39163_yjhjowjhztnjngrkm

渡邉ひとし公式メルマガ

大企業のビジネスモデルなんて

中小企業にとって

全く意味のない事例だ。


そんな声を耳にしますが

本当にそうでしょうか?


たしかに社員数や資本金だけでなく

売上や利益の額も桁違いに違います。


でも冷静に考えてみると

いま同じ環境で経営しています。


たとえば

日本国内だけで考えてみると……


大企業も

中小企業も

個人事業主も


同じ「外部環境」のもとで

営業活動や経営をしています。


ここで「外部環境」について

おさらいしておくと


会社を取り巻く様々な環境のことを

「外部環境」と呼んでいます。


(1)「社会」や「政治」の視点

(2)「業界」や「市場」の視点

(3)「顧客」や「供給者」の視点


3つの視点から見ても

それぞれの影響要因が異なります。


これら外部環境の視点から見れば

大・中・小という企業規模は

あまり関係ないと思いませんか?


大企業だから有利とは言えず

外部環境の変化に対応するために

不利な点も幾つか存在しています。


たとえば社員数が多く

営業所などが広域に広がるため


会社の改革を周知徹底させることは

容易ではありません。


歴史の長い企業であれば

独特の企業風土がはびこり


会社の改革に反対する

抵抗勢力も半端ではないでしょう。


大企業にとって困難であっても

中小企業にとって優位なことは


軌道修正や企業改革などへ舵を切ることが

大企業ほど難しくない点です。


リーマンショック以降、

先行き不透明な時代と

マスコミなどで報じられています。


経営の舵取りが難しい時代に

舵を切るスピードは


生き残るために

重要な経営の鍵となります。


大企業の外部環境への対応や

その結果を検証すれば


自社の経営を見直し

対策を講じるためにも

大きなヒントになります。


大企業・中堅企業の経営状況や

ビジネスモデルを参考にし

自社の経営にご活用ください。


未来志向型の経営を構築し

健全経営の会社として

益々発展されますよう心より願っています。






ビジネスモデルを企業事例から学ぶ
当メルマガの対象者は、中小企業の経営者、個人事業主の方で、継続的な事業・経営を目指している方に活用していただきたいと考え執筆しています。ご活用いただければ幸いです。


未来志向型経営だから良い結果が出せる

未来志向型の経営戦略コンサルタント
渡邉ひとしです。


なぜ『未来志向型経営』を
目指しているかについてお話しします。


未来志向型と言うワケは……
『未来会計』を基準にして
企業の経営支援を考えているからです。


過去の結果として出ている
『過去会計』ではなく


数年後の「目指す未来」を基点にして
経営計画を立てているからです。


過去の営業成績や財務分析などの
「過去会計」と


未来の営業計画や財務計画などの
『未来会計』とは大きく違いがあります。


例えば、
役員会議、幹部会議、営業会議など
多くの会議が実施されています。


その多くの会議が「反省会」
という内容になっていませんか?


① 目標達成できないのは誰か?
② 他社に負けたのはなぜか?
③ 売上が下がったのはなぜか?


悪いことをした「犯人探し」のような
会議になっていませんか?


そうであれば会議に参加する人の
悲痛な表情が見えそうです。


これらは全て過去の成績に対して
悪くなった原因と担当者の責任を問う


「問題追求型」の会議のため

過去会計主導の会議となっています。




ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

未来志向型経営のススメ

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー



「過去会計」の特徴は過去の数字が
全てになり易いことです。


経営者の会やセミナーなどで
(過去の)数字を見ないコンサルタント
と表現するため


できの悪いコンサルタント
と思われていますが


コンサルティングの現場で
数字を見ることは多くありません。


その理由は
時間をかけて過去の数字を見ても
解決の糸口が見つからないからです。


売上が下がり続ける部門の場合
過去の数字を見続けても
過去の数字は変わりません。


どう足掻(あが)いても
過去の数字が変わらないのです。

数字を変えられるのは
未来の数字だけです。


未来の数字を変えられるのは
未来への経営戦略と日々の行動だけです。


過去の数字を何時間も議論しても
問題をほじくり返すだけです。


問題解決すれば
良くなると思いがちですが


そもそも『問題』は現在より
「マイナス」の状況ですから


いくら問題を解決しても
マイナスがゼロに戻るだけです。


飛躍的に業績が
良くなる訳ではありません。


業績を上げたい場合は
未来の目標(ビジョン)に注目し


未来への経営戦略と
日々の行動を明確にすることです。


つまり未来会計で経営を考え
未来思考型で会議を重ねることです。


過去の数字を議論しても
業績が回復する訳ではありません。


なぜなら
今までの考え方とやり方が

現在の結果になっているからです。



今までの考え方とやり方で
いくら議論を重ねても
事業や経営の改善は期待できません。


未来思考型で経営を舵取りすることで
業績アップや経営の改善に繋げましょう。

  





このメルマガで配信してる内容


投稿内容の企業情報及びデータなどは

新聞などの公開情報に基づいた記述です。




◆オフィス

株式会社未来デザインカンパニー 代表取締役

経営戦略コンサルタント

渡邉ひとし


電話:050-6877-6388

Mobile:080-4806-1553

Email:mirai-design@ogaki-tv.ne.jp

〒503-0015 岐阜県大垣市林町7-265-1


ホーム頁:https://mirai.brand-keiei.com

紹介記事1:https://mbp-japan.com/gifu/mirai-designcompany/

紹介記事2:https://humanstory.jp/watanabe_hitoshi/

紹介記事3:https://syoukei-senmon.net/gifu/14457/


(社)ビジネスモデルイノベーション協会

    ビジネスモデルコンサルタント

(社)SDGs支援機構

    SDGsビジネスコンサルタント

(社)日本経営心理士協会

    経営心理士、組織心理士、顧客心理士、

    ビジネスコミュニケーション心理士



========================


<令和2年度迄>

中部大学 人文学部心理学科 非常勤講師

<令和元年度迄>

愛知産業大学 経営学部経営学科

造形学部デザイン学科・建築学科 非常勤講師

<著書>

『ビジネスモデル虎の巻!』

*Amazonでご購入いただけます


===============================






------------------------------------------

(C) Copyright 2022 mirai design company All rights reserved.

------------------------------------------






読者登録フォーム

Facebookアカウントをお持ちの方
過去に申し込まれた方はメールアドレスだけで申し込みいただけます
苗字必須
名前必須
メールアドレス必須
ご紹介者(複数可)

解除停止はメールのリンクをクリックするだけでいつでも可能です。