Top_7
Top_5
Top_6
Logo_s
  Menu_1sesson Menu_2event Menu_3contents Menu_4shop Menu_4contact Menu_5voice
 
 
18_yti4nzlhotkyotq0y

「オンライン診療について
理解する」5日間メール講座

 
オンライン診療の
効果を最大化
するために
知っておいてほしい概念
についてお伝えする
5回シリーズの
無料メール講座
です
以下の注意点をよく読んで登録して下さい!!


登録は以下の3つのステップで
とってもカンタンです!
①以下のフォームに「お名前」と「メールアドレス」をご入力ください。
②読者登録したら確認のメールが届きます(届かない場合は迷惑メールフォルダをチェック)
③メール内の登録完了リンクをクリックしてください。
以上の3ステップで登録完了です。
◎より確実にメールを受け取るために
ガラケーやdocomo, ezweb, softbankなど携帯会社のメールアドレスや、
mac.com/ icloud.com/ me.comなどのメールアドレスでは受信ができません。
◎比較的届きやすいGmailやYahoo!メールでのご登録をおすすめします。
◎100%メールを受信したい場合は
以下のリンクから専用アプリを、メール講座登録後にインストールしてください。
◎専用アプリのダウンロードはこちら
https://smart.reservestock.jp/menu/application_install_page
◎メールが届かない場合は、別のメールアドレスを利用の上で再度登録をお願いします。
オンライン診療は
病院医療の延長ではありません!

感染のリスクを下げる「新しい生活様式」を行うよう求められる中、
従来のように病院や診療所で診てもらう対面診療とは全く違った「オンライン診療」が注目を集めています。

オンライン診療はパソコンやタブレット、スマートフォンのビデオ通話機能を用いて行う新しいタイプの診療形式です。直接的な接触がないので感染のリスクはありませんし、予約した時間にビデオ電話がかかって診療を行うので待ち時間がありませんし、お薬はご自宅に直接郵送されるのでとても便利です。

一方で、医師に触ってもらえない、血液検査やレントゲン検査を行うことができない、直接会わずにどこまでのことがわかってもらえるのかわからない、など・・・。どうしても病院で直接対面して診てもらう診療と比べて、不十分になるという印象が否めないかもしれません。

しかし、オンライン診療という仕組みの捉え方を変えることによって、
オンライン診療はあなたにとって大きな頼れる存在へと様変わりするのです。

このメール講座では5回シリーズで従来型医療とオンライン資料の知っておくべき違いについて解説していきます。講座を受け終わった時にあなたはオンライン診療を心底理解して、あなたの健康管理に役立てる安心材料となっていることに気づくはずです。

 
現代医療の不足を補う
オンライン診療
次のような疑問を感じたことがある方は是非このメール講座に登録して下さい

・症状があって病院に受診したのに「検査では異常がないです」「年のせいですね」と言われただけだった。
・病気のことについて色々と質問したいのに、いつも先生が忙しそうであまり十分に話を聞くことができない。
・長いこと病院に通院して治療を受けているけれど、同じ薬を処方してもらうだけで一向によくなる気配がない。
・自分が希望する治療について相談するが、主治医の先生が「それはダメだ」といってまともに取り合ってくれない。
・気づけば処方してもらっている薬がとても多くなってしまっていて、減らしてもらいたいがなかなかうまく相談できない
・自分で何か病気をよくするための行動を起こしたいけれど、何をどうやってはじめたらいいのかわからない。

これらの問題が当てはまる人にとって、オンライン診療は具体的な解決策を提示してくれる可能性があります。
是非ともオンライン診療について理解を深めてもらいたいと思います。

このメール講座に登録するメリット
  • 1 オンライン診療について詳しく知ることができる
  • 2 オンライン診療をどのように活用すべきか理解することができる
  • 3 従来医療とオンライン診療の違いを明確に理解することができる
  • 4 オンライン診療を利用するための具体的な方法を知ることができる
本メール講座の内容


1日目:対面診療とオンライン診療は守備範囲が全く違う
2日目:オンライン診療の目的は病名をつけることではなく、「状態を整える」こと
3日目:オンライン診療は急な問題よりも、長年抱える問題にじっくりと対応することができる
4日目:オンライン診療とは定期的な通院ではなく、「主体的な健康管理」
5日目:オンライン診療を利用するための具体的な方法について



私はオンライン診療を専門にするクリニックを立ち上げた医師です。
なぜそんなことをしようと思ったかという背景には、医療の選択肢を増やしたいという気持ちがありました。
薄々感じられている方もいらっしゃるかもしれませんが、現代医療には明らかな限界があります。
その最たるものが延々と続く定期的な通院です。
もしも医療の役割が病気を治すことであるのならば、病院への通院を卒業できなければおかしいはずですが、実際にはほとんどの患者さんが延々と病院への通院を続けています。
これが今の医療に限界があることの何よりの証拠だと私は思います。
私はオンライン診療の診療経験を積み重ねていくにつれ、この新しい医療には今の医療の限界を乗り越える潜在能力があるように感じられたのです。
そのことを確かめるためには、多くの方々にオンライン診療の概念について正しく知ってもらう必要があると思います。
是非とも私の5回に渡るメール講座を受け取って頂ければ幸いです。

医者が病気を治す医療から


患者が病気を治すのを医者が手伝うへのパラダイムシフト

 

ご登録を心よりお待ち申し上げます!

  • 1日目:「対面診療とオンライン診療は守備範囲が全く違う」
  • 2日目:「オンライン診療の目的は病名をつけることではなく、”状態を整える”こと」
  • 3日目:「オンライン診療は急な問題よりも、長年抱える問題にじっくりと対応することができる」
  • 4日目:「オンライン診療とは定期的な通院ではなく、『主体的な健康管理』」
  • 5日目:「オンライン診療を利用するための具体的な方法について」
Facebookアカウントをお持ちの方
お名前
姓)
名)
メールアドレス
ご紹介者
解除停止はメールのリンクをクリックするだけでいつでも可能です。
感想、応援メッセージでシェアにご協力ください
投稿にはfacebookにログインしている必要があります。
 
 
 
 
Profile
Professional
オンライン診療医

田頭秀悟

Mission
一人でも多くの患者さんを病気から卒業させたい
Senmon
オンライン診療 糖質制限 漢方 ホメオパシー 減薬

保有資格
日本東洋医学会専門医
日本医師会認定産業医
日本ホメオパシー医学会認定医
日本神経学会神経内科専門医
英検準1級
柔道初段

「たがしゅうオンラインクリニック」院長

オンライン診療特化型完全自由診療クリニックを運営しています。

西洋医学の枠に捉われず、東洋医学は勿論、ホメオパシー、アロマテラピー、サプリメントなどの代替医療も駆使して患者さんの健康管理を遠方からサポートする医師です。

理念は「『医者が患者を治す』から『患者が病気を治すの医者が手伝う』」
根本的治療を施すことができる唯一の存在である患者本人が病気を克服するのを支える「主体的医療」の普及を目指しています。

ブログ、ツイッター、YouTube、メルマガ、Noteなど様々な媒体で患者自らが病気を治すために役立つ知識について情報発信中!

  tagashuu600
B_facebook
B_twitter
B_homepage
特定商取引法に基づく表記
Copyright (c) 2010-2021 Cloudlink, Inc. All Rights Reserved. 08
Powered by reservestock