Top_7
Top_5
Top_6
Logo_s
  Menu_1sesson Menu_2event Menu_3contents Menu_4shop_no Menu_4contact Menu_5voice
 
 
1437_ntu5mtawyjmzymfhn

忙しい女性の心身のバランスを整える
習慣化ライフコーチ
新川紗世のメルマガ

60歳まで、学校の先生のお仕事、今の働き方で働けますか?

10年以上、学校現場で子どもたちのために身を削るように働いてきた30代女性…

仕事に慣れてきて、楽になると思いきや、

いろいろな仕事を任され、責任がますますのしかかり

忙しくなる日々。

仕事・結婚・出産・キャリア・将来のこと、

「本当にこのままでいいのか…?」と悩み多き年齢ではないでしょうか。

 

やりたいことはあるのに、長年勤めてきた仕事を辞められない。

公務員という安定した職を失う勇気がない。

仕事を辞めてまで新しいことに挑戦する勇気がない。

やりたいことはあるけれど、周りは結婚・出産…本当にこのままでいいのか。

子どもと一生懸命に向き合っているのに、評価が得られない。

自分だけが頑張っているように思える。仕事の量が不公平である。

 

そんな30代女性教諭が、消えることのない「モヤモヤ」を少しでもクリアにして、新しい考えや目標に挑戦してほしいと思い、そのお手伝いをしていきます。


  • このメルマガに登録するメリット
    ●「忙しい」毎日でも時間を見つけるヒントが得ることができる
    ●心身のバランスを整えることができる
    ●自分の強みを思い出すきっかけになる
    ●自分だけではないと思える
    ●「このままでいいのか…」自分を見つめ直すきっかけが得られる
    ●自信をつけるための効率のよい英語の勉強法のヒントが得られる
    ●子どもたちの前で自信をもって授業をできるヒントが得られる
公務員(学校の先生)≠ 安定?
確かにお金の安定は得られるかもしれません。
社会的立場の安心感もあるかもしれません。
 
しかし、心の安定はどうなのでしょう?
一生懸命やる先生ほど、これからのこと、将来のこと、教育の在り方について、
たくさん悩んで、目の前にある仕事を全力でやっていることと思います。
 
すべては子どものため。
そういう、純粋に頑張っている先生こそ、自分を犠牲にして、
身を削って働いているように思えます。
 
忙しさやストレスで笑顔をなくしてはいませんか?
楽しい毎日を過ごせていますか?
 
いい先生がいなければ、日本の教育はだめになっていきます。
生き生きと生きる先生がいなくなっては、教育はもちろん
自分自身は壊れてしまいます。
 
そんな学校の先生方の心身のバランスを整えるためのサポートをしたいと思っています。
 
多くの悩める先生に、このメルマガが届きますように…
 

このメルマガで配信してる内容
  • 1 ライフコーチング/ 英語コーチングの内容・お客様のご感想など
  • 2 時間の有効的な使い方について(タイムマネジメント)
  • 3 心身のバランスを整えるための方法
  • 4 教員を続けながら自分の夢に近づく方法
最後にひとこと

悩んでいるのはあなただけではありません。

全力でお力になりたいです。

Facebookアカウントをお持ちの方
お名前
姓) Must
名) Must
メールアドレス Must
ご紹介者
解除停止はメールのリンクをクリックするだけでいつでも可能です。
感想、応援メッセージでシェアにご協力ください
投稿にはfacebookにログインしている必要があります。
このメルマガはリザーブストック 無料利用版 を使っています。
リザーブストックは新川紗世様よりご招待いただくことで無料でご利用いただけます。(有料版有り) ご利用希望の方はsayo.arakawa34@gmail.com宛てに利用希望の旨ご連絡ください。
 
 
 
 
Profile
習慣化ライフコーチ(元公立中学校教員)

新川紗世

Mission
いつも頑張っている働く女性の気持ちを楽にして、心身のバランスを整えるためのサポートをする
Senmon
中学校教員 留学 習慣化 朝活 時間管理

・公立中学校英語科教員11年(教えた生徒の数述べ1,600人以上)
・教員免許状(小学校, 中学校英語, 高校英語)
・留学カウンセラー資格
・認定エニアグラム心理コーチ
某外国語大学にて、英語を専攻し、語学と共に教職課程をとり、中学校・高等学校の教員免許を取得。大学卒業後、私立高等学校で英語非常勤講師として1年勤務。採用試験合格後、公立中学校にて10年以上年英語教師として中学生に英語を教える。

教員として働く中で、「英語教育」に限界を感じ、教員の仕事の仕方や、教員の在り方に疑問を感じていた2018年。生き生きと楽しそうに働いていない教員や会社員を見て、『こんな働き方でいいのか?』そして自分に何ができるのか考えている際に、ライフコーチという仕事の存在を知る。

自分自身が30代半ばという年齢で人生の転機を迎え挑戦したいという考えのもと、2019年に吉田メイ先生の単発コーチングを受ける。「女性を応援したい」という先生の考えに共感、さらに「人生を変えたい人の応援をしたい」という思いをもち「ライフコーチ・英語コーチ養成講座」に申し込む。

自分自身が中学校教員という仕事をしながら、朝4時起きで『朝活』を続けたことで、英検準1級、留学カウンセラー資格、小学校教員免許(10か月で取得)などの資格取得ができたこと、カナダ長期留学の準備を進めたことなど、朝の時間の有効活用からの目標達成の経験から、忙しい社会人が上手に時間を使えるためのコーチング、また人生を見つめ直すためのコーチングができないか考えた。

2020年4月よりカナダ・ビクトリアに留学予定であったがコロナで延期。語学学校での大学進学準備コースをオンラインで受講、2020年9月よりビクトリア大学でビジネスについて学んでいる。大学卒業後にポストグラジュエイトワークパーミット(PGWP)を申請し、カナダで就労予定である。

コーチングを受けることで、多くの忙しい女性が自分時間を見つけ、新しいことに挑戦し、自分の生き方を見つける一歩を踏み出せたら嬉しい。

また、「変わりたいのに変われない」「時間がない」忙しい社会人の方々が、時間を有効的に使うことで、自分のやりたいことへと一歩ずつ近づくための一番の理解者でありたい。

B_facebook
B_ameba
B_twitter
Copyright (c) 2010-2020 Cloudlink, Inc. All Rights Reserved. 06
Powered by reservestock