Top_7
Top_5
Top_6
Logo_s
  Menu_1sesson Menu_2event Menu_3contents Menu_4shop Menu_4contact Menu_5conclusion
 
 
27404_ymu5ytzkmzkzowm2n

知っててよかった!
食の家庭備蓄のポイント
〜今すぐはじめる防災〜

こんにちは、サカイ優佳子です。

 

家庭での食の備蓄、していますか?


今や、行政に頼らず、家庭で1週間分の食料を備蓄しましょうと言われる時代。
とはいえ、何をどうしたらいいのかよくわからないという方も少なくないことと思います。

私は、乾物料理の専門家として、乾物を防災食として活かす知恵の提案もしています。

「乾物防災食講座」を立ち上げるに際しては、備蓄についての本を10冊以上読み、
防災関連のメルマガを購読し、防災士さんたちにお話を伺いました。
オフィス防災の展示会にも足を運びました。

また、2018年暮れから19年始めにかけて農水省で開催されていた家庭備蓄懇談会も全4回すべて傍聴し、防災に関する有識者たちが最先端でどんなことを話し合っているのかを学ぶ機会も得ました。


*農水省の家庭備蓄懇談会で展示されていた食材。
この中にも、ポイントを外せばもしもの時に役に立たないものが含まれていました。

乾物料理や調理全般についての知恵はプロとして自負しているものの、
防災という視点で抜け落ちているものはないかを確認したかったからです。

もしもの時に使えない、さらには危ないかもしれない知識を、
悪気がないとはいえ、お伝えすることになっては、講座をする意味がないと思ったので、
学べることはしっかり学ぼうと思ったのです。


*乾物の中でも備蓄にむいているものとそうでないものがあります


家庭備蓄について考える読書会で気づいたこと

乾物防災食講座を受けてくれた方たちに、
「まずは一冊防災食の本を読んでみてくださいね」とお声がけしてきましたが、
防災食について書かれた本、記事や投稿などの中に、
「???」と思われるものも散見される危うさに気づくようになりました。

そのため、備蓄に関する本を何冊も一緒に読んで話し合うという読書会を開催するようになりました。
まずは知ること、そして考えること。
そして、何が本当に必要な知識かを自分の暮らしに合わせて選び取ることが大事だと思ったからです。


*食の家庭備蓄について知って備えるための読書会的ワークショップについてはこちら

 

家庭備蓄のポイントを伝えたい!

さらには、
家庭備蓄のポイントを一人でも多くの方にお伝えしたいと思うようになりました。
「こんなはずじゃなかった」と思う人が一人でも少なくなるように!
備蓄は、みんなが考えていかなければならないこと。
だからメルマガを始めることにしました。

内容は乾物に限りません。

全ての人に正解な備蓄というものはありません。
このメルマガが、気負わず焦らず、
自分ならではの備蓄について考えるきっかけになったらいいなと思っています。

このメルマガで知ることができること
備蓄をする際に考えておきたいこと、間違いやすいポイント、便利な商品などを知ることができます。
ただ、市販の「非常食」についてはあまり話題にはならないと思います。
日々の買い物や料理の延長で備えることができる体制を作ることを目的としていますので。

このメルマガを読むといいこと
ついつい後回しにされがちな「備蓄」を、自分ごとにするワークもたまに入れる予定です。
質問もしますので、考える契機にもなると思います。
定期的に配信されるので、知識が少しずつ身につき、日々備えるという体制を作りやすいのもメリットです。

 
サカイ優佳子略歴
外資系金融機関等勤務の後、娘の重度のアトピーをきっかけに専業主婦に。
「食べることで未来を変えられる」、「いつからだって挑戦できる」という二つの信念を持って、娘が3才の時、自宅で料理教室をスタート。

五感で感じよう!食卓から世界を見よう!をキーワードに、食育ワークショップ「食の探偵団」を主宰、米粉レシピ開発をする他、2011年以降は特に乾物のレシピの開発、発信に力を入れている。

著書に「感じる食育 楽しい食育」(コモンズ)、「米粉ランチ」(農文協)他多数。乾物関係書籍だけで総発行部数78,400部。近著に「乾物マジックレシピ」(山と渓谷社)。メディア出演多数。

2015年ミラノでイベント「KANBUTSU NO MIRAI」を開催。
2018年ロハスデザイン大賞コト部門大賞受賞。

 

 
 
  • 【家庭備蓄のポイント vol.1 】 カセットボンベは何分もつ?
  • 【家庭備蓄のポイント vol.2 】 水は2種類用意しよう!
  • 【家庭備蓄のポイント vol.3 】 携帯するなら何をもつ?
  • 【家庭備蓄のポイント vol.4 】 常温保存ができるお豆腐は便利
  • 【家庭備蓄のポイント vol.5 】 素麺はもしものときに使いにくいんです
  • 【家庭備蓄のポイント vol.6 】 備蓄になるものを「意識」しよう
  • 【家庭備蓄のポイント vol.7 】その缶詰、開けられますか?
  • 【家庭備蓄のポイント vol.8 】歯のケアを怠ると、、、
Facebookにログインすると名前とメールアドレスが自動入力されます
お名前
姓) Must
名) Must
メールアドレス Must
お住まいの地域 Must
ご紹介者
解除停止はメールのリンクをクリックするだけでいつでも可能です。
感想、応援メッセージでシェアにご協力ください
投稿にはfacebookにログインしている必要があります。
 
 
 
 
Profile
Professional
未来を創る料理教室クリエイター

サカイ優佳子

Mission
美味しく楽しく食べ続けていける未来を創る
Senmon
料理本著者 乾物料理教室 料理教室コンサル レシピ開発

食育、米粉料理、乾物活用法などに関する書籍多数。
近著に「乾物マジックレシピ」(山と渓谷社)。
乾物関連の書籍総発行部数78,400部。
「あさイチ」「ごごナマ」「世界不思議発見」などメディア出演多数。
乾物を使ったカレーを食べることを内モンゴルの緑化に繋げる「乾物カレーの日」で
2018年第13回ロハスデザイン大賞コト部門大賞受賞。
国際セルフコーチング協会セルコーチングメソッド認定講師講座修了。


<こんな想いでこの仕事をしています>
東大法学部卒業後、外資系金融機関等に勤務するが、娘が生後4ヶ月で重度のアトピーを発症し、長期母乳育児と食餌療法のため専業主婦に。

旅行好きで世界を食べ歩いた経験、娘と二人で海外ホームステイしながら各地の家庭料理を学んだ体験から、食のバックグラウンドなしから料理教室をスタート。多くの受講生を得て、全国各地で講座を開催することに。

2019年「食べることを通じて未来の社会は変えられる」、「何歳からでも挑戦できる」という2つの信念のもと、料理を教える女性を育てたいと、未来を変える料理教室クリエイト塾を立ち上げる。

専業主婦からスタートしたとき、誰かのサポートがあったらもっと気持ちも楽だったはずという思い、40代からこそ女性はもっと輝ける!という思いが原動力。

B_facebook
B_ameba
B_homepage
特定商取引法に基づく表記
©️サカイ優佳子
Powered by reservestock