Top_7
Top_5
Top_6
Logo_s
  Menu_1menu Menu_2event_lesson Menu_3contents Menu_4shop Menu_4contact Menu_5voice
 
 
27642_ymnhmtbjmzuznznhm

いやさかーーーー!!!

わっしょーーーーーい!!!

 

 

いやさかと来れば、わっしょいと返す。

 

いやさかとは、

永遠の栄えを祈る言葉であり、すべての命と共に栄えゆくことを意味する。

わっしょいとは、

和を背負うを語源に持つ言葉であり、責任を引き受けてやりぬく覚悟を誓う。

 

 

いやさかと叫べば、力が抜けるし

わっしょいと叫べば、力が入る。

委ねる心のいやさかと

やり抜く力のわっしょい

 

 

この二つをバランスよく使いこなすのが、人生を楽しく波乗りするコツ。

そんなワクワク人生を共有できる仲間とつながっていきたいし、この感覚を分かち合いたい。

 

この感覚を分かち合える魂のかぞくのような人を

 

 

と呼びたい。そんな仲間を

 

2030年までに世界中に10000人つくること

 

を目指し、このメルマガを始めます。

 

そのプロセスのなかの「2022年2月22日の一万人いやさかわっしょい祭り」への想いや、

いやさかぞくのおもしろい仲間たち、

祥平や絵麗、ふたりの息子(想麻と弥命)の夫婦、家族の日常をとおして

いやさかわっしょいを実践する、いやさかぞくのありかたお伝えできたら、と思います。

 

 

ここ、いやさかぞくが住む奈良県曽爾(そに)村のいやさかのたねから、

いやさかぞくのタネがひろがりますように。

どうぞよろしくお願いいたします。

 

 

 

 

 

Facebookにログインすると名前とメールアドレスが自動入力されます
お名前
姓) Must
名) Must
メールアドレス Must
ご紹介者
解除停止はメールのリンクをクリックするだけでいつでも可能です。
感想、応援メッセージでシェアにご協力ください
投稿にはfacebookにログインしている必要があります。
このメルマガはリザーブストック 有償版 を使っています。
リザーブストックはいやさか 祥平 & かんなぎ絵麗様よりご招待いただくことで無料でご利用いただけます。(有料版有り) ご利用希望の方はkazepro@reservestock.jp宛てに利用希望の旨ご連絡ください。
 
 
 
 
Profile
Professional

風プロダクション

神伝人(つたえびと) & 神繋人(つなぎびと)

いやさか 祥平 & かんなぎ絵麗

Mission
すべての人が自分らしく生きられる社会をつくる
Senmon
いやさか 神話 人力車 曽爾村 わっしょい

『ホンマルラジオ曽爾いやさか局』代表
『体感する言霊《カタカムナ》ワークショップ』代表講師
『神魂結(むすひ)オンラインサロン』代表
『曽爾村観光人力車』代表車夫

ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・
本名は山田祥平、東京生まれ東京育ち、麻布中学・高校卒業
京都大学文学部卒業、会社員経験4ヶ月、人力車夫歴19年
巡った神社3000以上、伊勢志摩の案内回数は600回を超える
【本当の自分を生きる喜びを伝える神伝人(つたえびと)】
神話の語りべとして全国各地で講演・ワークショップ・神社ツアーなどを精力的に展開中。
2016年より本拠地を伊勢から奈良に移し、最愛の妻との出会いをきっかけに2018年5月5日より田舎暮らしをスタート。奈良県宇陀郡曽爾(そに)村を永住の地と定め、人力車の案内や自宅に開局したインターネットラジオを通して知られざる秘境曽爾村の魅力発信につとめている。

昭和53年5月5日生まれ。東京の下町墨田区で三人兄弟の長男として生まれる。勉強はできたようだが、生きる意味がわからず悩み苦しみもがき続けた青春時代、心をひらける友人がおらず、悶々とした中学・高校時代を過ごす。卒業アルバムに写った自分の顔を見て、これではいけない!と奮起し、自分改造計画を志す。
大学時代に出会った人力車のアルバイトで人生が変わる。人の役に立てる実感を得てはじめて自分を受け入れられるようになる。そんなとき、人生で初めて付き合った女性が自殺する。
その死に向き合うことで『自分らしく生きてこその命』という結論に至る。『すべての人が自分らしく生きられる社会をつくる』という自らのミッションはこのときに生まれた。
その目的に向かう手段の第一歩として、自分を好きになれるきっかけをくれた人力車をひいての日本一周の旅を遂行する。
その旅の始まりの場所が奇しくも伊勢であったことや日本中の神社を巡ったことなどにより、日本の神社にこそ、本当の自分を生きるヒントが隠されているのではないかと感じるようになり、神話を学び、その深意を紐解くことで一人一人の中に眠る神様を導き目覚めさせることを自らの天職として自覚するに至った。

B_facebook
B_ameba
B_twitter
B_homepage
特定商取引法に基づく表記
Copyright (c) 2010-2020 Cloudlink, Inc. All Rights Reserved. 06
Powered by reservestock