Top_7
Top_5
Top_6
Logo_s
  Menu_1sesson Menu_2event Menu_3contents Menu_4shop Menu_4contact Menu_5conclusion
 
 
18_odriztrimjg0yme3y

大切なことはすべて日常のなかにある
【一日一捨】




日常に向かい合い 断捨離を進める 
嫌いだった自分を好きになっていく
断捨離は「モノの片づけ」 片づけメソッドとご理解している方が多いかもしれません。
確かに「モノの片づけ」からスタートします。
誰もが経験があるように、モノを片づけて、掃除をしたら 気持ちがスッキリしますね。
しかし、断捨離は単純にモノをすてているわけではありません。
しかし、断捨離は気持ちがスッキリすることがゴールではありません。
自分とモノとの関係を問い直しながら 自分自身に問いかけていくと
自分の心の声が少しずつ聞こえてきます。
そして心の声をすくえると、自己受容のはじまりです。
自分と自分の関係が良くなっていきます。
そうして、少しずつ本当の自分、本来の自分を取り戻していくプロセスを経て
モノが片づき、空間が整い、心も整っていくのです。


すると、なぜだか自然と自信が沸いて 「こんな私もありね」自分を認め
あんなに嫌いだった自分が少しずつ好きになっていく。
あれだ、これだとブレない自分になっていく。たくましくなっていく。
繰り返し断捨離をすることで、他人任せだった人生 投げやりや諦めの人生に気づかされ
「向かい合ってみようか! 変えてみようか!」そんな力がわいてきます。

これからはたくましくなって、生き抜いていく。

片づけに留まらない、「たくましく、生き抜くための断捨離のヒント」をお届けします。
「自分が好きに たくましく成長していく」断捨離を実践し実感してみませんか?
大切なことはすべて日常の中に・・・・あるのです。
 
ご 挨 拶

断捨離に出逢ったのは今から10年前。
仕事をやめ専業主婦にました。
馬鹿にしていた主婦業は想像以上に大変で。
いつも家の中は雑然として安らぎはなく。
地方地域になじめず、ママ母という社会に溶け込めなくて
いつもイライラ悶々としていました。
スープの覚めない距離には夫の実家。
母は根っからのキレイ好き。
家庭に踏み込むことをしない義母ですが
「訪問されたら・・・・」ハラハラしていました。

自分に自信があるように見せかけて 本当は自信がない。
本当はみんなと関わりたい、仲間に入れてほしい、仲良くなりたい。
でもどうしていいのかわからない。
外では見栄をはり精一杯つくろって疲れ切っていることは
住まいに現れていたのでした。

そんな私でも断捨離を知り、学び、実践し、山あり谷あり進む中で
少しずつ自分が「そうか、大変だったね」自分を認め、
背伸びをしていきがる自分が愛おしくも思えてきたころから
人生に転機が訪れたのです。

断捨離で住まいも人生も好転してきた経験も織り交ぜながら、
やましたひでこ直々に学ぶ今最新の断捨離情報や
悩み・苦しみ、問題解決の断捨離ヒントをお届けしてまいります。

どうぞ、よろしくお願いいたします。






やましたひでこ公認断捨離®チーフトレーナー
自然治癒力学校公認月よみ師®
小林理恵



 

  • 【一日一捨】決断するけど行動できない症候群(2)
  • 【一日一捨】決断するけど行動できない症候群
  • 【一日一捨】断捨離はじめ/仕切り直しに最適な日
  • 【一日一捨】実家の断捨離について考えてみる
  • 【一日一捨】「目的」と「手段」入れ替わりの罠
  • 【一日一捨】かに座の新月 家庭の機能を取り戻すスタートに
  • 【一日一捨】七夕 自由に制限をかけるもの
  • 【一日一捨】調和の世界 初心者は「カタチ」先 そして息を合わせる
  • 【一日一捨】靴を揃える。から読み深める人生哲学とは?
  • 【一日一捨】梅雨にしたい断捨離 「つゆ断」その3
Facebookアカウントをお持ちの方
お名前
姓)
名)
お名前(かな)
せい)
めい)
メールアドレス
携帯電話番号
- -
お住まいの地域
生年月日
ご紹介者
解除停止はメールのリンクをクリックするだけでいつでも可能です。
 
 
 
 
Profile
Expert
断捨離®️チーフトレーナー&月よみ師®

小林理恵

Mission
人生に行き詰まりを感じている女性に 「大切なことはすべて日常のなかにある」あなたの人生哲学を断捨離で創るサポート
Senmon
断捨離 片付け サポート カウンセリング 子育て 夫婦

◆断捨離提唱者やましたひでこ公認 断捨離®チーフトレーナー

◆一般社団法人自然治癒力学校公認 月よみ師® 「私の仕事はあなたにモノを捨てさせること」
こう公言しているのは
私自身の経験「捨てられない」「片付けられない」
悶々としていた日常が断捨離に出逢い、
断捨離を学び、モノを捨て始めることで
住まいが変わることにとどまらず
私自身が抱えていた問題も解決していく力が身についていく、
実体験からの私の宣言です。

断捨離に出逢ったのは今から10年前。
仕事をやめ専業主婦でした。
楽勝と思っていた主婦業は想像以上に大変。
いつも家の中は雑然として安らぎはなく。
地方地域になじめず、人との関わりも薄く。
ママ母という社会に溶け込めず、
いつもイライラ悶々としていました。

スープの覚めない距離には夫の実家。
母は根っからのキレイ好き。
家庭に踏み込むことは決してしない義母ですが
「訪問されたら・・・・」
いつも一人ハラハラしていました。

そのような暮らしぶりの中で
「ゴミ袋14袋も捨てたよ!」
たまたま耳にした断捨離という言葉。
スマホでメモして、帰宅後即検索したのが
私と断捨離の出逢いです。

その後、本を読み、でも行動には及ばず。
やましたひでこのセミナーがあることを知り
人生初のセミナー参加。
目から鱗の「捨てる効用」に鳥肌がたち
その日から断捨離実践がスタート。
「自分軸」という言葉を胸に
「もったいない」との闘いの日々。

捨てれば捨てるほど 住まいのスッキリと同時に
自信と明るさが出てきたことを自他ともに実感。
人の話しに耳を傾けるゆとりができました。
生まれ変わっていく感覚。
社会で働くことが家事よりも勝ると思い込んでいたこと、
家事は奥が深く、思考力・判断力・選択力・決断力・表現力・・
色々な生きていく上で大切な要素を培うことができる
人生創りのベースとだと気付かされました。

次第に人生が巡りだし
持ち家の売却 転居 とんとん拍子で動き出しました。

気が付けば断捨離®トレーナーへの挑戦を。
2014年、断捨離®トレーナー認定を受け
今年、断捨離®トレーナー8年目になります。

これまでの断捨離®トレーナー活動は
関東一円、福島、岐阜、愛知、新潟、富山など
その他ご依頼あればどこまでも断捨離をお届けしてきました。
スタイルはセミナータイプ、市町村講演会、
企業研修、カルチャーセンター
そしてパーソナルな問題解決にはご自宅訪問。
現在まで250回を超える断捨離®セミナー開催および、
外部依頼断捨離®講演活動は60回を越えました。

そしてコロナ禍で外出自粛が求められる中で
新しい学びとコミュニティスタイル
「オンライン断捨離®読書会」を2020年4月1日からスタート。
全108回一日も休まず開催。
延べ5300人の方が参加、「オン読」として親しまれました。

心の拠り所、私の居場所として親しまれ、役目を終えて。
コロナウイルス感染症が新たなステージを迎えた春。
オン読の次なるお役目
「自己成長を志す同志の集う 学びとコミュニケーションの場」
として4月からパワーアップしてスタート。
月2回のオンライン読書会で知識を深め思考力を鍛え
SNSコミュニティでアウトプット、表現や伝える力、出す力を
「自己成長への近道」として実践、リードしています。

B_facebook
B_ameba
B_homepage
イベントカレンダー
断捨離®チーフトレーナー&月よみ師® 小林理恵
Powered by reservestock