Top_7
Top_5
Top_6
Logo_s
  Menu_1sesson_no Menu_2event Menu_3contents Menu_4shop_no Menu_4contact Menu_5voice
 
 
34075_zgvjnmnlndmzymq4o

はるかふる公式メルマガ

こんにちは。
埼玉県在住のはるかふる はるかです。
ぎりぎり昭和生まれの30代、一児の母です。
 
2021年春、
12年間勤めた会社を退職して
専業主婦になりました。
 
好きなことは、
着物、ゴスペル、ベース、コーヒー、文章、明るいおしゃべり。
 
着物のコーディネートを考えたり、
母や叔母のおさがりの着物に思いを馳せたり。
歌では長年ソプラノとたまにソロ。
音楽で、新たな役割を担ってみたくて、習い始めた憧れのベース。
コーヒーを飲んでほっとしたり、
もくもくと文章を書いてみたり。
 
はたまた、毎日の夕飯づくりに
「これを入れれば美味しくて栄養価アーップ!」
とひとり燃え上がる、健気なプチ健康オタク
 
日常生活で浮かぶ色んな思い。
家族や身近な友人には伝えきれないことも。
そんな思いを、思いきり表現できる場として、
「はるか(わたしの名前)+ふる(full)=harukafull」という
ブログ、メールマガジンを設立しました。
 
 
好きなことを発信すると
毎日は勝手に楽しい。
2020年5月、
約3年の育児休業から会社員復帰。
2歳半になった娘を保育園に預けて、
短時間勤務で15時まで勤務。
福利厚生の行き届いた大企業の正社員として、
営業、経営企画、物流、バイヤーなど
様々な職種を経験させていただきました。
2,000人の社員が読む取締役会の議事録を
ひとりで作成したり、
200人のマネージャーが集う全国所長会議の
企画・運営を務めたり、
重役の方と「密に」関わっておしゃべりしたり、
プレッシャーもありながらも、
世の中的には恵まれた待遇を受けてきました。
それなのに、会社の仕事自体に
「どうしてもやりたい!」という”熱量”がない。
あれ~、わたし、着物やら音楽やら、
あ~んなに心を燃やせる大好きなことがあるのに…

(☆2年前のサークルのライブ。真剣です。)
そんな毎日の中、
ふとしたきっかけではじめたブログ。
通勤電車でスマホのメモ帳に書き始めました。
わたしの中にいつの間にか封印していた
好きなことや、
普段話題に出さないような
「どーーでもいい」こだわりや喜びを書き連ねていくと、
私の毎日は、勝手にわくわく・楽しいものになってきました。
幸せの自家発電!
ブログを書くことで、
わたしが大切にしていることが少し明確になり、
自分自身の思いや感覚、考えが、
「尊いものだ」
と、思うようになりました。
人様の評価には関係のない新しい世界です。
そのプロセスは、
「お、これ、ブログのネタになる!」
と日々の出来事や昔話を思い出して、
スマホのメモ帳にタイトルを書き溜め、
電車や自宅で本文を更新するという
なんとも自己完結的ではありますが、
コスパ抜群かつクリエイティブなものです。
それに共鳴してくれたお友達から、
コメントをいただけることもあります。
そのやり取りもまた至福。
誰かに媚びようとせず、
そっと自分の思いを世の中に出してみる。
世の中とわたしは、
どちらが上でも下でもなく、
ニュートラルに対等なのです。多分。
すると、
それに共鳴した方から反応がいただけることも。
私の投稿を読んでくださる方との交流は、
ゆるいつながりではあるけれど、
パーソナルな部分を共有しているからこその
不思議な安心感があるのです。

 
「わたっしは~ドキンちゃ~ん♪」
でも大丈夫。
そして、2021年2月。
12年間お勤めした会社を退職。
「女も外で働いて社会に貢献すべき」
という54歳の定年まで自衛官だった”母の価値観”を脱ぎ捨て
「独立したての年上の夫が頑張っているんだから、
 わたしも好きじゃない仕事を我慢しなくちゃ」
という”夫婦の我慢合戦”の舞台から飛び降りました
約30年、肩に担いでいた
”ひとさま”・”世間さま”の価値観をどっさりおろし
「わたしはどうありたい?」
という問いを自分に投げかけました。
すると
「家族や大切なお友達との時間を大切にして、
 心燃えることにエネルギーを注ぎたい」
明確なゴールは見えないけれど、
ずーっと胸の中にあった思いが出てきました。
そしてパートナーである夫に伝えました。
「わたしは生活費のために働きません。
 家族との時間・音楽など、
 心から欲すること、
 好きなことだけして生きます。
 この先、仕事でお金をいただいても、
 それは生活のためではなく、
 わたし及び家族を含めた大切な人たちの
 健康で文化的な喜び・楽しみのために使います。
 生活費はよろしくお願いします。」
なんと正直な望み…!
現時点での正直な思いを夫に伝えると、
夫からの反応は
「わかった…ドキンちゃんみたいだな…!」
ということで、
ドキンちゃん的な生き方が
うっかり始まったのでした。
以前のわたしならきっと否定していた
自分の望みに正直なドキンちゃん的主張。
そんなの世間が・人が許すはずないじゃない。
でも大丈夫でした。
というか、
むしろ、ドキンちゃんのように、
「わたしはわたしの生きたい生き方をする!」
と決め、
自分の望みをパートナーにしっかり伝えたら、
パートナーは、わたしの望みを叶えようと、
仕事に、家事に育児に、
以前にも増して、
一生懸命取り組んでくれています。
言葉には出さなくとも、
わたしの生き方を
「応援」してもらっていると感じます。
そして、わたしも、夫のために
せっせと夕飯を作りたいと思います。
わたし自身、
このメカニズムは意味が分かりませんが、
女性が決めて元気に生きる。
それに付随した望みを伝えたら、
その望みを叶えるように、
行動してお返ししてくれるのが
男性という生き物なようです。
令和の時代を迎え、
「やりたくないことを我慢して生きる」時代から、
やりたいことを楽しんで生きる」時代に、
風向きが変わったようです。
そのため、
やりたいことを楽しんで生きている人」のほうに、
人もご縁もお金までも集まるようです。
正当に萌え狂っていれば、
やりたいことを選択して生きられるとは
なんとラッキーなのだろうと思います。

(☆お絵描き遊びで書いたドキンちゃんが大活躍)
わたしは
「尊い!」を探している。
着物にゴスペル、ベース、文章、エクササイズ…
それに関わる方々との、
楽しくて愛おしいおしゃべりや
非言語のコミュニケーション。
私の好きなことはいっぱいあるけれど
何がしたいんだろう?
現時点で、それらをゆるーくまとめるキーワードは
「尊い!」でした。
「尊い!」ことは、
特別なところにあるのではなくて、
日常に潜み、突然現れます(笑)
叔母からプレゼントされた帯の文様は、
魔除けの意味の「鱗」。
言葉にはしなくても、
わたしに伝わる思いは
「尊い!」以外の何物でもありません。
ママゴスペルサークルに集う仲間。
わたしには出せない音域を
「どーん」と出す仲間。
わたしの苦手分野の、
ライブ会場の確保や機材のセッティング。
わたしにはできないことを、
軽やか~に補ってくれる仲間の存在
誰が何と言おうと
「尊い!」のです。
わたしの感性で感じた「尊い!」
文章や声にして伝える活動は、
それまた「尊い!」のです。
わたしは、見つかり続ける
「尊い!」人・もの・ことを
わたしの言葉で表現していきたいと思います。

もし、それに共鳴して、
みなさんの日常にも
「尊い!」感動が次々とあらわれるのなら
それはとっても嬉しい
「尊い!」の連鎖です♡
わたしの思う
「尊い!」をお届けします。
このメルマガに登録すると、
熱量高く、
「尊い!」を見つけて萌え狂う
主婦のお話が届きます。
ブログの内容よりも
もっと個人的なお話もお届けしています。
★ご感想はメルマガの返信にてお待ちしております★
(ひとり喜び、風呂場でミュージカル”レント”より”Seasons of love"を熱唱します。)
※メルマガの登録・解除も、簡単・無料です※
★↑こけしがいっぱいの半襟サイズの布。見るだけで幸せ。
このメルマガで配信している内容
  • 1 「尊い!」の源泉熱量高めなライフワーク(着物、音楽など)
  • 2 「尊い!」の土台乗り越えてきたこと・学んでいること
  • 3 「尊い!」ハンター細かすぎて伝わるか謎な日々の楽しみのこと
「はるかふる」の世界観に触れていただくことで、
みなさまの感性が「ふる(full)」充電されて、
いろんな場所で・いろんな方法で
溢れることをお祈りしています。

  • 新しいボイトレを始めて気づいたこと(NY vs ハリウッド)
  • 幸せはレーダーチャートで表せない。
  • ギャルの先輩から学んだこと
  • 色々あって…からのバカンス②
  • 色々あって…からのバカンス①
  • 露天風呂のゴミをすくうような…
  • 7月・旅をして感じたこと②
  • 7月・旅をして感じたこと①
  • 2021下期のスタート!浄化の涙?
  • ドキンモードを全開にしたら起こったこと。
Facebookアカウントをお持ちの方
お名前
姓)
名)
メールアドレス
ご紹介者
解除停止はメールのリンクをクリックするだけでいつでも可能です。
このメルマガはリザーブストック 無料利用版 を使っています。
リザーブストックははるかふる はるか様よりご招待いただくことで無料でご利用いただけます。(有料版有り) ご利用希望の方はharukafull@reservestock.jp宛てに利用希望の旨ご連絡ください。
 
 
 
 
Profile
コツコツ進む主婦シンガー兼ベーシスト

はるかふる はるか

Mission
わたしの「こうなりたい」に素直にコツコツ。「尊い!」の溢れる世界で生きる。
Senmon
歌 ベース 着物 主婦 尊い

教員免許(高校英語) 埼玉県在住のはるかふる はるかです。
ぎりぎり昭和生まれの30代、一児の母です。

2021年春、
12年間勤めた会社を退職して
主婦になりました。

好きなことは、
着物、ゴスペル、ベース、コーヒー、文章、明るいおしゃべり。

着物のコーディネートを考えたり、
母や叔母のおさがりの着物に思いを馳せたり。

歌では長年ソプラノとたまにソロ。
音楽で、新たな役割を担ってみたくて、
習い始めた憧れのベース。

コーヒーを飲んでほっとしたり、
もくもくと文章を書いてみたり。

はたまた、毎日の夕飯づくりに
「これを入れれば美味しくて栄養価アーップ!」
とひとり燃え上がる、
健気なプチ健康オタク。

日常生活で浮かぶ色んな思い。
家族や身近な友人には伝えきれないことも。
そんな思いを、思いきり表現できる場として、
「はるか(わたしの名前)+ふる(full)=harukafull」
というブログ、メールマガジンを設立しました。

わたしの好きなあれこれ、
現時点で、それらをゆるーくまとめるキーワードは
「尊い!」でした。

わたしは「尊い!」と感じる小さな感動を探して、
それを表現したくてうずうずしているのだと思います。

「尊い!」ことは、
特別なところにあるのではなくて、
日常に潜み、突然現れます。

例えば、
叔母からプレゼントされた帯の文様は、
魔除けの意味の「鱗(うろこ)」。
言葉にはしなくても、
わたしに伝わる思いは
「尊い!」以外の何物でもありません。

ママゴスペルサークルに集う仲間。
わたしには出せない音域を
「どーん」と出す仲間。
わたしの苦手分野の、
ライブ会場の確保や機材のセッティング。
わたしにはできないことを、
軽やか~に補ってくれる仲間の存在は
誰が何と言おうと
「尊い!」のです。

わたしの感性で感じた「尊い!」を
文章や声にして伝える活動は、
それまた「尊い!」のです。

わたしは、見つかり続ける
「尊い!」人・もの・ことを
わたしの言葉で表現していきたいと思います。

もし、それに共鳴して、
みなさんの日常にも
「尊い!」感動が次々とあらわれるのなら
それはとっても嬉しい
「尊い!」の連鎖です♡

B_facebook
B_twitter
B_homepage
イベントカレンダー
Copyright (c) 2010-2021 Cloudlink, Inc. All Rights Reserved. 08
Powered by reservestock