Top_1
Top_7
Top_5
Top_6
Logo_s
  Menu_1sesson_no Menu_2event Menu_3contents Menu_4shop Menu_4contact Menu_5voice
 
 

はじめてのオンラインスクールできるかな?ドキドキわくわく冒険ストーリー

わっしょーい!

ずぼら起業ママのわっしょい横山です。

 

 

いま、オンラインスクールをつくっています。

 

オンラインスクールとは、

動画やテキストで、

全国・全世界から、いつでもどこでも、

ご受講いただけるスクールです。

 

私は、昨年10月から、

魔法の質問のマツダミヒロさんの

オンラインスクールをつくるオンラインスクールを

受講しています。

 

きっかけは、昨年の夏休み。

 

 

小学生の子どもたちがいるので、

 

「仕事はセーブしつつ、

少しは続けながら、

かつ子どもたちも

遊びに連れて行ってあげたい」

 

そう思っていました。

 

私は、

オンライン会議室「ZOOM」を使って、

遠方の方と仕事をしているので、

 

夏休み中は、

1回あたりのセッション時間が

短いメニューをつくったり、

 

お客様にお願いをして、

朝や夜の時間帯にしていただいたり・・・。

 

結果的には、

子どもといるときには、

仕事が気になり、

 

仕事のときは、

子どもが気になり。

 

結局、ない時間の中に、

いろんな用事を詰め込もうとするものだから、

どちらも中途半端感がありました。

 

そのほか、東京に帰省するときも、

 

「友人に会いたい」

「子どもと遊びたい」

「仕事もしたい」

 

と、これもまたぎゅうぎゅうなわけです涙

 

そんなとき、マツダミヒロさんの

オンラインスクールのご案内を目にして、

 

「これだ!」

 

って思ったんです。

 

mahoq.jp/

 

オンラインで

仕事をすることはできていて、

 

「場所」からは自由になっているけれど、

お客様と「時間」を合わせて

仕事をしている事実には変わりない。

 

もし、動画配信とテキストで、

(フォローの勉強会などはおつけするとしても)

時間からも自由になれたら・・・。

 

夏休みは、

オンラインスクールを販売することで、

子どもたちとの時間を大切にしつつ、

 

休みだからと言って

仕事を中断しなくても、

よくなったら…。

 

 

最高じゃないですか!!!

 

 

そんな想いで、

オンラインスクールをつくることに決めました。

 

とはいえ、

まだ完成してはいません。

(いま、おしりにめっちゃ火がついています!!!)

 

20183月末ごろを目指して、

ちょこちょこ歩んでいます。

 

つくりながら、

制作の裏舞台がなかなか面白いので、

お伝えしたいなと思い

このステップメールをお届けすることにしました。

 

こんな内容をお伝え予定です。

 

・オンラインスクールづくり、はじめの壁は?

・ぐっと前進させてくれたのは、やっぱり・・・

・どうやって、お客様の意見を集めたの?

 

など、あくまで仮ですが・・・。

 

明日から、オンラインスクール沖縄合宿です。

 

注文した衣装、今日中に届くかな・・・。

(あ、届いた!)

 

このステップメールにご登録いただいたからといって、

これからリリースするオンラインスクールに

必ずお申込みいただく必要はございませんので、

ぜひ、私の慌てふためきっぷりをお楽しみくださいませ。

さあ、一緒にドキドキわくわくしませんか?

お名前
姓) Must
名) Must
メールアドレス Must
ご紹介者
解除停止はメールのリンクをクリックするだけでいつでも可能です。
感想、応援メッセージでシェアにご協力ください
投稿にはfacebookにログインしている必要があります。
このメルマガはリザーブストック 有償版 を使っています。
リザーブストックは横山麻衣子様よりご招待いただくことで無料でご利用いただけます。(有料版有り) ご利用希望の方はkokodemaimai@gmail.com宛てに利用希望の旨ご連絡ください。
 
 
 
 
Profile_flower
Professional_s
変な人プロデューサー

横山麻衣子

Mission
「フツウ」が合わない方へ♪その個性にとことん寄り添い、言葉とITのチカラで、才能をカタチに。
Senmon

オンラインサロン 企画 倉敷 岡山

倉敷在住・小学生2人のフリーランスママ。変な人オンラインサロン運営。

変な人は、そのポテンシャルの高さを、なぜ活かしずらいか考察してみました。

その1 本人的フツーだけど!スキルが斜めうえで、理解されない。ゆえに、説明に疲れ、内に秘める。忍法とか、秘技とか、なんだか知らぬ間にスゴイ技になる。ゆえに、自身の突き抜けスキル説明不慣れで、伝わらない。

その2 突き抜け分野以外は、あまり興味もてず、お留守中のお留守になることも。

ゆえに、自己肯定感が下がり、自分ダメ出しへ。

変な人のフツーレベルが尋常じゃないことを、他の人から言語化して教えてもらうこと。

絶望的にできないことは、認め、助けを求めること。

この2つで、変な人は、世の中で実力を存分に発揮できると思います。

変な人プロデュースでは、天才性を自覚し、要サポートジャンルを自覚し、ヘルプを要請する!その2点フォーカスします。

天才の活かし方、本腰入れます!

B_facebook
B_ameba
Copyright (c) 2010-2018 Cloudlink, Inc. All Rights Reserved.
Powered by reservestock