Top_7
Top_5
Top_6
Logo_s
  Menu_1sesson Menu_2event Menu_3contents Menu_4shop Menu_4contact Menu_5voice
 
 
18_nje3ymmynwiwm2rkn

過去から学ぶ未来食
「フェーズフリー」
乾物のある暮らし



もしもに備えよう!という考えをやめよう!?

 

備蓄が必要と言っても、なかなか家庭備蓄が広まらない。

そんな話を耳にしてきました。

もしものためにだけ、となると、

余分なお金を使うことになる
何を揃えなくてはいけないのかを調べる時間がかかる
買い揃えるための労力がかかる

など、日常の暮らしの中で、つい後回しにしたくなる気持ちになる理由はしっかりあるのです。

日々の暮らしに役立って美味しい!そしてもしもも

 

日常でも役に立つモノで、それが、実はもしもの時にも役に立つのだったら、
それに越したことはないですよね。


そういう考え方を「フェーズフリー」という言葉で呼ぶことも多くなってきました。



食の世界では、それは乾物なんじゃないかなと思います。



ともすれば、乾物は、地味、醤油味ばかり、面倒くさそうという三大先入観によって、

その価値が見えなくなりがちですが、

メイン料理やおもてなし料理にも、小洒落たつまみにも、スイーツにもなり、

実は料理が時短にもなります。


一度使い始めると、普段の暮らしに大活躍。

この良さを知ってもらいたいなあ〜と思います。

 

乾物を使う暮らしは、家計にも環境にも優しい

 

乾物を使うと、そして特に野菜を自分で干すことを始めると、

食べものの無駄が無くなります。

家庭からの食品ロス量は、企業からのものとあまり変わらないほど。

乾物を使う暮らしは、家計にも、環境にも優しい暮らしです。


ゴミ収集のための人員、車を動かすための燃料、そして燃やすための燃料。

ゴミを捨てると、含まれる水分が60%くらいになるまでは、

水を燃やしているようなものとも言われます。

冷蔵庫がいらないから、省エネ

軽いから、輸送のCO2の削減になるし、買い物もラク

長く保存できるから、買い物の回数も減らせて

共働きや子育て中の家庭、高齢の方の暮らしにも、便利なはず。

このメルマガを読んでいただきたい方
  • 1 共働きや子育て中など、買い物の回数を減らしたい方
  • 2 いつもも もしもも 手軽に美味しく食卓を調えたいと思う方
  • 3 乾物がある暮らしをしてみたいと思う方
  • 4 地球に優しい暮らしをしていきたいと思う方

過去から学ぶ未来食 乾物。

ぜひ、乾物のあるくらしをご一緒に。


 

  • 【乾物はフェーズフリー1】昆布水を常備すると便利ですよ
  • 【乾物はフェーズフリー2】高野豆腐はカレーに合う!
  • 【乾物はフェーズフリー3】乾物はたっぷりの水で戻す?
  • 【乾物はフェーズフリー4】ひじきの戻し汁は使わないで
  • 【乾物はフェーズフリー5】煮干しダシを簡単にとる方法
  • 【乾物はフェーズフリー6】ひじきの無機ヒ素は、本当に危険?
  • 【乾物はフェーズフリー7】出汁ガラ煮干しでバーニャカウダ
  • 【乾物はフェーズフリー8】例えば生キクラゲ
Facebookアカウントをお持ちの方
お名前
姓)
名)
メールアドレス
お住まいの地域
ご紹介者
解除停止はメールのリンクをクリックするだけでいつでも可能です。
感想、応援メッセージでシェアにご協力ください
投稿にはfacebookにログインしている必要があります。
 
 
 
 
Profile
Professional
サステナブル料理研究家/未来を創る料理教室クリエイ..

サカイ優佳子

Mission
美味しく楽しく食べ続けていける未来を創る
Senmon
料理研究家 乾物 料理教室 料理教室コンサル レシピ開発

食育、米粉料理、乾物活用法などに関する書籍多数。
近著に「超簡単!ドライマンゴーをヨーグルトでもどすだけ」(主婦の友社)。
乾物関連の書籍総発行部数は8万部ごえ。
「あさイチ」「ごごナマ」「世界不思議発見」などメディア出演多数。
乾物を使ったカレーを食べることを内モンゴルの緑化に繋げる「乾物カレーの日」で
2018年第13回ロハスデザイン大賞コト部門大賞受賞。
国際セルフコーチング協会セルコーチングメソッド認定講師講座修了。 <こんな想いでこの仕事をしています>
東大法学部卒業後、外資系金融機関等に勤務するが、娘が生後4ヶ月で重度のアトピーを発症し、長期母乳育児と食餌療法のため専業主婦に。

旅行好きで世界を食べ歩いた経験、娘と二人で海外ホームステイしながら各地の家庭料理を学んだ体験から、食のバックグラウンドなしから料理教室をスタート。多くの受講生を得て、全国各地で講座を開催することに。

2019年「食べることを通じて未来の社会は変えられる」、「何歳からでも挑戦できる」という2つの信念のもと、料理を教える女性を育てたいと、未来を変える料理教室クリエイト塾を立ち上げる。

料理を作ることで食について考える機会が増えるはずという思いから、料理を作る人を増やす活動を続けている。

B_facebook
B_ameba
B_twitter
B_homepage
特定商取引法に基づく表記
イベントカレンダー
©️サカイ優佳子
Powered by reservestock