Top_7
Top_5
Top_6
Logo_s
  Menu_1sesson Menu_2event Menu_3contents Menu_4shop Menu_4contact Menu_5conclusion
 
 

【過去配信分】登録販売者メルマガ【№121~№144】

 

過去配信分メルマガ№121~144

 

 

2018年4月~2019年3月までの、全48通のメルマガを、毎日1号ずつ配信致します。

 

このメルマガは有料です(4,000円)

システムの都合上、途中解約ができませんので、予めご了承ください。

 

●メルマガの内容

 

№121

・トリアージ(市販薬でできること、できないこと)

・(Q&A)乳幼児の解熱剤の使用について、花粉症による目の周囲の痒みについて

 

№122

・受診勧奨するほどでもないけど、対応に困る時

・(Q&A)発熱と下痢をともなう吐き気の対応、顔の湿疹に塗れる皮膚薬について

 

№123

・質問をするために膨大な知識が必要

・(Q&A)食あたりの吐き気に効く薬は?、自店のスタッフの知識が不足しているのが不安です

 

№124

・スキルアップには「順番」がある

・(Q&A)水虫の診断してもいい?、6歳の子供の腹痛について、咳止め薬の選択が苦手です

 

№125

・中医学や漢方薬を学習する必要性と目的

・(Q&A)生理中の頭痛にお勧めの薬は?、酸化マグネシウムはクセにならない?、PBを売る葛藤について

 

№126

・中医学は目的によって学ぶ内容が違う

・(Q&A)中医学の知識は必要ですか?、火傷の治療法の選び方について

 

№127

・中医学のエキスパートになりたい人は

・(Q&A)漢方薬局への転職について、デコルテの吹き出物について

 

№128

・中医学の知識を仕事に生かしたい

・(Q&A)アットノンとアトキュアの違い、葛根湯と解熱鎮痛薬の併用について

 

№129

・絶対に外せないのは薬理学【登録販売者に必須の知識】

・(Q&A)血尿が止まらない!、蓄膿症に去痰カプセルを売ってもいいの?

 

№130

・薬理学とはどんな学問なのか?

・(Q&A)あしながバチに刺されました!、鉄粉が眼に入ってしまいました!

 

№131

・生化学、生理学を学ぶ必要性

・(Q&A)乗り物酔い薬に水なし錠が増えたのは何故?、高齢者の浣腸の常用について

 

№132

・生化学は「健康」を化学的に学ぶ学問

・(Q&A)正露丸はアニサキスに効く?、小学生の慢性的な下痢について

 

№133

・成分のこと、どこまで学習するべき?

・(Q&A)無資格者の医薬品販売について、痔のある人の便秘薬の選択について

 

№134

・季節、年齢などによる皮膚の悩み

・(Q&A)アンテドラッグについて、化粧水で顔の皮膚がかぶれてしまった!

 

№135

・年齢や症状、部位ごとに選ぶ保湿剤

・(Q&A)人工肛門のテープを剥がした時のかぶれについて、かかと水虫の薬について

 

№136

・冬の風邪と夏の風邪は違う

・(Q&A)外用消炎薬の光線過敏症について、湿布薬を貼り続ける時間について

 

№137

・総合感冒薬と漢方薬の選び分け

・(Q&A)クレベリンの効果について、膀胱炎にお勧めできる商品について

 

№138

・咳に効く薬の選び分け

・(Q&A)葛根湯の「汗をかいていない」ってどういうこと?、高齢者の尿漏れの相談について

 

№139

・従来型の商売では通用しなくなる
・(Q&A)妊婦さんの痔の坐薬使用について、緑内障の人でも飲める風邪薬

 

№140

・PBや推売品を売ることで得るもの
・(Q&A)冷えをともなう手足のしびれについて、小学生の痔について

 

№141

・みんな接客のしかたに悩んでいる
・(Q&A)鎮痛薬の単味剤の効果について、授乳中の外用消炎鎮痛薬の使用について

 

№142

・商品を知るには成分を知ること

・(Q&A)ロキソニンを間違った使い方をしているお客様の対応、耳の穴にフルコートを塗っていい?

 

№143

・花粉症と風邪症状の違い

・(Q&A)「命の母」はどれくらい飲み続けてもいいの?、風邪薬と下痢止め薬の併用について

 

№144

・薬の持続時間と代謝(薬の作用と吸収について)

・(Q&A)毎晩お酒を飲む人に薬を売る時、ハイチオールCの用法・用量の疑問

 

 

 

 
Facebookにログインすると名前とメールアドレスが自動入力されます
お名前
姓) Must
名) Must
メールアドレス Must
ご紹介者
購読料
4,000円
解除停止はメールのリンクをクリックするだけでいつでも可能です。
感想、応援メッセージでシェアにご協力ください
投稿にはfacebookにログインしている必要があります。
 
 
 
 
Profile_flower
Expert_s
代表理事

仲宗根 恵

Award56
2019年 年間契約増加数ベスト50
Mission
登録販売者の育成と家庭における医薬品の正しい知識の普及に全力を尽くします
Senmon
医薬品登録販売者(旧薬種商) 登録販売者、OTC(一般用医薬品)

●医薬品登録販売者(旧薬種商)

【著作】
・現場で使える新人登録販売者便利帖(2016年)
・現場で使える新人登録販売者便利帖 症状から選ぶOTC医薬品(2017年)
・現場で使える新人登録販売者便利帖 成分と特徴で選ぶOTC医薬品(2019年)


平成元年に薬種商試験に合格し、その後は町の小さな薬局から大手ドラッグストアまで、さまざまな店舗で医薬品販売業に携わってきました。薬屋の家に生まれ、実務経験を含めると医薬品販売に携わった期間は約27年になります。

登録販売者制度スタート直後、合格後に挫折してしまう多くの登録販売者を現場で目の当たりにし、新人さんのスキルアップのサポートをしたいと思うようになり、2011年末に勤めていたドラッグストアを退社。

2012年1月に起業。新人登録販売者向けのマンツーマン講座、メルマガ配信、全国各地でのスキルアップ講座開催やスクールの開講など、登録販売者講師として活動中です。

これまでに、全国各地で約220回の講座を開催。

登録販売者向けの書籍3作の出版や一般の方向けのお薬の本やWebサイトの監修なども行ないながら、新人育成のほか、現在は指導者の育成にも力を入れています。

  nakasonemegumi1
B_facebook
B_ameba
B_twitter
B_homepage
特定商取引法に基づく表記
Copyright (c) 2010-2019 Cloudlink, Inc. All Rights Reserved.
Powered by reservestock