Top_7
Top_5
Top_6
Logo_s
  Menu_1sesson Menu_2event Menu_3contents Menu_4shop Menu_4contact Menu_5voice
 
 
17253_zdm4ngm2oti2mji4y

(読者数 89 名)

 
突然ですが、
情報がシンクロすることって、ありませんか?
 
 
本で読んだことが、
友達と話している時に話題になったり、
 
1日になんども、
同じテーマの情報に出会うこと、
わたしは時々あるんです。
 
 
そういう時、
 
今の自分が向き合うべきテーマはこれだよって、
神様が教えてくれているのかな
って思います。
 
 
今日も実は、
そんな感じのことがありました。
 
 
どんなシンクロだったかというと、
一言でいうなら
 
 
死生観。
 
 
 
たまたま手に取って読んだ本、
(というかマンガ。。。)
 
「鬼滅の刃 第8巻」
 
 
映画にもなり、400億の興行収入をあげた、
伝説の映画「鬼滅の刃 無限列車編」の原作です。
 
 
煉獄さんとアカザが死闘を繰り広げる、
あの感動のシーンが、描かれています。
 
 
 
ここからはネタバレになっちゃいますが、
 
 
煉獄さんは、
アカザにやられてしまいましたよね。
 
炭治郎たちは号泣します。
(わたしも号泣・・!!)
 
 
でも
 
泣いてばかりじゃいられません。
 
 
 
自分の弱さ、不甲斐なさに
どんなに打ちのめされようとも、
 
時間は、悲しみに共に寄り添って、
待ってはくれないのです。
 
 
自ら心を奮い立たせ、
自らの足で立ち上がり、
 
昨日の自分を超えていけ。
 
 
そうすることで、人は、
 
与えられた責務を
全うすることができるのだ。
 
 
俺は信じる。
君たちを信じる。
 
 
 
煉獄さんから、
こんな「魂のバトン」を受け継いだ炭治郎、
 
 
俺は煉獄さんのような、
強い柱になる。
 
と、志を立てたのでした。
 
 
 
人の死は、確かに悲しいです。
 
 
でも、
 
人は死ぬことによってしか、
次に繋げないこともある
 
かもしれないと思いました。
 
 
 
今、わたしも含め、多くの人は、
 
「死」を、
とても遠い世界の、
特別なことのように考えているように思います。
 
 
でも、生きている限り、
常に死は、わたしたちと隣り合わせ。
 
 
生きている限り、人は、
必ず、例外なく、100%、
 
死を迎えます。
 
 
生と死は、いつだって表裏一体。
 
 
なのに、
死ぬのが怖い、死から逃げたい!
と強く強く願った時
 
目の前に、
鬼舞辻が現れるのかもしれません。
 
そうして、
血を分けてもらって誕生したのが
 
「鬼」です。
 
 
彼らは、永遠の命と
強さを手に入れました。
 
大いなるチカラを持ったわけです。
 
 
 
で、彼らは幸せになったのか?
 
 
 
残念ながら、そうではなかった。
 
 
鬼たちは、
鬼舞辻に魂を売り渡し、絶対服従。
 
鬼舞辻の機嫌を損ねないように
いつだってビクビクしながら、
縮こまって生きなければいけないのです。
 
 
どんなに強く、永遠の命を手に入れても、
自分の魂を売り渡してしまった鬼たちは、
心からの喜びも、感動も味わえず、
 
もはや生きてる意味はないのでは、とさえ思います。
 
 
 
 
・・って、マンガの話でしょ
 
 
と思われたかもしれません。
 
 
 
確かに、マンガの話です。
 
が、
 
今の時代、
鬼化してしまっている人は、
少なくないように思います。
 
 
 
鬼とは、何か?
 
 
痛み、苦しみ、辛い現実から逃げ、
楽な道に走ってしまうことです。
 
自ら考え、決断することを
放棄してしまうことです。
 
ここは絶対安心だ、と
「チカラ」の傘に入って安心し、
現状維持しようとすることです。
 
人生をかけて、これを絶対成し遂げる!
という、
自分の責務を放棄してしまっていることです。
 
 
そんな「鬼化」現象が、
今の時代、たくさん起こっているように思います。
 
 
確かに、
「鬼」になったほうが
ラクに生きられるでしょう。
 
 
でも、
ラクな毎日のなかで、
心が、魂が震えるような感動を
味わうことができるでしょうか?
 
「生きてる」って
感じることができるでしょうか?
 
 
 
わたしはそうは思いません。
 
 
ラクで無難な鬼の道より、
 
辛いこと、悲しいこと、苦しいことも
たくさん、たくさん、あるかもしれない、
 
でも、生きてるって感動を味わえる、
心から仲間と分かち合える、
 
「人間の道」を進みたいと願ってます。
 
 
 
 
なぜそう願うのか?
 
 
 
以前、わたし自身が、
鬼だったから。
 
 
 
 
安定、安心、現状維持。
ラクで無難な、毎日を
抜け殻のように生きていました。
 
 
でも、心の奥でずっと思ってた、
 
早く、人間の道を歩みたい・・と。
 
 
そして今、
ようやく、夢から覚めて、
現実と向かいあう勇気が湧いてきました。
 
何があっても逃げないように自分と向き合い、
奮闘する毎日です。
 
 
まだまだマッチのような小ささですが、
心にわずかな、火が灯りました。
 
 
これから大きな火柱をたて、
与えられた責務を全うできる自分になる!
 
そんな思いで、
学び続けているところです。
 
 
前置きが長くなりましたが・・
 
このメルマガは、
わたし自身の学びや気づきから、
 
毎日を熱く生きるためのエネルギーの源泉を
シェアさせていただく場です。
 
 
毎日を
もっと熱く、
もっと感動し、
もっと笑い、
喜び溢れるような、
 
「本当の幸せ」を感じられる日々を送りたい。
 
 
もしあなたが、こんなふうに感じていたら、
共に心に火を灯し、
熱いエネルギーを燃え上がらせ、
 
共に学び、成長していきませんか?
 
 
そして、
 
果たすべき責務を全うする生き方を、
目指しませんか?
 
 
 
メルマガで会えることを、心より楽しみにしています。
 

 

 

最後に・・

これから未来は、
いつ何が起こってもおかしくない時代、

 
大きな渦に飲み込まれそうになることも
あるでしょう。
 
 
そんな時代だからこそ
上っ面だけの浅い繋がりではなく、
 
もっともっと、
心の根っこでつながって、
 
鬼の誘惑に流されないように
しっかりと肩を組み、
 
一緒に、
この激動の時代、
生き抜いていきたい。
 
と願ってます。 

 

最後までお読みいただき、ありがとうございました。

 


【登録時の注意】

・本名(漢字姓名)フルネームで申し込みください。

・申し込後、確認のメールが自動で送られます。(メール内にあるURLを、クリックして、正式申込みとなります)

 

※注意

・携帯メールだと、受信できない場合があります。

 gmailなど、PCのメールで設定していただけると幸いです!

・メールが届かない場合

 →迷惑メールフォルダを確認してください。

 「umino.1.aoi@gmail.com」を受けとれるように、受信設定をしてください。

 

◇◆アプリでの購読が文字化けせず、おすすめです◇◆

-----------------------------------------
アプリのインストールはこちらから
https://smart.reservestock.jp/menu/application_install_page
------------------------------------------

 

 

Facebookアカウントをお持ちの方
お名前
姓)
名)
メールアドレス
ご紹介者
解除停止はメールのリンクをクリックするだけでいつでも可能です。
感想、応援メッセージでシェアにご協力ください
投稿にはfacebookにログインしている必要があります。
このメルマガはリザーブストック 無料利用版 を使っています。
リザーブストックはイルカ先生様よりご招待いただくことで無料でご利用いただけます。(有料版有り) ご利用希望の方はiruka.life@reservestock.jp宛てに利用希望の旨ご連絡ください。
 
 
 
 
Profile
人生のストーリーライター

イルカ先生

Mission
毎日が、感動の物語。
Senmon
六龍法 西洋占星術 タロット

・六龍法
・西洋占星術
・コーチング
・心理カウンセリング
・タロットカード
地球の霊体が傷ついている。このままでは、そう長くは持たない。地球の波動をあげるのだ!
シリウスBからの命を受け、地球、日本に降り立つ。
が、人間として生まれた瞬間、慣れない環境、違いすぎる価値観にとまどい、ミッション遂行に着手できないまま虚しさとともに幼少期を過ごす。
成長するにつれ、心にぽっかり穴が空き、いつしか、自分に与えらえた任務さえも忘れてしまう。生きる目的を見失い、人生は迷走。結果、明日の命さえ危ういような、どん底生活を味わう。
そんな時、シリウスBから救いのメッセンジャーが現れ、救いの手を差し伸べる。言われたとおり、日常生活を根本から変革していくことで、魂に刻まれたミッションを思い出した。そして再び「イルカ先生」として、人々の開運のために立ち上がる。志をともにする仲間ともご縁をいただき、今日も地球の波動をあげるべく、エネルギーフルマックスで活動している。

B_ameba
B_twitter
特定商取引法に基づく表記
イベントカレンダー
Copyright (c) 2010-2018 Cloudlink, Inc. All Rights Reserved.
Powered by reservestock