Top_7
Top_5
Top_6
Logo_s
  Menu_1sesson Menu_2event Menu_3contents Menu_4shop_no Menu_4contact Menu_5voice
 
 

「ポイント3つでお子さんが正しい鉛筆・お箸の持ち方を習得できます!」キッズマナーインストラクター 彈正原 由紀 公式メルマガ

 

 

「忙しいから読んでるヒマないよ!!」 
そんなお母さんだからこそ読んで欲しい

 

今なら読者登録プレゼント!!!

マナーが身に付く「10の項目」やすい

食事中は、マナーを身に付ける上で大切な基礎がたくさんあります。

今回、読者登録プレゼントと致しまして「10の項目」の詳細を3日間お送りさせて頂きます。

たくさんの気付きがあり、今後の育児にも活かせる土台がてんこ盛りです!

 

この食事の時間を「楽しい時間」にすることにより

楽しい子育て=お子さんの自立=人の気持ちを考えて行動できる=マナーが身に付く

事をお約束致します。

是非1度ご購読頂き、そして実践 少しずつ結果が出てお役に立てるかと思います。

子育ての悩みや他のマナーにも活かされます。

 

もしかしたら、毎日イライラがなくなり

「毎日ユーチューブばっかりみてるねん!」がなくなるかもわかりませんよ!

 

 

こんなことで悩んでいませんか?

 お箸が上手に持てない
 既に癖がついて間違った持ち方を習得している              

 ウロウロはしゃいで、その上行儀も悪く外食がおっくう
 自分から挨拶が出来ない
 自分自身、家での教え方がわからない
 そんな子どもにいつもイライラガミガミママ

 

そんなお母さん!!

このメルマガを読んでいただくと

 いつも楽しく笑って食事の時間が楽しみになる
 お箸の持ち方が上手になる 残さずたくさん食べてくれる
 家族揃っての外食が楽しみになる
 「できる!」と自身がつきお子さんが自立する
 基本のマナーを身に付けると、感謝の気持ちが芽生え毎日の生活が楽しくなる

 

お子様の日々の変化を実感できます。

「マナーはお子さんの財産になります」キッズマナー講師 彈正原 由紀です。

 

「マナー」「礼儀作法」について、どんなイメージをお持ちですか?

きっと、堅苦しいイメージを持つ方が多いと思います。

小さい頃からマナーとか、子どもだから行儀悪くてもいいと思います。
でも感謝の気持ちを持って欲しいのです。

なぜ?あいさするのか?
なぜ?当たり前の様に食事ができるのか?

マナーは相手に不快な思いをさせないためのものです。
日本の素晴らしい伝統的「マナー」。  ここから「思いやり」が生まれます。
子どもでもしっかりマナーが身付けば「感謝の気持ち」が生まれます。

「マナー」を伝えながら、「聴く」「質問する」「承認する」などのコーチングを取り入れ、
子どもの未知なる可能性を引き出し、楽しく学ぶことができます。

 

お子様にはスキルや「なぜ?」を追求し プラスの声をかけ
お母さんには「日常化する できる!! 声のかけ方」「イライラしない子育て法」などお伝えします。

必ず「マナーが身に付きます」

 

  

 

私自身 現在、5歳の娘と4歳の息子がいます。

正直、息子には参っていました・・・

朝はなかなか起きない。
思い通りにならないと豹変する。
すぐに手を出して噛んだり引っ掻いたりする。
全然言うことを聞かず、イライラさせられる。

そして平日はフルタイム勤務。

家事に育児に・・・。

分刻みで動いています。

 

そりゃ~ お母さんイライラしますよ。

だって時間に余裕がないですから。

「時間に余裕がない」「忙しい」

それでいいですか??

        


ですが。。

「声のかけ方」で変化があります。

今は、誰よりも早く起き
相手の気持ちを考え「ありがとう!」や自分でルールをつくり実践し、自立しだしました。


「マナー」は感謝の気持ちが身に付き一生の財産になります。


毎日笑ってみんな幸せになりますよ!!

実体験からの変化、そしてアドバイスをお届けします。

 

 

 

【ご注意】

「登録する」ボタンだけでは完了しません!

必ず自動返信メールを開封して、リンクをクリックしてください。

迷惑メールフォルダに入りやすいので、届かないなぁ?と思ったらご確認ください。

※hotmail、YAHOOメールなどのフリーメールのアドレス、ソフトバンク携帯のメールアドレスには届きにくいという報告をいただいています。

できるだけそれ以外のアドレスをご登録くださいませ。


※ご本名で登録をお願いいたします。

 イニシャルやなどの場合、ご登録を解除させていただくことがあります。

 ご了承くださいませ。

  • 食事中、肘をつかない方法はこれ!
  • 日本人の人生は、お箸で始まり お箸で終わります
  • 「実はクロス箸は、あっという間に直ちゃいます」
  • エジソン箸って画期的ですよね!!! でもスムーズにお箸を持てますか?
  • なぜ 子どもとの食事にイライラするのか
  • 食事中のお行儀がよく見える お箸が正しく持てるポイントはこれ!
  • 高額!!子どもの歯科矯正は、食事の仕方が影響しています!
  • 子どものペースだから習得できた!追手門学院小学校合格!!
  • ドキッ!!お箸の持ち方からみえてくる真実
  • 今からでも十分お箸が正しく持てます
Facebookアカウントをお持ちの方
お名前
姓)
名)
メールアドレス
電話番号
- -
LINE
facebook
http://www.facebook.com/
アメブロURL
http://ameblo.jp/
メッセージをお願い致します
宜しければマナーや子育てにおいて「お困りごと」があれば記載をお願い致します。
イニシャルでブログやSNSにご紹介させていただく場合があります
ご紹介者
解除停止はメールのリンクをクリックするだけでいつでも可能です。
 
 
 
 
Profile
Professional_s
キッズマナー講師

彈正原 由紀

Mission
ポイント3つでお子さんが正しい鉛筆・お箸の持ち方を習得できます!
Senmon
小学校受験 食事のマナー お箸の持ち方 子育て 子ども習い事

・日本能力開発推進協会 チャイルドコーチングアドバイザー 取得
・一般社団法人 日本マナーOJTインストラクター協会〔JAMOI〕認定の
キッズマナーインストラクター 資格取得

・ビジネス電話実務検定 取得
・秘書技能検定 取得
・ビジネス実務マナー技能検定 取得
・サービス接遇検定 取得
今、小学校3年生の娘と
小学校2年生の息子がいます。
私自身、平日はフルタイム勤務 

昨年まで4年間、主人は単身赴任で
元気盛りのこどもをワンオペ育児していました。

1番大変な時期
朝7:00過ぎには子ども達を保育園・小学校に連れていきます。
お迎えは18:30 そして、家事・育児が始まります。

毎日分刻みで動き、とにかく時間が足りず右往左往。

誰も頼る人もいません…
子ども達との時間は、お風呂・食事の時間のみ。
ゆっくり本を読んであげる余裕もありません

「早くしなさい!」「静かにしなさい!」が口癖でした。

かける言葉が「マイナス」で、下の息子は問題児。
3歳の時にはすでに
「自分は悪い子・いう事聞かない子」が定着していました。
数々問題を起こし、コミュニケーション不足だと感じ
少しでもいいところを伸ばしたり
目標をもったり、お手伝いをお願いしたり

楽しい時間!
何よりも食事の時間を大切にしてきました。

ガミガミ怒られる時間ではなく、一緒に過ごす楽しい時間。
「食事中は絶対に怒らない!」と掲げ
とにかくこの食事の時間にパワーを注ぎました。

食事の時間が楽しいと、かける言葉もプラスになります。
その楽しい時間だからこそ、きちんと「お箸を持ちたい」
自然とお行儀もよくなりました。

正しいお箸の持ち方を習得しませんか? お子さんの一生の財産になります

♪ 親が注意すれば怒ってしまう
♪ どうやって教えていいのか?わからない
♪ お箸が持てなくて焦っている
♪ お箸を持って食べてくれない・・・
♪ うちの子のお箸の持ち方 どこをどう直せばいいのかわからない
♪ すでにクセのある持ち方をしている

私の娘もクロス箸でした。
食事中、悪い所をあら捜しし 注意するのは「この指はここ!」指の位置ばかり
シュンとして 全然直りませんでした。
目線を変え いいところを見つけて 
かける言葉を「プラス」に変えました。
怒られない時間にならないために食事中、
お箸のことは何も注意しませんでした。 
とにかく楽しい時間にすること!

練習は、掴めるものを掴む練習
掴めると、嬉しくて!楽しくて! 
達成感があり自信がつきます。

お箸の持ち方は、親子のコミュニケーションの表れだと思います。

本当はお子さんの方が
「正しく持ちたい」意識は強いのです。

正しく持つには、ポイントが3つあります。
土台を習得できれば、必ず持てるようになります。

プラスの声掛けで、自分の癖を見つけるリセット時間をつくり
達成感を感じて、維持できます!

鉛筆やお箸は「一生持つもの」=「一生の財産」です。

今から親子で楽しい時間を過ごしていきましょう!

  kids-manner
B_facebook
B_ameba
B_twitter
B_homepage
特定商取引法に基づく表記
イベントカレンダー
Copyright (c) 2018 Yuki Danjyobara. All Rights Reserved.
Powered by reservestock