Top_1
Top_7
Top_5
Top_6
Logo_s
大仲千華さんは、リザーブストックを使っています。
リザーブストックは大仲千華様よりご招待いただくことで無料でご利用いただけます。(有料版有り) ご利用希望の方はinfo@peaceblossom.net宛てに利用希望の旨ご連絡ください。
  Menu_1sesson Menu_2event Menu_3contents Menu_4shop_no Menu_4contact Menu_5voice
 
 

元国連職員でカウンセラー大仲千華 だからこそあなたが輝くための55の質問

「レジリエンス」「逆境力」

 

人が困難な状況から

再び立ち上がっていく

プロセスに注目が

集まっています。


例えば、

レジリエンスや

逆境力という言葉が

注目されています。

 

 

レジリエンスは、


「精神的回復力」

「抵抗力」

「復元力」というように

訳されています。

 


Facebookの
最高執行責任者の
サンドバーグ氏が
前作「LEAN IN」発表後、

突然の事故で
最愛の夫を失い、


突然のことに動揺し、
泣き尽くし、
周りのサポートを得ながら、


いかに逆境に向き合い
それを乗り越えるか、
「レジリエンス」について
学ぶことになった、
と語っています。

 


その時の体験については
2017年5月に
カリフォルニア大学
バークレー校の
卒業式のスピーチで、


初めて公けに
彼女の体験や心境について語り、


「人はどんなことを
成し遂げたことだけでなく、
(悲劇的な状況を)
どう耐え抜いたかで
判断される」と
語りました。

 

 

レジリエンスという
概念が生まれたのは、
第二次世界大戦後でした。

 

 

ホロコーストで
孤児となった子どもの追跡調査で、
過去のトラウマから抜け出せずに
不幸な暮らしをしている元孤児がいる反面、

 

トラウマを克服して
仕事や家庭が充実している
元孤児もいることが
わかったからでした。

 


逆境を
乗り越えられた人たちは、
レジリエンス、
復活力を持っていると
されたのです。

 

 

日本で「レジリエンス」という
概念が言われ始めたのは、
東日本大震災からの復興や
人々の再起という文脈でした。

 

 

トラウマケアの分野には
「トラウマ後の成長」
(post-traumatic growth)
という概念があります。

 

 

人は単に「回復」するのではなく、
文字通り「成長する」
という概念です。


困難は時に人の内面を
根本から揺さぶるため、
それによって
人を生まれ変わらせる
作用があるため、
と説明されています。

 

 

そんなプロセスにも
なんらかの共通項が
あることが
わかりつつあるのです。

 


もちろん、
実際の体験は、
単に理論や概念だけで
語ることのできるものではなく、
時に感情的な混乱や
痛みなど様々な
チャレンジを伴います。

 

トラウマとまで言わなくても、
人生では自分の思うように
ならない時もあれば、
理不尽なことも起こります。

 

 

一人ではどうしたらいいのか
分からなくなることも
あるでしょう。

 

 

そんな波の中にいる時に
どうしたいいのか?

 


そんな時に少しでも
ヒントになるように、
トラウマケアや
PTSDからの回復理論や
レジリエンスに関する研究と


私自身の体験を基に
質問形式にして
まとめてみました。

 

 

なぜ質問形式なのかと言うと、
人それぞれ性格や状況や
要因も違うので、

「こうしましょう」という
一つの決まった方法を
示すことはできないからです。

 

 

ここで挙げている質問は、
リラックスして眺めてみて、
思い浮かぶことを
ありのままに
観察してみるという
アプローチをオススメします。

 

質問を読んでもすぐに
何も思いつかなくても、
ふとした瞬間に
何か思い浮かぶ事が
あるかも知れません。

 

 

自分が前に進んだからこそ、
意味を持ってくる質問もあるので、
ぜひ定期的に眺めて

いただきたいと思います。

 

 

目次

 

あ、今の自分の状態について把握する

い.自分の「ストレス反応」を知る

う.ストレス体験について観察する

え.喪失(後悔、自責、サバイバーズギルト)に気づく

お.自己像、自己肯定感、自己受容度に気づく

か.自分の中の「不安」を意識化・言語化する

き.自分を落ち込ませるパターンと
コーピングスタイルを知る

く.自分と相手との優先順位(境界線)と当事者レベルを知る

け.自分のストーリー(解釈・認知)に気づく

こ.回復のストーリーをみつける

さ.試練の中の「意味」について知る

し.再結合・新しい自己の創造

す.回復・再生のためのステップ 

せ.トラウマからの回復・再生のプロセスで体験しうること

そ.トラウマからの回復の三段階

 

 

お名前
姓) Must
名) Must
メールアドレス Must
ご紹介者
メールの受信方法
 パソコン、スマートフォン
 docomo,ezweb,ガラケーの方はこちら(テキスト形式)を選択してください。
解除停止はメールのリンクをクリックするだけでいつでも可能です。
感想、応援メッセージでシェアにご協力ください
投稿にはfacebookにログインしている必要があります。
このメルマガはリザーブストック 無料利用版 を使っています。
リザーブストックは大仲千華様よりご招待いただくことで無料でご利用いただけます。(有料版有り) ご利用希望の方はinfo@peaceblossom.net宛てに利用希望の旨ご連絡ください。
 
 
 
 
Profile
元国連職員でコーチ・カウンセラー

大仲千華

Mission
感受性こそ武器になる!
Senmon

スターチルドレンの「理解されない痛み」、トラウマケア、PTSD回復、スターチルドレンとキャリア

国連本部仲裁トレーニング (mediation training) 修了
サンドラ・スウィートマン「ハートメタ」認定プラクティショナー
サンドラ・スウィートマン「エネルギーマネージメント」修了
在米(ニューヨーク)SQ WorldWide プレマ・バーシング認定プラクティショナー
The Center for Justice and Peace-buildng, STAR・トラウマケアトレーニング修了
ビジョン心理学100日修了 南スーダンやニューヨーク国連本部などにおいて、元兵士の社会復帰支援や現地国政府の人材育成など国連の平和支援に約10年従事。

2011年からは、米軍の専門家として、国連の平和支援に参加するアジアの軍隊に派遣され、講師を務める。

帰国後、燃え尽き、PTSDとうつになり、何もやる気がしない・朝起きれない・働けなくなる。

心理学やスピリチュアリティーを学び始め、自分の中のシャドーを統合していくことを学ぶ。トラウマ解放トレーニングを受け、直感能力とヒーリング能力が飛躍的に開花。

スターチルドレン(ピープル)や人の役に立ちたいと願う人たちのお手伝いをしたいと思い、コーチング・カウンセリングとヒーリングセッションを開始。

課題の「根っこ」の部分を見据えた的確なアドバイスと、キャリアと対人関係との相関関係に対する洞察力は評判が高い。



マヤのマスターヒーラーに25代にわたって伝授される叡智を授かる。

個人セッションはこちら⇨https://chikaonaka.com/セラピー/

クーリエ・ジャポンで「答えを求めない勇気」連載中。http://courrier.jp/columns/53294/

B_facebook
B_twitter
B_homepage
Copyright (c) 2010-2017 Cloudlink, Inc. All Rights Reserved.
Powered by リザーブストック
運営会社概要