Top_7
Top_5
Top_6
Logo_s
  Menu_1sesson Menu_2event Menu_3contents Menu_4shop Menu_4contact Menu_5conclusion
 
 
18_mjflowqxmtflzjdko

【不登校の子どもはなぜ母親と話さない?
子どもの心を開く基本原理・効果的な
この会話法を知れば大丈夫!】

 

主な内容

 

 

不登校の子どもはなぜ母親と話さない?

子どもの心を開く基本原理・効果的な会話法を知れば大丈夫!

 
子どもは小学校の高学年(10~12才)の頃からだんだんと体は大人になっていきます。女の子は初潮、男の子は射精ができるようになります。生物学的にみると立派な「大人」になるのです。
 
 
でも、心(感情)はあいかわらず子どものままです。そして、知識は大人以上に吸収しますから、理屈っぽくなります。
 
 
体と頭は大人、心(感情)は子ども。
 
 
理屈っぽくて反抗的。情緒的で衝動的。
 
 
このようなアンバランスな状態がほとんどの子どもが10~13才頃から訪れます。
 
 
 
この頃からいわゆる反抗期、思春期といわれる時期に入って行くわけですが、実際には自立・独立期・大人になるための成長期に入っているのです。
 
 
当然のことですが、子どもと話す場合と、大人と話す場合とでは、「話し方」が変わってきます。
 
 
ところが、このことをよく理解できていないため、母親は子どもたちが高学年になっても、幼稚園の頃から続けてきた話し方を変えようとしません。
 
 
そのため、子どもたちは小学校高学年あたりから母親の指示・命令・指図・誘導などを嫌うようになり、母親との会話を避けることが多くなります。
 
 
母親が恐い場合や、母親から嫌われることを恐れる子どもは、表向きは母親の言葉に従うように見せますが、心の奥では反発心でいっぱいの場合が多いです。
 
 
いわゆる「面従腹背」の状態が生じている場合が圧倒的に多いですが、この点に気づかない母親は同じようなやり方を続けます。
 
 
そして中学生、高校生にもなると子どもは母親の干渉を猛烈に嫌うようになり、言葉や態度に出します。
 
 
子どもとの会話がなくなり、何を言っても反発されてしまっているお母様は、どうしようもなくなり、「思春期だから。。。」、「反抗期だからしかたないわ。。。」と弁解をします。
 
 
いくら弁解をしても、子どもとの心の通う会話や接し方はできませんが、子どもの気持ちや思いを分かってあげて、子どもの心理の基本を理解できるようになると、また楽しい会話や関わりを取り戻すことができます。
 
 
この無料のステップメール(連載のメルマガ)は、きっとそのためのご参考となるでしょう。
 
 
ダメ元で一度お読みになってみませんか。
 
 
きっと大切なお子さんと楽しい会話を取り戻すことができますよ(^▽^)
 
 
今回は不登校・ひきこもりの子ども特有の精神的(心理的)状況をベースに書かせていただきました。
 
 
それでも基本は普通に登校している他の子どもにも共通しています。
 
 
(このステップメールの内容はアメブロに掲載した記事を一部加筆訂正しています)
 
 

主な内容

 

不登校の子どもはなぜ母親と話さない?

子どもの心を開く基本原理・効果的な会話法を知れば大丈夫!

 

1.自主的で自己信頼の厚い子どもを育てる

 

2.父母の愛情で包まれた育った子どもの心理
 
 
3.本題の前のウオーミングアップが信頼関係を築く

  子どもの気持ちを理解するために必要なことは?

  子どもは母親を信頼していない、ことを先ずは認めること

 

4.子どもの信頼を取りもどすための一つのツール

  子どもの気持ちが分かってくると、対応も自然に分かる

 

5.子どもの気持ちは分かっている」という思い込みの落とし穴

  不登校の子どもと話をする時は覚悟が必要

 

6.会話の主導権を子どもに渡すと、子どもは母親を受け入れる

  子どもの心を開くための会話の基本原理

  • 1.自主的で自己信頼の厚い子どもを育てる
  • 2.父母の愛情で包まれた育った子どもの心理
  • 3.本題の前のウオーミングアップが信頼関係を築く
  • 4.子どもの信頼を取りもどすための一つのツール
  • 5.「子どもの気持ちは分かっている」という思い込みの落とし穴
  • 6.会話の主導権を子どもに渡すと、子どもは母親を受け入れる
Facebookアカウントをお持ちの方
お名前
姓)
名)
メールアドレス
お住まいの地域
未設定
ご紹介者
解除停止はメールのリンクをクリックするだけでいつでも可能です。
 
 
 
 
Profile
Expert_s
理事長・心理カウンセラー

藤名 龍一

Mission
「不登校やイジメに悩み苦しみ、学校に行ったり勉強したりする気力を失い、生きる意欲さえ失っている子供たちが再び元気を取り戻し、勇気と希望と喜びをもって楽しい毎日を過ごせるようになること」…これが私の切実な願いです。
Senmon
不登校・登校しぶり解決専門心理カウンセラー

一般社団法人 個性開発研究所 理事長
1996年厚生労働省認定(当時)産業カウンセラー資格取得。

15年以上、社内及びボランティアで心理カウンセリングを行い、自身も不登校やうつ、また離婚・再婚等の経験をもち、子供の不登校を機に不登校の早期解決、子どもの才能や個性の関係を研究。現在は不登校・ひきこもり早期解決専門の心理カウンセラーとして活動。

当方のマニュアルとカウンセリングプログラムは、当研究所に毎年寄せられます、登校渋り、不登校関する相談は延べ約4000件(電話カウンセリング延べ約1200件(内、無料カウンセリング約250件)、メール相談延べ約2800件)のご相談内容の分析・検討等に基づいて構成され、実証され、責任をもって大切なお子さんの早期再登校の実現を目指しています。 1960年生まれ。東京外国語大学外国語学部卒業。団体管理職、総合商社を経て、現在、一般社団法人 個性開発研究所 理事長。不登校早期解決専門の心理カウンセラー

臨床心理学と宗教学の比較研究をテーマとした卒論執筆を機に約30年以上ライフワークとして一般心理学・臨床心理学・カウンセリング各種理論・スキルを研究・実践。

1996年に厚生労働省認定(当時)産業カウンセラー資格取得後、15年以上、社内及びボランティアで心理カウンセリングを行い、自身も不登校やうつの経験をもち、子供の不登校を機に、不登校と才能や個性の関係を研究。現在は不登校・ひきこもり専門の心理カウンセラーとして活動。

また、子供の不登校・ひきこもりを解消するだけではなく、不登校・ひきこもりを子供の成長のチャンスと捉え、 「子供の個性と天分(才能・適正・能力)を生かして不登校・ひきこもりを解消し、3ヶ月で最高に幸せな子供をつくる!」カウンセリング・プログラムを提唱しています。このプログラムをお受けになることにより、お子さんは自然と笑顔と元気を取りもどし、やがて自ら再登校、進学就職への道を自ら前進していくことをお母様は実感されるでしょう。

そして何よりも、お母様はきっとわが子への自然で深い愛情を再体験され、ご家庭の楽しい団らんをいつの間にか取りもどしていることに気づかれるでしょう。

このカウンセリングプログラムはお子さんの再登校を実現するのみではなく、間違いなくお子さんを幸せにし、お母様を幸せにし、素晴らしいご家庭を再び取りもどすことができることが多くの実例で実証されています。(アメブロの「実例」ご参照)

当方のマニュアルとカウンセリングプログラムは、当研究所に毎年寄せられます、登校渋り、不登校関する相談は延べ約4000件(電話カウンセリング延べ約1200件(内、無料カウンセリング約250件)、メール相談延べ約2800件)のご相談内容の分析・検討等に基づいて構成され、実証され、責任をもって大切なお子さんの早期再登校の実現を目指しています。


一般社団法人 個性開発研究所 理事長・心理カウンセラー

B_facebook
B_ameba
B_twitter
B_homepage
特定商取引法に基づく表記
www.reservestock.jp/page/reserve_form_month/5636
イベントカレンダー
Copyright (c) 2010-2018 Cloudlink, Inc. All Rights Reserved.
Powered by reservestock