Top_7
Top_5
Top_6
Logo_s
  Menu_1sesson Menu_2event Menu_3contents Menu_4shop Menu_4contact Menu_5voice
 
 
27404_mdixmtrizdiwodcxn

食を読む
〜食から広がる世界を知ろう〜

 

食の未来、未来の社会はどう変わっていくのでしょうか?

私たちが毎日口にする食。

2050年には世界の人口が90億に達すると言われる中、

食料は足りるの?
肉食が環境破壊の大きな原因の一つ
海が汚染されている
北極の氷が溶け続けている
砂漠化が進行している
食べものが無駄に捨てられている
遺伝子操作された食べものは安全?
熱帯雨林が伐採されているというけれど大丈夫?

など、たくさんの問題が指摘されています。

 

すぐに何かができなくても、まずは知ることからスタートしたい!

 

私たちの多くは、そうしたことに関連する技術の専門家ではありません。

「そんな問題があるなんて、これからどうなるんだろう?」
と思っても、「どうせ何もできない」と、思考停止に陥りがち。
 
でも、不安な気持ちや、もし何かできるなら何かしたい!
そんな想いはきっとみんな持っているはず。

であれば、まずはどんな問題があるかを、
一人でも多くの人が認識することが大事なのでは?
と思うのです。

そうしたことについて、ともに語れる場があれば、
そこからまた興味が広がり、調べてみる人も出てくるでしょう。

解決への糸口を見つけ、チャレンジする人も出てくるかもしれません。

そのスタートは、繰り返しになりますが、知ること。

 

一緒に本を読みませんか?

 


現場に出向くことは簡単ではありませんが、
本を読むことなら家にいてもできます。

私は、サステナブル料理研究家として、
米粉や乾物などのレシピを発表する他に、

Read for Action認定のリーディングファシリテーターとして
読書会を開催しています。

このメルマガでは、
食について考え、
食を通して社会をみるための本を中心にご紹介していきます。

ぜひ、ご登録いただき、
一緒に食や、私たちの未来について考えてみませんか?

食について、環境について、未来の社会について、
ぜひ、一緒に知り、一緒に考えてみませんか?
  • 【食を読む】食に関する本の情報をお届けしますね
  • 【食を読む】「アノスミア」匂いのない世界ってどんなもの?
  • 【食を読む】「チョコレートの真実」アフリカにはカカオの木はなかった〜
  • 【食を読む】「体にいい食べ物はなぜコロコロと変わるのか」
  • 【食を読む】「日本の漁業が崩壊する本当の理由」
  • 【食を読む】「田舎のパン屋が見つけた『腐る経済』」
  • 【食を読む】「CLEAN MEAT 培養肉が世界を変える」
  • 【食を読む】「捨てられる食べものたち〜食品ロス問題がわかる本〜」
Facebookアカウントをお持ちの方
お名前
姓) Must
名) Must
メールアドレス Must
お住まいの地域
ご紹介者
解除停止はメールのリンクをクリックするだけでいつでも可能です。
感想、応援メッセージでシェアにご協力ください
投稿にはfacebookにログインしている必要があります。
 
 
 
 
Profile
Professional
サステナブル料理研究家/未来を創る料理教室クリエイ..

サカイ優佳子

Mission
美味しく楽しく食べ続けていける未来を創る
Senmon
料理研究家 乾物 料理教室 料理教室コンサル レシピ開発

食育、米粉料理、乾物活用法などに関する書籍多数。
近著に「超簡単!ドライマンゴーをヨーグルトでもどすだけ」(主婦の友社)。
乾物関連の書籍総発行部数は8万部ごえ。
「あさイチ」「ごごナマ」「世界不思議発見」などメディア出演多数。
乾物を使ったカレーを食べることを内モンゴルの緑化に繋げる「乾物カレーの日」で
2018年第13回ロハスデザイン大賞コト部門大賞受賞。
国際セルフコーチング協会セルコーチングメソッド認定講師講座修了。 <こんな想いでこの仕事をしています>
東大法学部卒業後、外資系金融機関等に勤務するが、娘が生後4ヶ月で重度のアトピーを発症し、長期母乳育児と食餌療法のため専業主婦に。

旅行好きで世界を食べ歩いた経験、娘と二人で海外ホームステイしながら各地の家庭料理を学んだ体験から、食のバックグラウンドなしから料理教室をスタート。多くの受講生を得て、全国各地で講座を開催することに。

2019年「食べることを通じて未来の社会は変えられる」、「何歳からでも挑戦できる」という2つの信念のもと、料理を教える女性を育てたいと、未来を変える料理教室クリエイト塾を立ち上げる。

料理を作ることで食について考える機会が増えるはずという思いから、料理を作る人を増やす活動を続けている。

B_facebook
B_ameba
B_twitter
B_homepage
特定商取引法に基づく表記
©️サカイ優佳子
Powered by reservestock