Top_7
Top_5
Top_6
Logo_s
  Menu_1sesson Menu_2event Menu_3contents Menu_4shop Menu_4contact Menu_5voice
 
 
18_zta4mjljmjiwmgiyn

1日3分のユル~いセルフケアで、-10歳・年齢不詳の姿勢美人になる
7日間無料メール講座

1日たった3分のセルフケアでも
 
「続ける」ができることがなにより強い!
 
姿勢美人になるのためのセルフケアと、続けるコツを知る、
 
そんな、足がかりとなるメール講座です。
姿勢と美と健康をトリプルサポート
小さいころから猫背。
姿勢が悪いと言われる。
姿勢が悪いから?年上にみられる。
 
姿勢って、第一印象にもとっても影響するもの。
そして、やっぱり美しい姿勢は、目を惹きます。
 
背筋を伸ばしたら、姿勢はよくなるよね?
 
それは、じつは、誤解なんです。
一時的にはいいかもしれませんが、
背筋を伸ばすことで、健康にうれしくない影響を及ぼすことも……
 
このメール講座では、姿勢への誤解と、
かんたんな美姿勢へのヒントを紐解いて、
シンプルな身体脳力をインストールして、キレイになれるように!
さとう式リンパケアの理論をベースにお伝えしていきます。
 
『美』を追求すると、『健康』になる?


さとう式リンパケアは、知っている人は知っている。そして、学んだことがある。
なんとなく、本やYouTubeでみて、やってみたことがある、そんなツールになりつつあります。


でも。


ほんとうにさとう式リンパケアを「活かして」いただくために大切なことって、
本やYouTubeでは伝わりきっていないんじゃないの???



さとう式リンパケアは『予防力』にとても優れたツール。
と、同時に『美容力』にも、かなりの力を発揮してくれるツールです!


だったら。


『美容力』の力を借りて、『予防力』も強化できたら、最強じゃないか!


と、思いまして。


姿勢からフォーカスして、『美』と『健康』を効率よく手に入れたい方へ送る、7日間です。
 
 
 
配信してる内容の、一部

  • 【2日目】 『美』なら手が出る、がんばれる?
  • 【3日目】 姿勢をよくしたかったら、背筋は伸ばさない
  • 【6日目】 続けることがだいじ。〇〇ザップだって、2ヶ月だけじゃない、という事実。
  • and more……
最後にひとこと
情報が多すぎるのです。
医療も、美容も、健康も。
だから、情報に自分を合わせにいってしまうこともある。

なんてもったいないことを。
あなたの身体は、最幸のものなのに!

今までの常識の枠にとらわれず、
「あなた自身に合った情報」に近づいていきましょうよ。

よい姿勢と美と健康は、一度に手に入るものですから!

このメール講座から、あなたの「脳力」を、自分を軸にした「脳力」に変えていけますように!
 
 
Facebookアカウントをお持ちの方
お名前
姓) Must
名) Must
メールアドレス Must
ご紹介者
解除停止はメールのリンクをクリックするだけでいつでも可能です。
感想、応援メッセージでシェアにご協力ください
投稿にはfacebookにログインしている必要があります。
このメルマガはリザーブストック 有償版 を使っています。
リザーブストックは桜井ちえ様よりご招待いただくことで無料でご利用いただけます。(有料版有り) ご利用希望の方はkefi.lymphcare@reservestock.jp宛てに利用希望の旨ご連絡ください。
 
 
 
 
Profile
Professional
からだ調律師

桜井ちえ

Mission
医療に頼りすぎない、自分軸で「生きやすい」自然な身体と心を一緒につくる
Senmon
からだ調律師 看護師 さとう式リンパケア セルフケア カウンセリング

♪看護師/保健師
♪さとう式リンパケア上級インストラクター
♪国際ウェルネス協会公認セルフケアマスター
♪ビリオネアの読書術インストラクター
♪日本舞踊藤間流勘右衛門派名取   
  
看護師歴15年。
得意分野は精神科と整形外科。
医療健康電話相談4万件を受けた実績を活かし、心・身体・脳をトータルでケアする施術、セルフケアセミナーを行っている。

●100回以上のリハビリを繰り返しても取れなかった肩の違和感が、1回の施術とセルフケア指導で、変化を実感

●脳梗塞の後遺症のリハビリを1年以上続けながらも改善を感じられず、うつになりかけた方が、動ける喜びで笑顔になる

など、長年のリハビリを続けながらも悩んでいた身体の不調が、「自分で感じることで先へ進める」ようになると、よろこばれ選ばれ続けている。

自分自身が、11歳の時、膝を痛めて安静を強いられたが、「リハビリでよくならない…」と感じていたこと、10歳の時に、友人が長期入院の末亡くなったことから、「病院て、治らないの?」という疑問を持ったことが、医療に頼りすぎない身体づくりを考えるモトになっている。

日本舞踊歴16年の名取(なとり)でもあり、wink「淋しい熱帯魚」や「慎吾ママのおはロック」などの振付を手掛けた振付師・香瑠鼓のもとで即興舞踊を学びながら「動ける身体」を追求している、パフォーマーな一面も。

書籍『新時代のセルフケア More Happy』に自身のセルフケア症例が掲載されている。

B_facebook
B_homepage
2010-2020Cloudlink,Inc.
Powered by reservestock