Top_7
Top_5
Top_6
Logo_s
  Menu_1menu Menu_2event_lesson Menu_3contents Menu_4shop_no Menu_4contact Menu_5conclusion
 
 
18_yjcxzdy5mzqwzdnky

フランス語教室パザパ🇫🇷
日々是お勉強&豆知識
メールマガジン

この度は、フランス語教室パザパのメールマガジンに興味をお持ちいただいてありがとうございます!
主宰者のマリー・アングレーズです。
 

フランス語教室パザパ🇫🇷
日々是お勉強&豆知識
メールマガジン

このような方は是非。

◯パリのおしゃれスポットに興味のある方
◯フランス語の表現に興味のある方
◯脳内トリップしてパリのエスプリを感じていたい方
◯フランス語を勉強している方/始めてみたい方
フランス語は、一生の趣味に最適!
フランス語は、英語に比べ、あまり役に立ちそうではありません。
確かに、パリや大都市に旅行に行っても英語が使われる機会も多いですね。
でも、フランス語は、勉強すればする程、発音やリズムなども、脳に気持ちよく、まさに脳トレ。
そして、発声する事でストレス発散になります。
さらにフランスが好き、旅行が好きだったら、少しフランス語を勉強する事で、
自分でいろいろわかるようになって行きます。
 
マニアックな言語ですが、英語の語源の6割はフランス語と言われていますし、その比較も興味深いです。
フランス人の気質も習慣も日本人とは違うものが多く、その理解もとても奥深く、日本人の気質の確認や新しい価値観に出会えることも受け合いです。
 
言語の習得は、やってもやっても終わらない。私だってまだ終わってないし、終わりはありません。
文法も発音も難しい、と言われがちなフランス語。でも、その文法などは、明確で、曖昧なところが少なく、きっちりと物事をこなしたい日本人には合っていますし、一生の趣味にも最適です。
 
これから世界は、どんどん変わって行きます。
自分が興味のある事、好きな事を、直感を大切にして取り組む事がこれからの生き方の主流になっていく事でしょう。
 
興味がちょっとでも芽生えましたら、ぜひ申し込んでみて下さいね!
お待ちしております。

 

このメルマガで配信してる内容
  • 1 パリのおしゃれスポット紹介
  • 2 フランス語の語彙や表現解説
  • 3 フランス人の気質や習慣について
  • 4 フランス旅行のコツ
最後にひとこと

配信は、月1〜2回程度、音声もブログに連動し公開します。
多角的にいろいろなことを吸収して行きましょう。

フランス語には興味がなくても、いつか行ってみたいなあ、なんとなくフランスに興味があるなあ、という方でも楽しめる内容になっております。購読停止も簡単にできますので、百聞は一見にしかず!一度購読してみてください。



Facebookアカウントをお持ちの方
お名前
姓) Must
名) Must
メールアドレス Must
ご紹介者
解除停止はメールのリンクをクリックするだけでいつでも可能です。
感想、応援メッセージでシェアにご協力ください
投稿にはfacebookにログインしている必要があります。
このメルマガはリザーブストック 無料利用版 を使っています。
リザーブストックはマリー・アングレーズ様よりご招待いただくことで無料でご利用いただけます。(有料版有り) ご利用希望の方はpasapasfr@icloud.com宛てに利用希望の旨ご連絡ください。
 
 
 
 
Profile

フランス語教室パザパ

札幌の小さなフランス語教室《パザパ Pas A P..

マリー・アングレーズ

Mission
フランス語を楽しみながら伝えたい
Senmon
フランス語 ワーキングホリデー 留学 旅行会話

学者の家庭に生まれ、海外旅行もまれだった頃から、周りには海外の空気が常に漂うやや風変わりで自由でアカデミックな空気感の中育つ。

小学校3年生の時に、人生におけるテーマである”世界のどこにいても喜びは喜び、感動の大きさは計れない”という哲学を自らの内に見つけ、幼児期から大好きだった絵と時間と空間をデザインする舞台デザイナーを目指す。
 
日本大学芸術学部演劇学科舞台美術コース卒業後、就職の仕方が分からず、とりあえずパリに留学。
 
一年間語学留学(遊学?)の体をとり、ヨーロッパの演劇、ダンスを見まくる。フランス革命200周年記念のフランス政府のイベントに参加できる幸運に預かり、ヨーロッパ中のアーチストと交流を深める。
 
帰国後は、舞台美術の師につき、文化庁国内インターシップ制度の恩恵を受け、日本の伝統的な舞台芸術に傾倒するが、生まれ故郷の札幌に帰郷し、ダンス、オペラ、演劇の舞台美術を担当するも、妊娠を機にキャリアを中断。
 
育児に励んでいた矢先、目の前に現れた”占い師”に、「フランス語をしなさい」とキッパリ言われ、名前もマリー・アングレーズと命名され、二年間準備をし、1999年6月、フランス語教室パザパは稼働しはじめる。
 
それから20年余、フランス語をあらゆる年齢、あらゆる目的に合わせて、約200人を超えるの生徒さんに伝えている。

  egomari
B_facebook
B_ameba
B_twitter
B_homepage
Copyright (c) 2010-2020 Cloudlink, Inc. All Rights Reserved. 08
Powered by reservestock