Top_7
Top_5
Top_6
Logo_s
  Menu_1sesson Menu_2event Menu_3contents Menu_4shop_no Menu_4contact Menu_5voice
 
 

感性キッズ
プロジェクトメールマガジン(無料) 繊細・敏感・HSC(通称、感性キッズ)「や」不登校のお子様が、社会のなかで輝くことができるようになるための、情報発信&共有の場所

こんにちは。

感性キッズ主宰、皆川公美子です。

 

 

感性キッズは、

繊細・敏感な我が子(HSC=highly sensitive child

学校ギライ、不登校の子の才能を

お母さんが発掘し、伸ばすための

サポートコミュニティです。

 

*感性キッズとは、ひといちばい繊細・敏感(HSC)な子どもたちの資質を、”素晴らしきギフト”と捉えて名付けました。

 

 

このメルマガでは、そのための日々の情報をお届けします。

・HSCの子どもたち、学校ギライの子どもたちの育て方

・HSCの子どもたち、学校ギライの子どもたちの才能を発掘する視点と方法

・日々のなかでそれが行える場所

・才能と個性で生きる素敵な大人たち

 


配信の購読(無料)、解除は自由です。

 

 

わたしもHSPであり

レコード会社の仕事では、アーティストの才能の向きを観察し、

それを社会において最大化する方法を考え続けてきました。

またHSCのふたりの20年間の子育てにおいては

その子らしく社会にでていくための試行錯誤をし続けてきました。

 

才能は有名な人だけが持っているものではありません。

だれもが100個は持っていて、

それを発掘できたかどうか、伸ばせたかどうかで

社会での生き方が決まります。

 

現在の困りごとを大転換し、

笑顔とやりがいあふれる日々にチェンジするためにこのメルマガをお役立ていただけたら、

これ以上うれしいことはありません。

  • 小学生・不登校HSCちゃんの親が1番苦しいかも。応援の旗を振り続けます【感性キッズプロジェクトメールマガジン】
  • 公立校にもこんな取り組みが!〜校則なき区立・桜丘中@東京都世田谷区【感性キッズプロジェクトメールマガジン】
  • 精神科のお医者さんとカウンセラーやセラピストって、どう利用したらいいの?【感性キッズプロジェクトメールマガジン】
  • お知らせ。6/13(木)日本時間18時〜デンマークのフォルケより長女がFBライブ【感性キッズプロジェクトメールマガジン】
  • セッションを検討されている方に、セッションの皆川のスタンスを書きます。【感性キッズプロジェクトメールマガジン】
  • ソウルに来ています。【感性キッズプロジェクトメールマガジン】
  • 洞察系HSC次女が韓国に向けて飛び立ちました【感性キッズプロジェクトメールマガジン】
  • 【6/20オンライン】自分の心地よさを探し続けられる国・デンマークの教育〜矢野拓洋さん【感性キッズプロジェクトメールマガジン】
  • デンマーク教育視察プログラムにキャンセルでました〜それにしても不登校44万人、見ました?【感性キッズプロジェクトメールマガジン】
  • HSCちゃんへのひとつの回答。デンマーク流視点をとりいれるということ①【感性キッズプロジェクトメールマガジン】
Facebookにログインすると名前とメールアドレスが自動入力されます
お名前
姓) Must
イニシャルやニックネームでも結構です
名)
メールアドレス Must
携帯アドレスの方はPCからの配信拒否設定されている場合は解除いただくかinfo@kumichelin.comからのメールが受信できるよう設定ください。
お子様がいるかたはお子様のご年齢を教えてください
ご紹介者
解除停止はメールのリンクをクリックするだけでいつでも可能です。
感想、応援メッセージでシェアにご協力ください
投稿にはfacebookにログインしている必要があります。
 
 
 
 
Profile
Professional
感性キッズ 主宰

皆川公美子

Mission
HSC(人一倍敏感・繊細)、学校嫌いは、才能です。HSCちゃんが世界のなかで自分の居場所に出会うために、まずは親がラクになる。
Senmon

感受性が強い 繊細 敏感 不登校 HSC

東京芸術大学卒業
某大手レコード会社 にてレコード制作ディレクター
そのアーティストの才能の向きを見極め、社会につなぐ手法にて売り上げを倍増し、社長奨励賞受賞。独立後、繊細・敏感な感性を伸ばし、本質で仕事をする人を増やすことを目標に2016年法人化。
これまでのセッション・セミナー・イベントの利用者数のべ1765名(2019年1月現在) 小さい頃から美しいもの、音楽やアートの放つエネルギーが好きで、東京芸術大学に入学。当時から人の世界観や才能に興味があり、バス亭で待っていても、テレビを見ていても人の内面の才能を観察しつづけていた。
生まれ持った繊細性・敏感性(HSP)により、ステージに立つ人生より、人の本質的な才能と社会のあいだをとりもつ仕事をしたいと、レコード会社でアーティストとともにCDをプロデュースする仕事につく。

30代で子ども2人を授かり、子育てする過程で、泣き止まない、匂いや音に敏感すぎる等「この子たち、ふつうじゃない」を経験し、
それが神経系に敏感性をもつHSC(highly sensitive child)だとわかった。同時に自分もチェックリストにほぼ丸がつくHSP(highly sensitive person)だとわかり、長年の疑問がとけてとても楽になるという経験をする。


現在は HSCの子どもを20年間育てた経験と実験、人の才能を30年間観察しつづけた経験をもとに、HSCの子育ての視点、HSPが本来の個性で仕事をしていくことをサポートするビジネスコンサル、HSC/HSPセミナー(創始者のアーロン博士の理論にもとづく)、イベントなどを提供している。
 
 

B_facebook
B_ameba
B_homepage
Copyright (c) 2010-2018 Cloudlink, Inc. All Rights Reserved.
Powered by reservestock