Top_7
Top_5
Top_6
Logo_s
  Menu_1sesson Menu_2event Menu_3contents Menu_4shop Menu_4contact Menu_5conclusion
 
 

【7日間無料メール講座】文章が書けないから書けるに変わる7つのコツ

みなさんこんにちは

アメブロ小学校 鈴木あいです

私は2014年の3月に起業を決意し

恋愛カウンセラーを始めました。

 

毎日ブログを書き、

イベントを立ち上げていたものの

まったく収入は上がらず

 

コンサルさんにも

「こんな文章で、来たいっていう人いるか」

と言われる始末。

 

どう書いたらいいのかを聞いても

「自分で分からないとダメ」と言われ

途方にくれました。

 

半年やって

もう、普通に勤めにでよう

最後にしようと思って書いたブログが

 

いいね4000

アクセスは10日間 10000付近

フェイスブックのシェアは300近くと

びっくりするような結果が出たのです。

 

 

 

ここで私は文章のコツをつかみました。

 

添削という形で

モニターをさせていただくと

みなさん びっくりするような結果が出ました。

 

 

伝わるように書くということは

すごいテクニックがいるわけではなく

ほんの少しのコツがいるだけなのです。

 

 

分からないまま書いていては

もったいない記事を量産することになってしまいます。

 

 

私がつかんだコツを

この7日にわけてメールでお伝えします。

 

 

内容
【書けるに変わるコツその壱】 〇〇〇〇をしないで書く 

【書けるに変わるコツその弐】 ×××××にこだわらない 

【書けるに変わるコツその参】 ●語と●語にこだわる

【書けるに変わるコツその四】 誰に読んでほしいのかを考える

【書けるに変わるコツその五】 □□□に気をつける

【書けるに変わるコツその六】 一番時間をかけるべき所 

【書けるに変わるコツその七】 それでもどうしても書けない時 は

 

※yahoo、hotmail、などのフリーメールアドレス、携帯アドレスでは受信が出来ない場合がありますので、

プロバイダのアドレスでの、ご登録をおすすめいたします。

迷惑フォルダに案内メールが届く場合もありますので、受信BOXにメールが無い場合は迷惑フォルダも、ご確認ください。

 

 

 

  • 【文章が進化するコツその壱】同時進行をしないで書く
  • 【文章が進化するコツその弐】オリジナルにこだわらない
  • 【文章が進化するコツその参】主語と述語にこだわる
  • 【文章が進化するコツその四】誰に読んでほしいのかを考える 
  • 【文章が進化するコツその五】時系列に気をつける
  • 【文章が進化するコツその六】一番時間をかけるべき所
  • 【文章が進化するコツその七】それでもどうしても書けない時
  • 皆様 【文章が進化するコツ】は参考になりましたでしょうか
Facebookにログインすると名前とメールアドレスが自動入力されます
お名前
姓) Must
名) Must
メールアドレス Must
メルマガ Must
どこでこのメルマガを知りましたか
  •  フェイスブック
  •  アメブロ
  •  知人からの紹介
  •  よく分からない
  •  その他
複数選択可
ご紹介者
解除停止はメールのリンクをクリックするだけでいつでも可能です。
感想、応援メッセージでシェアにご協力ください
投稿にはfacebookにログインしている必要があります。
 
 
 
 
Profile_flower
Professional_s
SNS文章アドバイザー

鈴木あい

Mission
できた!をつくる
Senmon
文章 上達 パソコン レッスン ブログ

小学校教諭一種免許状
中学校教諭二種免許状(国語)

2016年 小説「手の中」北日本文学賞 一次選考通過
2017年 小説「海底の魚」林芙美子文学賞 一次選考通過

【鈴木あい プロフィール】

静岡県生まれ
静岡大学教育学部心理教育学科卒 奈良県在住


小学生1年生の時、学年を代表して読書感想文を書くことになり、2000文字の大作を書きました。しかし長くなりすぎて代表は他の子に。それ以来学校の作文は苦手になりました。就職してパソコンインストラクターとしてブログを始めると、原稿用紙から外れたことから書く楽しさが再燃。ブログから雑誌のお仕事が来たこともありました。地方紙の連載もしていました。

出産退職し、ハンドメイド作家として始めたブログはなかなか売上につながらず。スキルアップするために起業塾に入ると、「この書き方で誰が来るの」と問われ、鼻っ柱を折られました。「じゃあどう書いたらいいんですか?」と尋ねましたが、はっきりとは教えてもらえませんでした。いえ、もしかしたら教えていただいていたのかもしれないのですが、腑に落ちない私がいました。セミナーにお金を費やすばかりで得るものが少ないと感じて、私は廃業を決め、自分の想いを綴ったのです。するとインターネットの反応が通常の100倍を超えたのです。

なぜその文章が良かったのかを検証し、文章の添削を始めると、お客様からは「文章がグレードアップした」「アクセスが2倍になった」「もっと早く会いたかった」と大好評でした。以来ブログとメルマガだけで、奈良、大阪、京都、岐阜、静岡、兵庫、福岡からも受講いただいています。起業3年でお客様はのべ300人以上です。

文章力は一生モノと言われています。
誰もが書いて発信して収入を得られる時代。
事業をされる方が自分の言葉で発信し世界中から客様を得ることができる。
SNS文章アドバイザーとして「書きたい人」をサポートし..

  ashley5255
B_facebook
B_ameba
B_twitter
B_homepage
特定商取引法に基づく表記
Copyright (c) 2010-2020 明文堂. All Rights Reserved.
Powered by reservestock