Top_7
Top_5
Top_6
Logo_s
Tomotake_image
140734247_214229673703759_6950859594291184320_n
  Menu_1sesson_no Menu_2event Menu_3contents Menu_4shop Menu_4contact Menu_5voice
 
 
18_odhmytnhzjdlodyyy

丸ごとお届け 香西家の暮らしごと

(読者数 242 名)

こんにちは香西慶子と申します。
メルマガ「丸ごとお届け 香西家の暮らしごと」


お申し込みありがとうございます。

 

子育て
転勤
そして度重なる難病やガンの経験。
自分の意志ではどうにもならないことを
いったん受け入れたり
よい意味で諦めたりすることで
目の前の
小さな生活を
楽しめるようになりました。

そのために不可欠だったことは
家族や友人の助けと
自然に寄り添うこと。
 
五感を働かせ
季節の小さなことに喜びを見つけ
毎日を重ねることが最上の幸せだと
気づくのに何年もかかりました。

 

美味しい
楽しい
うれしい

みんな大好きな
「香西家の暮らしごと」を通して
毎日を幸せに暮らすヒントを
お届けします

※香西家の暮らしごと
都会に住んでいても
季節や自然に沿って
無理のない生活を送る
香西家の毎日の暮らし方




Facebookアカウントをお持ちの方
お名前
姓) Must
名) Must
メールアドレス Must
ご紹介者
解除停止はメールのリンクをクリックするだけでいつでも可能です。
感想、応援メッセージでシェアにご協力ください
投稿にはfacebookにログインしている必要があります。
このメルマガはリザーブストック 無料利用版 を使っています。
リザーブストックは香西慶子様よりご招待いただくことで無料でご利用いただけます。(有料版有り) ご利用希望の方はla_base_aromawest@yahoo.co.jp宛てに利用希望の旨ご連絡ください。
 
 
 
 
Profile
代表

香西慶子

Mission
自然に寄り添い季節の小さなことに喜びを見つけ 毎日を重ねることが最上の幸せ
Senmon
香西家の暮らしごと アロマテラピー 香りの暮らしごと 薬膳

◇KOZAism代表
「香西家の暮らしごと」「メディカルアロマレッスン」講師
◇NARD JAPANアロマテラピー協会 アロマテラピーインストラクター
◇日本四季大学校 四季アロマ専属講師 四季薬膳認定講師 長年の経験を通して得た暮らしの知識と哲学を、ママたちが自分を楽にする処方箋として提供しています。
現在も、香西家の暮らしぶりを講座やSNSを通じて発信。


華道の師範である母のもと、庭に咲く花で色水を作って遊ぶなど幼少期から植物に親しむ。
中学時代は料理研究家のバーバラ寺岡氏に感銘を受け、自然素材を使用した健康法や美容法を実践。
自然を傍に感じる毎日だったが、就職後はバブル時代の流れに乗り、都市型の生活を満喫する。

20代で結婚。夫の転勤先の倉敷で、自然と共に暮らす人たちを見て、その確かさを再確認。
自身が慣れ親しんだ暮らしに立ち戻ることを決意する。
また、子どものアトピーのケアにも自然療法を取り入れる。

30歳のとき母ががんを患う。
手術後の心身の不調がアロマテラピーで劇的に改善。
その様子に衝撃を受け、アロマテラピーを学び始める。36歳で資格を取得。

名古屋の自宅で講座を始めると、瞬く間に人気教室となる。
さらに「先生の暮らしぶりを知りたい」との声があがるようになり、ナチュラルクッキングやキッチンコスメなど暮らしを楽しむ講座も開講。受講生は途切れることなく、19年間で延べ1万人以上を指導する。

一方で、プライベートでは家事と育児を一手に引き受け、心身は疲弊。
その辛さを先輩ママに救われ、自らもママたちに寄り添う存在になりたいと思うようになる。

50歳で自身の子宮体がんが発覚。
手術は成功したもののセルフケアの余裕もないほどの不調に陥り、心配した娘が焚いてくれたラベンダーの香りに救われる。
香りの偉大さを再確認するとともに、自分が大切に紡いできた暮らしぶりが娘に受け継がれていたことを実感。
また、病気に向き合う中で、肩の力を抜いて生きるためのカギは、自然の流れに逆らわないことだという結論に達する。
ここから、よりいっそう無理のないていねいな暮らしを心がけるようになる。

今後は、アロマテラピーの枠にとどまらず、長年の経験を通して得た暮らしの知識と哲学を、ママたちが自分を楽にする処方箋として提供しています。
現在も、香西家の暮らしぶりを講座やSNSを通じて発信し続けている。



1964年岡山県生まれ。兵庫県西宮市在住。
2人の子どもは独立し、現在は夫と愛犬との3人暮らし。
料理が趣味。レストランで食べた美味しいものは、再現せずにいられない。
食器も好きで、日本の作家の作品を少しずつ集めている。
日々の癒しは、ミニチュアピンシャーのあずきとたわむれること。

  kumama620
B_facebook
B_ameba
B_homepage
Copyright (c) 2010-2018 Cloudlink, Inc. All Rights Reserved.
Powered by reservestock