Top_7
Top_5
Top_6
Logo_s
  Menu_1sesson Menu_2event Menu_3contents Menu_4shop Menu_4contact Menu_5voice
 
 

中学で原因不明の不登校に。起立性調節障害だった息子と私の6年間

 

こんにちは。いずみさなえです。

 

 

 

息子が学校に行けなくなったのは、

中学に入学して間もなくのことでした。

 

 

我が子が学校に行けなくなるなんて

思いもよらないできごとでした。

 

 

 

その頃の私は、

どうしたら息子が

また学校に通えるようになるのか、

そればかりを考えていました。

 

 

それが息子にとっての

幸せだと信じていたのです。

 

 

 

 

その後、息子には

「起立性調節障害」という

診断がつきました。

 

 

原因がわかったことは

よかったのですが、

この病気には

根本的な治療法がないのです。

 

 

体調が快復するまで

ただ待つしかない。

 

そしてそれは

何年かかるかわからない。

 

 

家にいる息子の前では

泣くことができず、

 

かといって

外でも泣けず。

 

表向きは平気な顔をしていても

心の中はいっぱいいっぱい。

 

ちょっと突いたら

あっという間に崩れてしまいそうな

精神状態でした。

 

 

 

 

不登校のことを

ブログで書きはじめたのは

 

息子が学校に行けなくなってから

5か月が経った頃でした。

 

 

 

私の発信が

学校にいけないお子さんや親御さんに

何かお役に立てれば…

 

という思いからでした。

 

 

同時に、

言葉にすることで

自分の心の整理にも

なっていたのだと思います。

 

 

 

あれから年月が経ち、

 

元気を取り戻した息子は

家を離れ東京で大学生活を送っています。

 

 

私もブログに不登校の話を書くことは

少なくなりました。

 

 

 

 

ところが今も

「不登校」や「起立性調節障害」で検索してか

 

私のブログを訪れてくださる方が

いらっしゃるのです。

 

 

何年も前の記事に

「気持ちが救われました」

メッセージをくださいます。

 

 

私たちが味わってきたあの日々に

今から向き合っていく方々が

いらっしゃるという現実。

 

 

そして、この先もきっと

そんな方々がたくさん

出てこられるのでしょう。

 

 

 

 

その方々の苦しみを

目の当たりにしたとき、

 

私と息子の体験した

6年間の記録をまとめて

お届けしようと考えるようになりました。

 

 

私と息子が

どんな毎日を送ってきたのかを

読んでいただくことで、

 

ほっと一息ついてもらえることも

あるのではないかと考えました。

 

 

 

 

 

当時のブログからの抜粋ですので

重複する部分や

読みにくいところもあると思いますが、

 

ありのままの記録として

お読みいただけると幸いです。

 

 

我が家のエピソードは

不登校のほんの一例でしかありません。

当然、これが正解というものでもありません。

 

でも、確かに重ねてきた

現実の日々の姿です。

 

 

 

6年間の日々を

18回のメールにまとめて

お届けします。

 

 

学校に行けなくて

悩んでいる方々に

 

ほんの少しでも

希望がとどけられたなら、

 

こんなに嬉しいことはありません。

 

 


 

【本登録までの流れ】

登録まではわずか30秒。

 

以下のフォームに【お名前】と【メールアドレス】をご入力ください。

読者登録したら確認のメールが届きます。

メール内の登録完了リンクをクリックしてください。

登録完了! (確認メールはすぐに届きます。)

 

 

5分経っても確認メールが届かない場合は、   

 メールアドレスが間違っているか   

 迷惑メールフォルダに入っている可能性があります。

 

 

携帯電話のアドレスでご登録くださる方へ

 「PCメール受信拒否設定」になっていると確認メールが届きません。

 受信拒否設定を解除していただくか

 sanae123.com からのメールを受信できる設定にしてください。

  

  

※お名前はご本名フルネームで必ず記入下さい。

 『あ あ』など、本名を入れない方がいます。

 その場合はこちら側で削除いたします。

 悪しからずご了承ください。

  • 【不登校6年間の記録#1】中1の12月まで
  • 【不登校6年間の記録#2】中2の4月まで
  • 【不登校6年間の記録#3】中2の6月まで
  • 【不登校6年間の記録#4】中2の8月まで
  • 【不登校6年間の記録#5】中2の10月まで
  • 【不登校6年間の記録#6】中2の3月まで
  • 【不登校6年間の記録#7】中3の8月まで
  • 【不登校6年間の記録#8】中3の10月まで
Facebookにログインすると名前とメールアドレスが自動入力されます
お名前
姓) Must
名) Must
メールアドレス Must
お住まいの地域
ご紹介者
解除停止はメールのリンクをクリックするだけでいつでも可能です。
感想、応援メッセージでシェアにご協力ください
投稿にはfacebookにログインしている必要があります。
 
 
 
 
Profile
Professional_s
マリンバ奏者・クラウン(道化師)のタマゴ

いずみさなえ

Mission
「ちゃんとしなきゃ」をやめてみる“引き算”からはじめる自由で楽しい生き方

マリンバ奏者/クラウン(道化師)のタマゴ

これまで教育業界で研修講師として延べ2000人の研修指導に携わる。
CTIジャパンにてコーチング、BDIにてNLP(実践心理学)、各種セラピーを習得。
カウンセリング現場でも活用されている「ひらめくカード」の発案制作者。

人生最大の転機となったのは、息子の不登校。
中学入学後、突然学校に行けなくなった息子は、そのまま3年間自宅で過ごすこととなる。
今までの価値観がガラガラと崩れる中、本当に大切なことは何かを考え、世間で当たり前とされることが本当に真実なのか疑問を持ち始める。

自分らしく生きるということを真に意識しはじめてから、二十数年封印していた音楽活動を本格的に再開。
マリンバ奏者、打楽器奏者としての活動の場が広がる。
同時にクラウン(道化師)の学びをスタート。

自分らしく生きることを追求するうち、「ちゃんとしなきゃ」という思考が邪魔しているケースがあまりに多いことを痛感。
これからの人生を充実させたいが、楽しみ方が分からなくなっているオトナ世代の女性に向けて
「ちゃんとしなきゃ」をやめてみる、“引き算”からはじめる自由で楽しい生き方を提案し、セッションを提供している。
また、「FIKAフィーカ」と名付けたおはなし会も開催。

お客さまからは「ほんわかした雰囲気、笑顔に癒される」「安心感があってなんでも話せる」「話しているうちにどんどん楽しくなってくる」「自分では無意識に話していた言葉から気づきを得られた」というお声をいただいている。
3年間息子の不登校を見守った抜群の受けとめ力(笑)には定評あり。

B_facebook
B_ameba
Copyright (c) 2010-2017 Cloudlink, Inc. All Rights Reserved.
Powered by reservestock