Top_7
Top_5
Top_6
Logo_s
  Menu_1sesson_no Menu_2event Menu_3contents Menu_4shop Menu_4contact Menu_5conclusion
 
 
28123_nzkym2uzzda4mjmxz
【みやむ〜のにんにく。】
オフィシャルメールマガジンページにお越しいただきまして
ありがとうございます。
 
 

 

メールマガジンに書いてあることは

 

 

にんにく料理、にんにくの豆知識

私がにんにくを栽培するプロセスやその時に感じ考えていること

私のこだわりや今の農業、流通、消費への意見

田舎暮らしの良いところ嫌なところ

18歳まで青森で育ち27歳でUターンし感じてるところ

自然の中での生活し現代社会への違和感

 

 

【ご注意ください】
 

携帯電話のアドレスでご登録をされますと、画像付きメールが配信されないことがあります。
 
携帯アドレスの方は専用のスマホアプリをご利用いただくと便利です。

 

 

 

 

 
Facebookアカウントをお持ちの方
お名前
姓)
名)
メールアドレス
お誕生日
facebook
http://www.facebook.com/
ご紹介者
解除停止はメールのリンクをクリックするだけでいつでも可能です。
感想、応援メッセージでシェアにご協力ください
投稿にはfacebookにログインしている必要があります。
このメルマガはリザーブストック 有償版 を使っています。
リザーブストックはみやむ〜のにんにく。様よりご招待いただくことで無料でご利用いただけます。(有料版有り) ご利用希望の方はmiyamuuninniku@reservestock.jp宛てに利用希望の旨ご連絡ください。
 
 
 
 
Profile
Expert
幸せを追求する、自然を感じ伝える次世代農家

みやむ〜のにんにく。

Mission
【100年後の地球をきれいに】
Senmon
にんにく 無肥料 無農薬 農家 オーガニック 田子町 野菜

田子町ジュネ連絡協議会会長(ジュネとはえごまのことです)
田子町認定農業者連絡協議会役員理事
田子町野面平水利組合役員
八戸農業協同組合田子支部青年部、副部長
タイやオランダからの農家も見学に来る
宮村 祐貴 (みやむら ゆうき)
農家
みやむ〜のにんにく。
2018年6月 東北食べる通信「生大蒜」特集
2017年4月 田子町ジュネ連絡協議会 会長 
田子町認定農業者連絡協議会役員   理事
田子町野面平水利組合役員
八戸農業協同組合田子支部青年部   副部長
「手植えで田植え」を主催
就農当初より、SNS発信で。にんにく収穫の最盛期にはのべ100人以上が協力参加。
無肥料無農薬、オーガニックにんにくの【極にんにく】を使用した
みやむ〜の黒にんにくは、ニキビ、肌荒れを無くし、美肌にします。
にんにくの嫌な匂いはなく、甘い黒にんにくはどんな料理にも合う。
「黒にんにく会」
黒にんにくを自宅へお届けzoom開催のイベントを月1回開催中
お取り扱い店舗
・うつみんのセレクトショップ 様
・神奈川県   やまゆり生協 様
・兵庫県焼肉店
・千葉県旭市 ガーリックプラス様
・青森県八戸市   レストラン澤内 様
・青森県八戸市   メキシコ料理店 オラレ酒場  様
就農当時、農薬をかけている時に頭痛がし、翌日から農薬の使用をやめ、翌年には化学肥料の使用もやめ全面積をオーガニック栽培。
しかし、収量は散々な結果に。
【食べることは生きること】
を掲げて農作業に励み、収量もなければ現代では生きていけない、生きづらさを体感。
この経験から、畑を分けて、栽培方法も分けることにする。
現状ある便利なものを使いつつも、「自然に優しい」農業と地域の文化・伝統の継承することに徹する。
田子町の伝統「マタギ」になるべく
2021年より、狩猟免許取得に向け活動。
自然に一番近くにいる農家だからこそ伝えられることがあるとして、多くの方に相談される。
宮村祐貴(みやむら ゆうき)
ニックネーム「みやむー」
1986年11月7日
青森県田子町(たっこまち)生まれ
先天性の心臓病で生後6ヶ月で大手術を経て、18才まで病院に検査に通う。
大都会に憧れて、上京。
足場鳶、居酒屋、防水屋、などなど職を転々とし。
父親のガン宣告で、帰郷し農家になることを決意。
趣味は、
お酒を飲みながら料理をすること。
キャンプ
薪割り

B_facebook
B_ameba
B_twitter
B_homepage
特定商取引法に基づく表記
Copyright (c) 2010-2021 Cloudlink, Inc. All Rights Reserved. 08
Powered by reservestock