Top_7
Top_5
Top_6
Logo_s
Tzuh_vzf
  Menu_1sesson Menu_2event Menu_3contents Menu_4shop_no Menu_4contact Menu_5conclusion
 
 

天野 遥 ステップメール

  • 「食べる事が苦痛」だった私が「食」と向き合うことになった原点は・・・
  • スポーツが苦手だった私が10代のスポーツ経験で得たこと。前編
  • スポーツが苦手だった私が10代のスポーツ経験で得たこと。後編
  • それでも人は温かい
  • 故郷のはずなのに、外国の様な場所
  • 孤独の中でも行動し続ける
  • 充実した生活の裏で荒れ果てる生活
  • キャリアと家庭の葛藤の中で
Facebookアカウントをお持ちの方
お名前
姓)
名)
メールアドレス
ご紹介者
解除停止はメールのリンクをクリックするだけでいつでも可能です。
このメルマガはリザーブストック 無料利用版 を使っています。
リザーブストックは天野 遥様よりご招待いただくことで無料でご利用いただけます。(有料版有り) ご利用希望の方はapple.cinnamon.amano@reservestock.jp宛てに利用希望の旨ご連絡ください。
 
 
 
 
Profile
「いのち」の輝きを引き出し、循環させる管理栄養士

天野 遥

Mission
日々の食と暮らしで女性が一生心地よく、自分らしく生きられる地球をつくる
Senmon
栄養食事指導 ヨガ

管理栄養士
産前産後ヨガ講師(RPYT-85修了)
一般社団法人母子栄養協会認定妊産婦食アドバイザー
初めまして、管理栄養士の天野遥です。
私のプロフィール、メルマガにご興味を持っていただき、ありがとうございます。

私は幼少期には食が細く、栄養の偏りから様々な体のトラブルを抱えました。
また、感受性が豊かであったためか、競技スポーツに励んだ思春期には摂食障害も経験。

「楽しく、美味しく食事ができる事は当たり前ではない。心身に病気を抱える人にも食べる喜びを伝えたい」

これが、私が管理栄養士を志す根底となった想いでした。

管理栄養士養成校である大学を卒業し管理栄養士免許取得後、希望していた総合病院に入職しました。
日々の仕事にやりがいを感じつつも、競争社会や頑張っても頑張ってもゴールの無い目標の中で、次第に自分を追い込む様になりました。

当時の私の食生活は忙しさを言い訳に、荒れに荒れていました。しかし、元々運動経験があり、体力・気力がある方だったので、幼少期や思春期の経験も忘れ、「私は大丈夫!」と自分を過信していました。

そんな私の考えを一変させたのが、結婚後に経験した流産や原因不明の不妊です。
「自分の心や体の声を無視して自分自身をないがしろにした結果なんだ・・・」
直感でそう感じました。

その後、東洋医学の観点等も取り入れながら、口から食べる事で自分自身を作る食べ物に関して「なぜこれを選ぶのか」「今自分に必要な食べ物は何か」を考えるようになりました。

そして現在、食べ物の選択を通じて全ての人が健やかに自分らしく生きられる様、個別食事相談の他、つい自分をないがしろにしがちな女性や産前産後の女性に向けたサポートを行っています。


あなたの食生活が、主体性にあふれ、彩り豊かでありますように。

B_ameba
イベントカレンダー
Copyright (c) 2010-2021 Cloudlink, Inc. All Rights Reserved. 06
Powered by reservestock