Top_7
Top_5
Top_6
Logo_s
  Menu_1association Menu_2event_lesson Menu_3contents Menu_4shop Menu_4contact Menu_5voice
 
 
27683_y2niymzjmgmxzdcxo
*最適年齢(赤ちゃん~6才)


子どもの足を
継続測定 累計20,000人超え!
これだけで見えてくる


 

からだ

足が健全に育たないとからだの色々なところが育ちにくくなります。

さて、どんなところにどんな影響が出るでしょうか?


 

 

こころ

足が育たないと子どもの心も育っていきません。

子どもには自信を持って育ってほしいと願う方は必読です。


 
 

↓↓ママは、お読みください。↓↓

*最適年齢(赤ちゃん~6才)

・大事なこどもなので大切に育てたい。

・できる限り慎重に育てたい。

 ・子どもはどんな成長するのか?知りたい。

・子どもの成長をしっかり応援したい。

・靴の選び方を知りたい。

・どこの靴メーカーが良いの?

・将来スポーツで活躍できる子どもになって欲しい。

・ママ自身が外反母趾で困っているので子どもにはなって欲しくない。

・ママ自身、巻爪で足が痛い。子どもにはなって欲しくない。

・足は大切と思っているから詳しく知りたい。

*【ご注意】「登録フォーム」登録後確認メールクリックされないと正式登録は完了していません。
*スマホの方は、childhealthcare.jpからの受信許可設定が必要です。
*「登録フォーム」は、文末にございます。

 

 

子どもの大切な将来を決定する足読本(電子図書)

=子どもの足のこと知らない方にも優しく解説!!=

 

ダウンロードで得られること

1.子どもの成長にとって、なぜ○が重要なのか知ることができる。

2.我が子の足のチェックポイントを○○すると・・・・。

3.家庭でできる走りが速くなる○○トレーニングもついてくる。

4.活発な子ほど、足が良い?悪い?ウソのようなホントの話

5.コロナの影響で、変わる子どもの足 その実態とは

6.あかちゃん~小学生まで足測定でわかった。「足は成長するほど○○くなる」

7.ブランド靴の○○は、嘘だった。

8.子どもは風邪をひかないや健康に良いと言われていた○○○習慣その実態とは!?

9.なぜ、転びやすい子とそうでない子が育つのか?

10.運動神経は、遺伝でない理由

11.かけっこが○くには??

12.ベビーカー卒業は、○才から

13.三輪車ばかり乗っている子は、扁○足になりやすい理由

14.・・・・・・・・・・・・・

15.巻爪の原因は、足爪切り方だった。

16.・・・・・・・・・・・・・

17.・・・・・・・・・・・・・

18.・・・・・・・・・・・・・

19.・・・・・・・・・・・・・

20.大学院との共同研究で発見○○は、3才が勝負!

*編集者の権限で、内容変更がある場合はご了承ください。

*【ご注意】「フォーム」登録後、確認メールクリックされないと正式登録は完了していません。
*スマホの方は、childhealthcare.jpからの受信許可設定が必要です。

 

 
*最適年齢(赤ちゃん~6才)
*読者登録完了後、ダウンロード日が決まりましたら登録メールアドレスへお知らせします。 
*【ご注意】「登録フォーム」登録後、確認メールクリックされないと正式登録は完了していません。
*スマホの方は、childhealthcare.jpからの受信許可設定が必要です。
*「登録フォーム」は、文末にございます。

 

 
 

「出版キャンペーン登録者限定」

「本フォーム」に登録して、出版日から5日間の無料キャンペーン期間中にダウンロードしてください。


 
 
 
 
 

「無料ダウンロード者限定」

更に希望者には、
「出版記念」オンラインセミナー¥5,000
へも無料ご招待!!

・2022年3月1日(火)21:15~

・2022年3月8日(火)10:15~

*「出版記念」オンラインセミナー参加希望の名は、特設サイトへのお申込みが必要です。

 

 

 

 

こんにちは。
チャイルドヘルスケア協会代表しばちゃんです。

「たかが足、されど足」

足を制する者は人生を制すと言われるように、子どもの成長にとって足は大変重要な役割を果たしているのですが、体の一部でもあるため、当たり前過ぎて意識もしていなかったという人が今とっても増えています。

特に、昨今の便利で快適な世の中になって動きざかりの子どもまで立ってる時間より座っている時間のほうが好まれる用になってきました。

本来ならば徐々に増える体重を立ち歩き、走りながら支えるだけの強さを身につけてきた足が育たないまま体重が増えて急な動きによって足の本来の形や動きが出来なくなってしまっている子どもが増えています。

子どもの幸せは足元にある。

お子さんの足のことを知って、健康で明るく自身に満ちたお子さんにお育てください。


 
*最適年齢(赤ちゃん~6才)
*読者登録完了後、ダウンロード日が決まりましたら登録メールアドレスへお知らせします。
*【ご注意】「登録フォーム」登録後、確認メールクリックされないと正式登録は完了していません。
*スマホの方は、childhealthcare.jpからの受信許可設定が必要です。
*「登録フォーム」は、文末にございます。



お子さんの足を知った、ママからこんな声が届いています。

=ママが子どもの足を知ることで、お子さんはこう変われる=

「今まで歩くのが嫌いだった子が自分で歩くようになった」

「夜、いつまでも寝てくれなかった子がすぐ寝るようになった」

「食が細く心配していた子がモリモリ食べられるようになった」

「育つ目安がわかって助かった」

「子育てに自信が持てた」

「今まで何も心配ないと思っていたが大間違いだった」

「早く発見出来、夫婦揃って安心した」

「一日の使い方が上手になり、子どもの生活にメリハリがついた」

「クラスの先生から明るくなったと褒めてもらった」

「友達とよく遊ぶようになった」

・・・・・まだまだうれしい声をたくさんいただいています。

 

子どもの自己実現力をUPする
足読本5つのPoint

1.足が果たす役割がハッキリわかる

2.足育て家庭の癖がわかる

3.足育ちの目安がわかる

4.子どもに足をどれくらい使わせるべきかわかる

5.足遊びや足ケアがわかる

 

 

2022年は、お子さんの足元に注目してみてください。

きっと、大きな変化が起こると思います。

 

著者プロフィール

一般社団法人チャイルドヘルスケア協会
代表理事 柴田 ひでとし

2019年協会設立

ミッションは「子どもの成長に学ぶ大人を増やす。」

幼児20,000人以上の子ども達を中心に「育ちの見える化」をプログラム化し、幼児の成長促進事業、特に足から見る成長評価を保護者向けに可視化している。

幼稚園・保育園・子ども園など保育施設を中心に、「育ち測定」を実施して個別結果表や保護者・職員研修などで現代社会を生きる子どもに必要なことを 測定データを元にアドバイスを行っている。

 

著書「子どもの成長は足で決まる」 
運動と医学の出版社 

協会登録者:1000名以上
測定員・講師:20名
プログラム導入園:18園
保育協議会より調査受託
自治体より調査受託
大手企業より調査受託
国立大学大学院と共同研究
私立大学大学院と共同研究
保育雑誌・子ども白書にて掲載

 

現在、各県教育委員会・全国・各県私立幼稚園連盟・保育園協会・子ども園主催や子育て関連一般社団法人・子ども関連企業などから累計1500回講演依頼を受けている。

 

*登録フォームは、文末にございます。

 
*最適年齢(赤ちゃん~6才)
*読者登録完了後、ダウンロード日が決まりましたら登録メールアドレスへお知らせします。
*【ご注意】「フォーム」登録後、確認メールクリックされないと正式登録は完了していません。
*スマホの方は、childhealthcare.jpからの受信許可設定が必要です。
 
Facebookアカウントをお持ちの方
お名前
姓)
名)
メールアドレス
お住まいの地域
ご紹介者
解除停止はメールのリンクをクリックするだけでいつでも可能です。
 
 
 
 
Profile
Expert
一社)チャイルドヘルスケア協会 代表理事

一般社団法人チャイルドヘルスケア協会

Mission
子ども足測定を通して成長を可視化し”子どもの成長に学ぶ大人”を増やしています。
Senmon
チャイルドヘルスケア 子ども 足 足測定 講師養成 測定

・日本体育大学卒業後、40年以上家庭での子育てスキルアップ研究に取り組んでいます。


・過去2000人以上の母親が家庭でできる子どもの成長プログラムを受講、国体選手やインターハイ選手・インカレ3年連続優勝選手などを数多く誕生させた。

・中学高校体育教諭資格
・からだの要でもある子どもの足に注目し、国立大学後期博士課程で子どもの足はかせを目指す。


・こどもの成長見える化プログラム家庭版
・幼稚園・保育園・こども園版”HagProEdu®”を開発。 


チャイルドヘルスケア協会 「インスタグラム」で情報公開中!!
https://www.instagram.com/childhealthcareassociation/


・講演歴1500回以上、学会発表、自治体調査受託、大手企業調査受託 一般社団法人 チャイルドヘルスケア協会    2019年6月設立

理念:「子どもが健全に育つ社会を創造し輝く日本づくり」

ミッション:「子どもの成長に学ぶ大人を増やす」


・子どもの「成長見える化プログラム」ハグプロファミリー(HagProFamily®)・ハグプロエデュー(HagProEdu®)など、一般者向け・園施設向け「子どもの育ちを可視化」しながら育てる仕組みを提唱。

・「成長見える化」プログラムを活用した子育て講師や測定士を養成中!!


◇全国地域巡回子ども足測定会開催
◇幼稚園・保育園・こども園向け「園児足測定」会実施
◇子育てサークル・子育て支援センター・各種子育て関連協会コラボ測定会
◇全国どこからでも遠隔子ども足測定実施
◇自治体より全市内幼児・児童育ちの見える化事業 受託
◇保育協議会・団体より、加盟園幼児の育ち見える化事業 受託
◇産学官 子どもの成長見える化プロジェクト 受託
◇地域講演会・ミニ勉強会開催中


2021年 ママによる子ども足測定員約20名在籍中
(保育士・看護師・助産師・運動指導員・子育て関連インストラクター・ママ育パーソナルトレーナー・教員ctc)
    

2021年 「ママ足測定員養成コース」開催中



2022年2月15日 ついに2冊目出版予定  
「子どもの足読本」(仮称)
5日間「無料キャンペーン」予定 


===代表理事 柴田英俊===

著書「子どもの成長は足で決まる」 -運動と医学の出版ー

Clubhouse 柴田 英俊 @shibachan55  
毎週土曜日AM7:30 しばちゃんcafe にて、子育てアイディアを提供!!

「インスタグラム」で情報公開中!!
https://www.instagram.com/childhealthcareassociation/






日本体育大学在学中、「有名スポーツ選手の子育て法」を研究し、両親の子育てスキルの有無や幼児期の育て方に大きな鍵を発見。


海外11か国を訪問、幼児期の育て方リサーチ。


幼稚園・保育園と提携し母親教室「子育てビジョンマップによるわが子の育て方講座」大脳生理学による子どもの発育発達に沿った子育て計画を作成。
 (200中/40名以上国立大学・経営者・スポーツ特待生となり活躍中!)


子育て通販”家庭でもできる「子どもの身長を高くする方法」”わが子の体格を伸ばしてあげたい!そんなご家族向けのサービス。毎月一回通信がお手元へ
 (2019.8月時点累計30798人が利用中)


子どもの将来の身長をズバリ予測「身長予測診断プログラム開発」わが子の体格の将来像が見え、日々の生活習慣の安定に役立っている。現在2333人が活用中


■子どもの成長のカギは「幼少期の足」にありという結論を得て、幼児の足測定を2009年に開始。2019年8月に累計2万人に達し、有望人材の発掘に貢献している。



数々の実績をもとに、幼児が健全に育つ社会はきっと素晴らしい社会になる。その想いを実現するために2019年6月に一般社団法人チャイルドヘルスケア協会を設立。
全国各地に指導者を養成し 日本の子育て文化に革命を起こし輝く日本をつくります。





◇九州山口ベンチャー企業選出
◇登録自治体支援企業選出

2020年 久留米大学・九州大学・日本体育大学野井研究室(コロナ調査協力)
2021年3月現在、九州大学大学院博士課程中退
・久留米大学スポーツ健康医学部との共同研究中
・九州大学大学院理工学部子どもも足AI分析
・九州工業大学大学院生命体工学研究科技術提供


子育てに科学的検知を応用、普段見えない子どもの内面に迫る。


講演依頼先:各県幼稚園・保育園・子ども園・保育士会・教育委員会
      保育関連全国大会・学会など

講演依頼回数:1500回以上


公益財団法人日本健康・栄養食品協会 食品保健指導士
こども環境学会・日本成長学会・日本発育発達学会・
日本幼少年児健康教育学会・日本保育学会 会員

B_facebook
B_homepage
特定商取引法に基づく表記
イベントカレンダー
Copyright (c) 2010-2022 Cloudlink, Inc. All Rights Reserved. 08
Powered by reservestock