Top_7
Top_5
Top_6
Logo_s
Tomotake_image
  Menu_1sesson Menu_2event Menu_3contents Menu_4shop_no Menu_4contact Menu_5voice
 
 
オススメ
koukoku
28670_mjdmodc1ymvlzmuxz

ママさん理学療法士が
教えます!
靴の正しい選び方

(読者数 7 名)

 
 

無料メールマガジンへのご登録をお願い致します

 
全10回の超豪華版!目からウロコの情報が満載です!!
 
足と靴について、世間ではあまり知られていない秘密の情報をお伝えします。
 
サービスを受けていただくきっかけになれば、嬉しいです。

 

 

メールの概要

 

  • 第1回:理学療法士は見た!合わない靴が招く危険な老後
  • たかが靴、されど靴。私が病院で目の当たりにした現実をお伝えします。
  • これは、女性だけの問題ではありません!男性だって外反母趾になります!
  •  

    • 第2回:病院では、靴の悩みを解決することはできません!
  • 医師や理学療法士なら誰でも靴に関する知識を持っているとは限りません。
  • また、多くの医療従事者は、健康のためにお洒落を諦めるよう促してきます・・・
  •  

    • 3回:歴史から、靴の役割を考える
  • そもそも、私たちはなぜ、靴を履くのでしょうか?
  • 靴が持つ役割と意味について、考えます。

 

  • 第4回:自分の足に合う靴が見つからないのはなぜ?
  • 日本の靴業界の事情を知ると、その答えが見えてきます。

 

  • 第5回:日本の常識を疑って!幅が広い靴の弊害
  • 足ゆびの変形の根本的な原因は『ヒールが高いから』ではないのです!

 

  • 第6回:足に良い靴って、どんな靴?
  • 『足にとって良い靴』の条件を誤解している方がほとんどです!

 

  • 第7回:まずは、自分の足をよく調べましょう
  • 靴を選ぶとき、サイズを何となく『これくらいだろう』と、選んでいませんか?
  • そもそも、足のサイズをきちんと測ってみたことはありますか?

 

  • 第8回:健康はきれいな歩行から
  • 足にぴったりと合う靴を履くと、きれいに歩くのを助けてくれます!
  • 正しい方法で歩くとどのようなメリットがあるのか、お伝えします。

 

  • 第9回:足ゆびの機能は転倒予防の要
  • 転倒を予防するには、筋力トレーニングだけでは、不十分です!
  • 筋力の衰えを感じる前にできる対策とは?

 

  • 第10回:靴を変えれば、世界が広がる!
  • シリーズのまとめ。
  • 足にぴったりと合う靴を履くと、身体的にも社会的にもメリットがたくさん!
  • 行動範囲が広がり、豊かな人生を送るきっかけになります!
  •  

 

 
 
 
欧米の中流以上の家庭では、足にぴったりと合う靴を履くように子供を教育することが、常識になっています。
 
あなたも、人生のシナリオを書き換えてみませんか?
 
 
 
  • 理学療法士は見た!合わない靴が招く危険な老後
  • 病院では、靴の悩みを解決することはできません!
  • 靴を履くのは何のため?~歴史から、靴の役割を考える~
  • 自分の足に合う靴が、なかなか見つからないのはなぜ?
  • 日本の常識を疑って!幅が広すぎる靴の弊害
  • 足に良い靴って、どんな靴?
  • まずは、自分の足をよく調べましょう
  • 健康はきれいな歩行から
Facebookアカウントをお持ちの方
お名前
姓) Must
名) Must
メールアドレス Must
ご紹介者
解除停止はメールのリンクをクリックするだけでいつでも可能です。
感想、応援メッセージでシェアにご協力ください
投稿にはfacebookにログインしている必要があります。
このメルマガはリザーブストック 無料利用版 を使っています。
リザーブストックは田村 智津子様よりご招待いただくことで無料でご利用いただけます。(有料版有り) ご利用希望の方はchizuko_tamura@a-happy-medium.com宛てに利用希望の旨ご連絡ください。
 
 
 
 
Profile

田村 智津子

Mission
靴を変えれば、人生が変わる!自分の足に合う靴が見つからなくてお困りの女性に!ファッション性と機能性を両立させながら、いつまでも健康で若々しく、颯爽と歩けるようにサポート致します。
Senmon
理学療法士 歩行 靴 健康 ファッション お洒落なのに痛くない

理学療法士
シューフィット・神戸屋 西村泰紀主宰
神戸屋アカデミー(旧:西村シューフィットメソッド マスタースクール) 修了 お洒落大好きなママさん理学療法士、田村智津子です。

理学療法士は、リハビリテーション専門職のひとつで、『歩くことの専門家』です。
私は、病院で多くの患者様のリハビリに携わる中で、足と靴との関係に疑問を抱くようになりました。

患者様の殆ど全員が、ブカブカで大きすぎる靴を履いていること。
足の指が変形していて動かせない患者様が多いこと。

そこで、ある仮説を立てました。

『合わない靴を履き続けることが、足ゆびの変形や機能低下を引き起こし、転倒リスクを高める原因になっているのではないか』

というのは、私自身、靴選びに苦労してきた経験があり、靴が足と歩行に影響を及ぼすことを体感しているからです。

お洒落を楽しみたいのに、足囲が細すぎて、パンプスはおろか、スニーカーさえ、自分の足にぴったりと合うものを見つけるのは困難でした。

『お洒落で健康を害するのはおかしい』と、考えている私は、独学で靴の勉強をしながら、自分の靴を市販のインソールを使って歩きやすいように調整してきました。

そして、今年は、シューフィット・神戸屋 西村泰紀先生主宰の『西村シューフィットメソッドマスタースクール』にて、靴の知識をブラッシュアップする機会に恵まれました。

今後、お出掛けには欠かせない『靴』を通じて、皆様の健康とお洒落を応援したいのですが、病院内の業務では限界があるため、個人として、靴に関する情報発信を始めました。
メールマガジン配信や、セミナー,ワークショップなどを企画しており、ご希望の方には、個別相談も承ります。

どうぞ、よろしくお願い致します。

B_facebook
B_ameba
B_homepage
Copyright (c) 2010-2020 Cloudlink, Inc. All Rights Reserved. 08
Powered by reservestock