Top_7
Top_5
Top_6
Logo_s
  Menu_1menu Menu_2event_lesson Menu_3contents Menu_4shop Menu_4contact_no Menu_5conclusion
 
 

小山内愛のメルマガ

あなたを豊かにする魔法のエネルギー。
やる気と豊かさがあふれてくる 小山内愛のメルマガ♪

 



こんにちは!小山内愛です。

わたしは自社で女性の身体と心を輝かせる
オリジナル美容化粧品の開発販売をしながら
独自のメソッドで、身体と心をケアするセッションを提供しています。

わたしは起業してから
約8年間、ほぼ休まず毎日女性のお客様の心と身体のケアに携わっています。

わたしのことを少し話しますと、
小さい頃から少し敏感なことがあり、
その人の感情や思考を感じ取る事ができます。

そのため、いつも誰かの相談を聞き解決をしていることが多くありました。


その時にヨガに出会い、スピリチュアルから心理学、
アロマやビジネスの学びを増やしてスキルアップし、
わたしの持っている感覚と学びを使いお客様のライフスタイルを
さらに引き上げていくサポートをしています。


思考とエネルギーは、あなただけの型がある。

よくあるのが、
一般化されて再現性の高いメソッド。
それを使っているのに、自分だけ効果をかんじない。
ということがありませんか?

わたしは、これ
すごく疑問に感じていました。

だから、セッションで
とにかくその人のエネルギーや思考を研究し分析して、
わかりやすく解説をするようにしたんです。

そうしたら、

「なんであいさん、わかるんですか? すごい!」

という声をいただくようになり
継続的にセッションをご希望される方も増え、
やりたい事を叶えたりチャレンジされる方が増えていきました。

『あ、みんな、やり方と考え方がわからなかったんだ。』

と分かりとにかく沢山伝えてセッションをしました。


できないことも、自分の仕組みが分かれば、できるようになりますし、
視点と意識を変えれば、不可能だと思っていたことは、可能になります。


メルマガでは、
そういったことをしっかりお伝えしたいと思います。

少し長くて熱い熱量のメルマガですが、
これを読めば、
必ず今目の前のモヤモヤがなくなっていくし、可能性の扉が開かれると思います。

わたしも、それを沢山発信していきたいと思っています。


人生はストーリー。
あなたが主役です。


輝きとミッションを引き出すことで、
人生がより豊かになっていくとわたしは信じています。


  • 孤独にならないこと
  • 自分の世界を創るためにはコンフォートを乗り越えよう!
  • 自分の世界を創ろう!未来の扉の開け方
  • 絶対に諦めない世界の成功ストーリー
  • 裏表の世界
  • 停滞を感じたらやってみて欲しいことがあります。
  • 本物の輝きを引き出すには余計なものを削ぐ必要がある
  • 言霊パワーと自分軸で自分にとって理想の世界を手に入れよう
  • 女という意識をしてる?
  • エネルギーの法則、意識の話
Facebookアカウントをお持ちの方
お名前
姓)
名)
メールアドレス
ご紹介者
解除停止はメールのリンクをクリックするだけでいつでも可能です。
 
 
 
 
Profile
Expert_s

小山内愛

Mission
あなたの個性と魅力を最大限に生かすお手伝いをします
Senmon
ヨガ、スピリチュアル、オーガニック化粧品

こんにちは!小山内愛です。
現在わたしは、37歳。
2歳から20歳までの7人の子供のママで、
化粧品会社経営しながら、ヨガインストラクターとして活動しています。

自分の内なる本音に気付く事。
その意味は、

「女性が自分の世界を創れる世の中にしたい。目指すは自分らしい自立」
というミッションを掲げて活動をしています。


わたしは、起業して1年目に年商8桁達成。
そこから売り上げが減ることなく増やし続けているのですが

「自分らしいって?」

と考えるようになったのは、そのころからずっと頭の片隅にあったクエッションでした。
稼ぐだけでは幸せを感じなかったし、「わたし」という人間が成長していない、美しくない。って、思っていたからです。

これまでわたしは、好きな事を仕事にして働いていましたが、

「自分の好きな事をしているけど、本当に幸せなのだろうか。」

という疑問がぬぐえなくて、日々過ごしていました。

その時に自分の想いやエネルギーを有形物に込めて作り商売をしている人に出会いました。
今は、わたしの尊敬する師匠のような存在の社長です。

世界中で活躍する社長はすごくかっこよくて、わたしもこんな風になりたい。
と思ったんです。

自分の中から、こう思ったのは驚きでした。
それは、社長とわたしは、あまりに仕事が違いすぎて、
「目指しても実現は不可能だ。」と思ったからです。

わたしはヨガインストラクターで、社長は物創りをする人だからです。

それまでのわたしは、大好きなのはヨガだ。コンテンツを作るのが仕事だ。
と思い込んでいたからです。

もしかしたら、好きな事とやりたいことって混同しているんじゃないか?
それで、自分の本音に気付かないのかもしれない。
と思うようになりました。

今やっていることのその奥には、本音があって、本当はそれをやりたいんじゃないか。
って、思うようになり、少しづつですが仕事のやり方を変えました。

そしてわたしは手探りで、0から学びながら、化粧品創りを始めました。
最初は工場に製造依頼を出さず、夜な夜な自分で商品を作っていました。

そのころに出会うお客さまや女性社長達も、今の自分の生き方や働き方に葛藤しながら働いていることを知り、

「あ、わたしと同じだ。」

って、思ったんですね。


そういった出会いからも刺激を受けながら、わたしは、自分の経験としても、

「自分の奥底にある想いに気付き、その人が本音で生きれる世界を創りたい。」

と思い、自分の中でそれを仕事として全うしよう!
と決め、本格的に化粧品創りにエネルギーを注ぎました。

ネパールに単身とび、アーユルベーダに出会いというストーリーがあります。
これも、今の化粧品創りには欠かせない大きな柱となりました。
これについてはホームページをご覧ください
https://airaise.co.jp/pms/index.html

その想いが商品創りに反映されるようになったころ、コロナによって輸入が止まり、化粧品が作れなくなり、一気に売り上げが下がり、様々な問題が勃発しました。

ネパール製造のハーブなどが一切ストップ。
経営が一気に傾きました。お客様もサロンに来られなくなりました。


その時にわたしは、一切の仕事をストップし、自分のやり方を見直すために自分の時間を優先に取りました。

と、聞こえが良い表現を普通ならすると思うのですが、
実際のわたしは、精神心的ダメージが大きく仕事に向き合えなくなり、1年で病気を2回し、何度も入退院を繰り返したので、積極的にビジネスができなくなったという理由です。


何も動かない止まった時間の中で、わたしは初めて自分に向き合いました。

「わたしにとって大事なことは何か。何もしていきたいのか。」

幸い、病気もしたし仕事は無いし。という理由で、暇でしたので(笑)
とことん自分に向き合えたのが良かったんですね。
そこで出た答えは

「わたしがやりたいことは、自分が信じた世界を創っていく事」だったんです。

コロナの前に気付いた
自分の奥底にある想いに気付き、その人が本音で生きれる世界を創りたい。
という、わたしの真実の想い。
これを思い出し、再び現場に戻り、化粧品を創り始めました。

そうこうしていると、わたしの想いに共感してくれた女性経営者の方々、取引先の方達が
応援をしてくれるようになりました。

「あいさんと一緒に仕事をしたい!」

と言ってくださり、取引だけでなくセミナーも依頼してくださるようになりました。
ほとんど0に近いくらい、沢山失ったわたしは、これがすごくうれしかった。

そこで初めて、
ビジネスは皆で創っていくものだ。という事を知りました。

わたしは自営業って、1人で走る孤独な闘いだと思っていたのです。
人に頼ってはだめだ。と思っていた。
だけど、そうではなかったんです。

色々な方の優しさや愛情を受けて、感じることが出来て、
病気も完治に向かっていきました。

ここでも、
「自分の奥底にある想いに気付き、その人が本音で生きれる世界を創りたい。」
この思いに立ち返ることになるのです。


自分のために真剣に生きると、共感して集まってきてくれる仲間となる人がいる。
それは共に創れる世界があるという事なんだ!!
という事を漠然と分かりました。


だからわたしは、ホームページに書いた「自立」という企業理念を掲げることにしました。


自分らしく生きること。
→この生き方はどんな困難も乗り越えていける力になることを知ったからです。


この体験から、わたしはこの想いと共にこの豊かで温かい世界を広げていきたい。
と思い活動しています。

人生には無駄がなくて、生きているだけで沢山のことを学べるんだ。
という事をすごく感じるんです。
そして自分は一人じゃない。孤独ではない。必ず仲間がいる。大切にしたい人。大事な人がいる。
そういったエネルギーがある..

B_ameba
B_homepage
特定商取引法に基づく表記
イベントカレンダー
Copyright (c) 2010-2018 Cloudlink, Inc. All Rights Reserved.
Powered by reservestock