Top_7
Top_5
Top_6
Logo_s
  Menu_1sesson Menu_2event Menu_3contents Menu_4shop_no Menu_4contact Menu_5voice
 
 
32141_odq5n2y0ywzjmzu1n

片付けられない子供には、発達障害の診断がなされている子供やグレーゾーンといわれる子供も多いです。

 

例えば


☑片付けている途中で他のことが気になって手が止まる
☑どこに何があるか分からなくなることが多い
☑モノをなくす、忘れ物が多いなどで困っている


など、片付けに関する特性があるからこその困り事多いのではないでしょうか。

 

確かに特性がある子供が、片付けに対するハードルを高く感じることは多いです。

それに雑誌やSNSなどで見るような収納に片付けるのは難しいかもしれません。

でも、その子供に合った収納にしたり、関わり方を変えたりするだけで片付けられるようになった子供はたくさんいます。

 

大切なのは「子供が片付けの何に困っているか?」を知ることです。

そしてその子供が困っていることに対する支援の方法が分かれば、子供の片付けに対するハードルが下がり、片付けられるようになっていきます。

 


☑子供が片付けのどこで困っているかが分かるようになる
☑子供の困り事に対する支援の方法が分かるようになる
☑子供に合った支援ができると、子供が片付けられるようになる
☑片付けができるようになると、自分のことが自分でできるようになっていく
☑子供が大きくなったときに、自分で生活できるようになるための基礎ができる

 

子供が片付けられるようになるためには子供に必要な支援を理解して、習慣になるように繰り返すことが必要になってきます。

 

一度片付けたからといって、二度と散らからないようにするのは難しいことですが、散らかっても元に戻すことができれば片付いた環境は維持することができますのでね。

 

最初は難しいと感じるかもしれません。

でも、最初から100%を目指すのではなく、ひとつひとつ小さなステップを積み重ねるようにしていけば大丈夫です。

 

子供が何に困っているかを知り、困りごとや特性に合わせた支援を知ることで片付けのハードルを下げてあげましょう。

  • 子供の力を信じてみよう
  • 「いる・いらない」の理解が難しい子供
  • ゴールデンウィーク 家が散らかってカオスになるのを防ぐには
  • 学校からのお便りを使って「分ける」練習をしてみよう
  • 子供の身支度コーナーで気を付けたい3つのポイント
  • キャッシュレスの時代、子供とモノとお金の付き合い方
  • 洋服選びの練習は今がチャンス!
  • 特性支援はユニバーサル支援だという話
  • 「普通の片付け」ってどんな片付けだと思いますか?
  • 「片付けなくても命に別状はない」と言うけれど…
Facebookアカウントをお持ちの方
お名前
姓)
名)
メールアドレス
ご紹介者
解除停止はメールのリンクをクリックするだけでいつでも可能です。
感想、応援メッセージでシェアにご協力ください
投稿にはfacebookにログインしている必要があります。
このメルマガはリザーブストック 有償版 を使っています。
リザーブストックは松井朋美様よりご招待いただくことで無料でご利用いただけます。(有料版有り) ご利用希望の方はnikopika-matsui@reservestock.jp宛てに利用希望の旨ご連絡ください。
 
 
 
 
Profile
Professional
片付けられない子供のための整理収納サポーター

松井朋美

Mission
片付けられない子供が片付けられるようになるためのサポート
Senmon
発達障害やグレーゾーンといわれる片付けられない子供

整理収納アドバイザー
発達支援教育士 認定講師
発達障害住環境サポーター
整理収納教育士
親・子の片付けインストラクター1級

B_ameba
B_twitter
B_homepage
Copyright (c) 2010-2021 Cloudlink, Inc. All Rights Reserved. 06
Powered by reservestock