Top_7
Top_5
Top_6
Logo_s
  Menu_1sesson Menu_2event Menu_3contents Menu_4shop_no Menu_4contact Menu_5voice
 
 
オススメ
ストレスクリア®コーチ&トレーナー・パーソナルプロデューサー 丸山伸予

後継者が自分らしい経営を行うための第一歩

Facebookにログインすると名前とメールアドレスが自動入力されます
お名前
姓) Must
名) Must
メールアドレス Must
ご紹介者
解除停止はメールのリンクをクリックするだけでいつでも可能です。
感想、応援メッセージでシェアにご協力ください
投稿にはfacebookにログインしている必要があります。
このメルマガはリザーブストック 無料利用版 を使っています。
リザーブストックは田村 薫(親と子の心をつなぐ事業承継)様よりご招待いただくことで無料でご利用いただけます。(有料版有り) ご利用希望の方はk-tamura@suncreate.net宛てに利用希望の旨ご連絡ください。
 
 
 
 
Profile
親と子の心をつなぐ事業承継

田村 薫(親と子の心をつなぐ事業承継)

Mission
自ら経験した事業承継の苦しみをこの世から消し去るために
Senmon
事業承継,二代目,後継者,家業

1968年生まれ

大学卒業と同時に、父が経営する保険代理店に就職する。
親の会社を引き継ぎ、盛り立てていこうと強い思いで仕事を始めたものの、
日々の飛び込み営業で早々に挫折。

自分の実力のなさと、将来、会社を背負わなければならない責任のギャップの中で、苦しむ日々を送る。
自分が継ぐなら会社の体制を変えなくてはならない。
一方、会社を変えようとすると、先代である親とは必ずケンカになる。

次第に会社に行くのがおっくうになり、
社内は殺伐としはじめる。
その最悪の雰囲気に、一斉に社員は退職。
一時はどうしようもない状況に陥った。

そんなキッカケを経て、なぜ親子経営では親子の確執が起こるのか?ということを深く研究しはじめる。

社会の変化に抗い、後継者を配下に置こうとする先代。
先代を社内の中心から引きずり下ろし、排除しようとする後継者。
この対立は、「話し合い」では解決が困難なことに気づく。

論理的に相手を論破することではなく、情緒的な納得感が中朝企業の親子経営には必要。
そう結論付けた。

日本の未来を担うのは中小企業である。
中小企業を背負って立る後継者をファシリテートし、1000年企業を多数輩出することが私の夢。
そのはじめの一歩を歩むための、セミナーやコミュニティ活動などを通じて、同族中小企業の発展に貢献します。

B_facebook
B_twitter
B_homepage
Copyright (c) 2010-2018 Cloudlink, Inc. All Rights Reserved.
Powered by reservestock