きです!






そんな私の自己紹介・・
ちょっと長くなってしまいますが
今の活動を始めたきっかけを書いてみましたので
ぜひ最後までお読みいただけたら嬉しいです。



これまでにいろいろな内容の講座を
ご提供させていただいて来ましたが、
あれはメイクレッスンを
たくさんしていた頃でした。。



私のメイクレッスンは
「クライント様のレッスン前とレッスン後」
のお写真を掲載させていただく
ビフォーアフターがとてもご好評でした。



SNSにアップすればそれを見ていただいた方から
即座にお申し込みが入る、
またアップすればお申し込みをいただき・・
といった感じで
有難いことに常に
3か月先までレッスンは満席状態でした。


なぜそんなにクライアント様が増えたかというと、
「他のクライアントさんのビフォーアフターが
他のメイクさんより際立って変化があるし
どの人を見ても素敵に似合っている」
と言っていただくことが多かったからです。


それは私にとってとてもうれしいことでした。




これまで美容師として技術の研磨に余念がない
10数年間を送ってきましたから、
努力が報われた気がしたし、
それは技術的に優れていると
証明されたようで、職人としても
とても誇りでした。



でも、なぜ私は似合わせが得意なのだろう・・?
と考えたんです。
普通にやってるつもりなのに
そんなに特別にお褒めいただくような
すごいカリスマ性もあるわけでもないし・・


自分は何を考えて
似合わせをご提案しているのかなって。
あまり考えたことが無かったんですね。




そこで、自分でこれまでのレッスンを振りかえった結果。。



私が何でその人のエネルギーやモチベーションを上げる
似合わせができているのかっていうと、

「初めてお会いした人でも、
会った瞬間にその人に似合うインスピレーションが
びびびっと湧いてきてしまう、
どこをどう直せば本来のこの人らしさが素敵に表現できるのか、
わかってしまう」

ってことなのだと理解したのです。




そう、インスピレーション的なものを感じて
それにしたがってご提案していたものだから、
はじめはなぜ私のメイクレッスンが
ご好評頂けるのか、
わからなかったんですね。



技術を頑張ってきたから、
技術的に凄まじく優れているのか?
と自分で自分を疑ったりもしてみましたけど、(笑)
たぶんそうじゃなくて
すごく感覚的なものでその人に似合うものが
浮かんでくる、みたいな感じです。


どこをどうしたら良い!

ってわかっちゃう。





だからしばらくはそれですごく
上手く行っていたし、
自分自身も不確かなものではあるが
その湧いてくる直感的なものを
技術に変えてお伝えするというこの仕事が
とても好きだったのです。





でもしばらくして、
今度は
「あら・・?
そもそもなんでそのインスピレーションが
湧いてくるんだろ?
何を根拠に私は感じている?」


「それが言語化出来なきゃ
結局クライアント様にきちんと伝授することなんて
できないんじゃない?」



って思うようになったのです。




感覚的なものでうまくいくのはいいとして、
結局それでつくった似合わせって、
私の感性だし、
しかも私がいなくなったら
クライアントさんたち自分でできないんじゃないかな?


そもそもメイクって誰かの感性でつくったものを
自分に似合うと信じて
毎日するものなのか・・・?



もっと自由で、
自分自身の内側を表現するためにあるものなのでは
ないのだろうか・・・





私の感性をクライアントさんのお顔と髪に
デザインするのは良いが、
これが本来の女性の美しさなのだろうかって、
またしても迷いが生じてきたのです。




いつも迷ってますね私。笑





それからもう一つ理解した事があります。


..

B_facebook
B_ameba
特定商取引法に基づく表記
Copyright (c) 2010-2020 Cloudlink, Inc. All Rights Reserved. 08
Powered by reservestock