Top_7
Top_5
Top_6
Logo_s
  Menu_1sesson_no Menu_2event Menu_3contents Menu_4shop_no Menu_4contact Menu_5voice
 
 
1437_ntu5mtawyjmzymfhn

細川健の公式メルマガ

(読者数 27 名)

税理士の細川 健(ほそかわ たけし)です。
税理士と税理士を目指す方に役に立つ租税法実務情報を提供します。
・「理論と実務の融合(Integration of Theory & Practice )」
・「実際的な解決策の提供(Providing Practical Solution)」
私は、この2つを理念として掲げ、これまで仕事をしてきました。
そして、現在、租税法実務オンラインコースの準備を進めています。
 
 
細川健の公式メルマガと租税法実務オンラインコースは私の人生の集大成と言えます。税理士で自分のスキルを磨きたいと思っている方、税理士を目指している方、これから税理士を目指したいと思っている方に、私のこれまで私が蓄積した知識と経験をかみ砕いて、分かりやすく提供します。
税理士としてのスキルを磨きませんか?
修士論文を書いて税理士を目指しませんか?
税理士事務所の未来のために
生きた租税法実務情報を提供

税理士の方と税理士を目指す方に、このメルマガを用いて生きた租税法実務情報をお届けします。
登録者には、可能な限り、細川健の作成した資料や論文を提供したいと思います。そして、内容をかみ砕いて、分かりやすくまとめたもの細川健の公式メルマガを通じて提供していきます。

役に立つ、生きた、分かりやすい租税法実務情報を提供
細川健は、租税実務オンラインコースの準備を進めています。
教材作成の過程では、論点(議論のポイント)の整理が必要になります。
論点整理をしていて、有益な租税法実務情報を、分かりやすく、かみ砕いて伝えること重要性に気が付きました。
20数年も税理士をやっていて、大切なことに、ようやく気が付いたのです。
ブログも始めました。フォローをお願いします。
 
1)租税法修士論文講座は、細川健著『租税法修士論文の書き方』をベースにします。
2)租税法実務理論講座は、金子宏著『租税法』と増井良啓『租税法入門』をベースにします。
3)国際税務実務講座は、増井良啓=宮崎裕子『国際租税法』をベースにします。
4)租税法事例研究講座の題材は、いずれも著名な判例を、話題の最新判決を含めて取り上げます。そしてその中には、細川健税理士事務所が直接実際に携わった内容も、当然、含んでいます。


このメルマガで配信してる内容
  • 1 租税法の生きた実務情報
  • 2 国際税務の生きた実務情報
  • 3 研究計画書、序論の書き方等の租税法修士論文情報
  • 4 意見書の書き方等税理士として差別化を図るための租税法実務情報の提供
学術は長く、人生は短し(Ars Longa, Vita Brevis.)
細川健の公式メルマガと租税法実務オンラインコースは私の人生の集大成です。
ぜひ登録して頂いて、一緒に租税法実務を学んでいきましょう。
Facebookアカウントをお持ちの方
お名前
姓)
正しい苗字を漢字で記入して頂くことにより、匿名や偽名による無用なトラブルが避けられます
名)
正しい名前を漢字で記入して頂くことにより、匿名や偽名による無用なトラブルが避けられます
メールアドレス
ご紹介者
解除停止はメールのリンクをクリックするだけでいつでも可能です。
 
 
 
 
Profile
Professional
東京国際大学大学院特任教授/ 税理士

細川 健

Mission
税理士の方と税理士志望者の方に租税法の体系的な知識と役に立つ情報を提供
Senmon
外資系税理士 国際税務 修士論文 租税法 研究計画書

1996年4月23日税理士登録
登録番号:82574
住所:〒135-0016  東京都江東区東陽2丁目3番6号101室
電話:090-8309-9987
連絡先:taxmania55@gmail.com
HP: https://taxmania55.com/ <自己紹介>
私、細川健は大学卒業後、1981年から15年間、東京国税局に法人税と相続税担当の国税調査官として勤務した後、1996年に税理士資格を得て税理士登録をしました。外国法事務弁護士事務所顧問税理士として外資系企業の国際税務アドバイザーを4年半務め、外資系金融機関のタックス・マネージャーとして2年間勤務後、2001年から6年間、国立大学准教授(租税法担当)として勤務しました。その間、2001年の45日間インド現地調査を始めとして、研究者として租税法研究に専念しました。そして、2011年から3年間は国税不服審判所に国税審判官として勤務し、2014年以降は外資系企業の国際税務アドバイザーとして働く一方、週末はレック会計大学院と東京国際大学大学院で租税法修士論文の作成指導、租税法国際租税法及び租税法事例研究等の講義を租税法担当特任教授として講義してきました。趣味は映画とプロレス、奥さんは洋子先生、飼い猫はタックスです。最近、租税法実務オンラインスクールの開校準備を進めています。

https://school.taxlaw55.com/

<細川健税理士事務所の強みと経営理念>
細川健税理士事務所は、日印租税条約関係の分析等の外資系企業向けの国際税務実務に特化した税理士事務所であると同時に、税理士志望者に対して租税法修士論文の作成指導に取り組んできました。経営理念としては「実務と理論の融合」(Integration of Practice & Theory)と「実際的な解決策の提示」(Providing Practical Solution)を掲げ、顧客の税務相談に真剣に取り組んできました。そして、実務で未解決な租税法上の問題を中心に、解決策を租税法論文の形式で提示し、租税法専門誌に継続的に発表(年間2〜3本)することにより、現在までに80本を超える租税法論文を作成済みです。国際税務以外にも法人税法第22条第2項の無償取引、交際費課税制度、寄附金課税、競馬所得の所得分類及び重加算税の課税要件等の他の税理士事務所が関与しない特殊問題に特化し、租税法の深い知識と長い税務経験に裏打ちされた実際的な解決策を提示できるのが細川健税理士事務所の大きな強みです。

B_facebook
B_ameba
B_twitter
B_homepage
https://analytics.google.com/analytics/web/#/report-home/a173489843w240838810p224731563
イベントカレンダー
Copyright (c) 2010-2021 Cloudlink, Inc. All Rights Reserved. 08
Powered by reservestock