Top_7
Top_5
Top_6
Logo_s
  Menu_1sesson Menu_2event Menu_3contents Menu_4shop_no Menu_4contact Menu_5voice
 
 

感性キッズ
プロジェクトメールマガジン(無料) 繊細・敏感・HSC(通称、感性キッズ)「や」不登校のお子様が、社会のなかで輝くことができるようになるための、情報発信&共有の場所

(読者数 2251 名)

こんにちは。

学校に合わないHSCちゃんの才能を伸ばすWebマガジン『感性キッズ』管理人
皆川公美子です。

 

 

感性キッズは、

繊細・敏感な我が子(HSC=highly sensitive child

学校ギライ、不登校の子の才能を

お母さんが発掘し、伸ばすための

つながりのコミュニティです。

 

*感性キッズとは、ひといちばい繊細・敏感(HSC)な子どもたちの資質を、”素晴らしきギフト”と捉えて名付けました。

 

 

このメルマガでは、そのための日々の情報をお届けします。

・HSCの子どもたち、学校ギライの子どもたちの育て方

・HSCの子どもたち、学校ギライの子どもたちの才能を発掘する視点と方法

・日々のなかでそれが行える場所

・才能と個性で生きる素敵な大人たち

 


配信の購読(無料)、解除は自由です。

 

 

わたしもHSPであり

レコード会社の仕事では、アーティストの才能の向きを観察し、

それを社会において最大化する方法を考え続けてきました。

またHSCのふたりの20年間の子育てにおいては

その子らしく社会にでていくための試行錯誤をし続けてきました。

 

才能は有名な人だけが持っているものではありません。

だれもが100個は持っていて、

それを発掘できたかどうか、伸ばせたかどうかで

社会での生き方が決まります。

 

現在の困りごとを大転換し、

笑顔とやりがいあふれる日々にチェンジするためにこのメルマガをお役立ていただけたら、

これ以上うれしいことはありません。

  • 第3回終了!マママルシェ@オンライン次回第4回は5月10日(月)午前10時~です【感性キッズプロジェクトメールマガジン】
  • 親が変えるHSC学校の世界&大西愛さん、とりいじゅんこさんコラム【感性キッズプロジェクトメールマガジン】
  • 100名以上大盛況終了@浦安映画会&4/17マママルシェ 子どもが安心ワークレッスン&英会話【感性キッズプロジェクトメールマガジン】
  • 桜・卒業シーズンにお送りする「HSCちゃん小学校卒業後の進路」「こどもの怖い絵からのメッセージ」【感性キッズプロジェクトメールマガジン】
  • 4/3浦安にてHSP映画上映会 &ごとうりえさんHSC絵本 当選者発表【感性キッズプロジェクトメールマガジン】
  • 韓国大学へ留学した次女のこと。不登校出席証明・通学定期・4月17日マママルシェ開催します!【感性キッズプロジェクトメールマガジン】
  • HSCちゃんのための絵本(後藤理恵さん)プレゼント企画&大西愛さんコラム「我が子との関係性にあるちょっとした違和感は、小さな小さなHSCな自分の愛着問題?!」【感性キッズプロジェクトメールマガジン】
  • 第2回マママルシェ開催報告&はしもとみわさん新コラム「歯が抜ける!!」【感性キッズプロジェクトメールマガジン】
  • 季刊『教育』への鈴木大裕さん記事 & お産セラピー益倉美木さん【感性キッズプロジェクトメールマガジン】
  • マママルシェあさって2/24AM残席わずかです【感性キッズプロジェクトメールマガジン】
Facebookアカウントをお持ちの方
お名前
姓)
イニシャルやニックネームでも結構です
名)
メールアドレス
なるべく携帯アドレス以外のアドレスをご登録ください。携帯アドレス(docomo,au.softbank)の方はPCからの配信拒否設定されている場合は解除願います。info@kumichelin.comからのメールが受信できるよう設定ください。
お子様がいるかたはお子様のご年齢を教えてください
ご紹介者
解除停止はメールのリンクをクリックするだけでいつでも可能です。
感想、応援メッセージでシェアにご協力ください
投稿にはfacebookにログインしている必要があります。
 
 
 
 
Profile
Expert_s
国家資格キャリアコンサルタント・Webマガジン『感..

皆川公美子

Mission
HSC(人一倍敏感・繊細)、学校嫌いは、才能です。HSCちゃんが世界のなかで自分の居場所に出会うために、まずは親がラクになる。
Senmon
感受性が強い 繊細 敏感 不登校 HSC

東京芸術大学卒業
国家資格キャリアコンサルタント
某大手レコード会社 にてレコード制作ディレクター
そのアーティストの才能の向きを見極め、社会につなぐ手法にて売り上げを倍増し、社長奨励賞受賞。独立後、繊細・敏感な感性を伸ばし、本質で仕事をする人を増やすことを目標に2016年法人化。
これまでのセッション・セミナー・イベントの利用者数のべ4,201名(2021年3月現在) 小さい頃から美しいもの、音楽やアートの放つエネルギーが好きで、東京芸術大学に入学。当時から人の世界観や才能に興味があり、バス亭で待っていても、テレビを見ていても人の内面の才能を観察しつづけていた。
生まれ持った繊細性・敏感性(HSP)により、ステージに立つ人生より、人の本質的な才能と社会のあいだをとりもつ仕事をしたいと、レコード会社でアーティストとともにCDをプロデュースする仕事につく。

30代で子ども2人を授かり、子育てする過程で、泣き止まない、匂いや音に敏感すぎる等「この子たち、ふつうじゃない」を経験し、
それが神経系に敏感性をもつHSC(highly sensitive child)だとわかった。同時に自分もチェックリストにほぼ丸がつくHSP(highly sensitive person)だとわかり、長年の疑問がとけてとても楽になるという経験をする。


現在は HSCの子どもを20年間育てた経験と実験、人の才能を30年間観察しつづけた経験をもとに、HSCの子育ての視点、HSPが本来の個性で仕事をしていくことをサポートするビジネスコンサル、HSC/HSPセミナー(創始者のアーロン博士の理論にもとづく)、イベントなどを提供している。

二人のHSCの子どもたちは海外へ留学。(長女はデンマーク、次女は韓国)長女は大学生で380人中3人という倍率で某社インターンに合格。次女は一時帰国するも、韓国の大学受験をし正規合格「わたし、生きてるって感じがするの!」と言いつつ再度留学中。
 

B_facebook
B_ameba
B_homepage
Copyright (c) 2010-2018 Cloudlink, Inc. All Rights Reserved.
Powered by reservestock