Top_7
Top_5
Top_6
Logo_s
  Menu_1sesson Menu_2event Menu_3contents Menu_4shop_no Menu_4contact Menu_5voice
 
 

愛に還るための
ライトワーカー通信

【愛の専門家】美喜子です。

 

ライトワーカー = 光の仕事をする人

と言うのが一般的だと思いますが・・・

ある時 思ったのです。

わたしたちの本質は 光であること を忘れず生きる人

ということのほうが しっくりくるな〜と。

 

光とか愛とか星とかエンジェルとか 笑

ふわふわ して嫌いなんじゃ〜!

だとしたら 笑

真の自己 とか 本当の自分とか 本質とかソース(源)でも

神でも宇宙でもetc. 同じこと。
(あと何がある?)

 

 

わたしたちは無限大の可能性があり

 

止めるものがなければ

光=愛は溢れ出します。

 

それが わたし達の本当の姿だから。

 

で・・・止めているのは

本当の意味では 自分しかいません。

 

 

100%自分に寄り添えるのも

自分だけ。

 

だからって 一人でなんでも超えていけ!

ではないです。

 

わたし達は 敢えて

全てがひとつ だったところから

個別の意識を持って 今ここに居るから。

 

 

人との正直で深い関わりの中から

自分を愛し 人を愛していけます。

 

無限大にその愛を深め 広めることができます。

宇宙は無限大です。

 

 


 

このメルマガは

 

わたしたちの本質は光=愛であると知り

それを生きようとする人

 

無条件の愛ってなんなのか知りたい人

 

もっと自分を愛したい

もっとパートーナーを愛したい

 

それを通して 本当の自分を生きたい

 

「いのち」について

「宇宙」について考えたい

 

怖れを超えて

本当の自分を生きたい

 

そういう人と

共に進んでいきたいと 書いています。

 

わたしの日々の取り組みで

あなたのお役に立ちそうなことを

分かち合っていきます。


佐渡島 素浜海岸にて  踊るのだいすき 笑

 

わたしたちの本質は大いなる源であると知り

自分の意識が自分の世界を創造していると納得し

全ての人との繋がりを感じながら

生きはじめられますように・・・

 

 


詳しい →美喜子プロフィール

わたし自身のことも

SNSやサイトではお伝えできないことも

伝えられる限り そのまま お話していきます♪

 

 

大いなる源を感じながら生きるとはどういうことかを

直接 お届けしている

美喜子のイベントや個人セッション

人間浄化装置みたいな

美しい佐渡島の自然についても お届けしたいな〜 と思っています。

 


佐渡島の森にて

 

わたしも日々 絶賛進化中。

 

喜びを選んで 共に進んでいきましょう。

 

 

愛と感謝をこめて

美喜子

 

 


 

〜 おねがい 〜

携帯のキャリアメール(docomo、au、Softbankなど)でご登録される場合は
必ずリザストアプリを入れてくださいませ。
→ http://reservestock.hatenablog.jp/entry/2017/12/20/144717

お手数おかけしますが よろしくお願いいたします。
(キャリアメールの迷惑メール対策などのため到達しないことが多いためです)

 

 

 

Facebookにログインすると名前とメールアドレスが自動入力されます
お名前
姓) Must
名) Must
メールアドレス Must
ご紹介者
解除停止はメールのリンクをクリックするだけでいつでも可能です。
感想、応援メッセージでシェアにご協力ください
投稿にはfacebookにログインしている必要があります。
 
 
 
 
Profile
Professional_s
【愛の専門家】

安西 美喜子

Mission
人生の真の目的に生きたい人と共に歩むこと・目覚めの光を届けること
Senmon
リーディングマスター養成講座 カウンセリング グリーフケア 催眠療法 カードリーディング マインドフルネス瞑想

【カウンセラー】
公益社団法人 日本アロマ環境協会(AEAJ)【認定アロマセラピスト】
【女神画アーティスト】
【ヒプノセラピスト】
【レイキティーチャー】
【リーディングマスター養成講座主催】    

●「愛に還る」が仕事&人生のテーマ。約2000人への個人セッション、今年で21年になる対人援助業務を元に、目の前の人に愛を注ぐ。
●過去の仕事 ペンション経営・中学校心の教室相談員・老人施設相談員・看取り士養成講座講師他
●私的には、思春期に母が精神科病棟で亡くなったことが、人の意識・心に触れる仕事へと導き、恋人の自死、人を愛することで宇宙観を深めてきた。

●「このことは初めて話すけれど」「なぜ、初対面のあなたにこんなこと話しているんだろう」と言って、大切な話を初めて会う美喜子に話す人は多い。20代〜70代のその方々に「魂のお母さん」「大地の母」と呼ばれる。

B_facebook
B_homepage
Copyright (c) 2010-2018 Cloudlink, Inc. All Rights Reserved.
Powered by reservestock