Top_7
Top_5
Top_6
Logo_s
  Menu_1sesson Menu_2event Menu_3contents Menu_4shop Menu_4contact Menu_5voice
 
 
7698_nmm2nzc0zjazmdjln
 
わたしが嫌いなことは
人前で話すことです。
 
昔から、大嫌いです。
 
小学校のとき、自分から手をあげて発言するなんて
とんでもないことでした。
ましてや、黒板に何か書いて
みんなの前で発言するなど、絶対に嫌でした。
 
当たりませんように、当たりませんように、と
顔を伏せて、先生と目が合わないようにしていました。
 
万が一、当たってしまったとしたら
もう、心臓はバクバク
声は震え、小さな小さな蚊の鳴くような声しか出ませんでした。
 
「聞こえません」と言われても
それ以上、大きな声は出せませんでした。
 
この基本的なわたしの資質は
成長しても、それほど、変化はありません。
 
それなのに。
 
それなのに。
 

人前で話すのが大の苦手だったのに

 

それなのに。

 

わたしは、どうしても、お伝えしたいことが生まれてしまいました。

 

別に、お伝えしないで、自分だけが知ってればいい、という考え方もできました。

 

でも、それじゃあ、もったいない!と、強く強く思うようになってしまったのです。

 

それで、知らない人にお伝えすることを、仕事にしようと思いました。

 

けれども、本来の資質が、人前で話すことが嫌い、苦手、という

致命的なものでした。

 

そんなわたしだからこそ、なんとかして、苦手を克服できないかなと

あれこれ、あがいてきました。

 

いまだに、根っからの人前で話すことが楽しくて楽しくてたまらない、という人には敵わない、という

劣等感を抱えつつ、

それでも、なんとか、人前に立ち、

自分がお伝えしたいことを

お伝えできるように、努力しています。

 

 

もしも、あまり、人前で話すことが得意でない方で

それでも、講師をやりたい、という方がいらしたら

少しはお役に立てるかもしれないなあと思いました。

 

 

すでに、バリバリ、人前でお話されてる方には

なんのお役にも立たないものです。

 

が、もしも、この先、講師をやりたい、とか

人前で話すことが得意ではなくて、資格はとったけど二の足を踏んでいる、という方がいらしたら

参考になることがあるかもしれません。

 

 

いただいたご感想です

 

講師力の全20話! すんご~く面白かったです!

また近日、私も講座を控えており読み返したりしています。

13回目の「常識を疑う」は、特に、気をつけたいと思いました。

 

 

 

とんちゃんの講師力は 突然上がったわけではなく

コツコツと 技術を磨かれた結果なんだ

私もがんばろうと 励まされました 

 

 

「講師力20」で、

とんちゃんが今までコツコツと積み上げて作り上げられた大量のスキルを

無料で惜しみなく与えてくださり、本当にありがとうございました!
とんちゃんの”愛“を感じます♡

「話すのが苦手だった人だからこそ」の視点での、

とってもきめ細やかな、かゆいところに手が届くようなメール講座、

本当にありがたく思っています。(勝負パンツまで!)

とってもとっても沢山のスキル情報から、少しずつ実践に繋げていければいいなぁ、と考えています。

 

 

 

講座の予行があり、それに向けて、とんちゃんのベスト20を参考に、初めて講座を組み立て、先日実践してきました。内容はさておき無事終了。

とにかく、とんちゃんのベスト20を教えてもらってて良かったです。

助かりました。

なんとなくわかっているようだけど、そこを意識するのと、しないのとでは雲泥の差。

おかげさまで次回に繋がる良い講座ができました。

ちなみに・・・

1→これは得意です◎
2→これ、大切ですよね。気をつけてみました。
3→リストを作り万端でした。が!講座が始まり絵本を読む時にメガネかけるの忘れてもうた〜ジタバタして時間を取ってしまった。
4→確かにただの〇〇でした。〇〇踏まなきゃな〜
5→これ、実際迷うもんですね〜考えた事もなかった。事前にとんちゃんに教えてもらってたので大助かり
6→もらえました。もらえました。沢山◎とっても有り難かったです。初めの一歩講座だったので、すごく勉強になりました。
7→とりあえず無料の腹式呼吸やり始めました。
8→やっちゃいました。ずっと下(トホホ)
9→この余裕はなかった
10→のど痛くなるほどやったんだけど・・・8やっちゃったんだな〜。
11→もう少し先でチャレンジしてみたいです。
12→途中入場の方がいらして、気をとられてフリーズしちゃいました。
13→これも大切ですね〜井の中の蛙でした。
14→この分野、苦手です。
克服にそのような秘技があるとは。
15→この日は大丈夫でした。今からすごく大切な時期に入りますよね。気を付けます。
16→私はDECOLA服
17→こんなことまで、教えちゃって良いのですか?
18→赤
19→羞恥心ぬぐえなかった
20→伝えたい事がありすぎて、まだ、まだ絞れてない
感たっぷりです。うまく絞りたい。

素敵な宝物(ベスト20)をありがとうございました。
予行講座で、こんなにヘトヘトになるのに、とんちゃんはすごいですよね〜。

 

 

 

 

 

 

 

人前で話すのが得意じゃない人が 講師力を上げるためにできること

 

21時に1通ずつ、メールで届きます。

 

もし、よろしければ、ご登録ください。

 

 

 
 

携帯アドレスの方は、

osekkainaobasan@reservestock.jp

からのメールが受信できる設定をお願いします。

 

 

 

▼以下のフォームに【お名前】と【メールアドレス】をご入力ください。

 (紹介者の欄は空欄でも大丈夫です)


▼読者登録したらすぐに確認メールが届きます。


▼メール内の登録完了リンクをクリックしてください。



※確認メールが届かない場合は、迷惑メールフォルダに入っているか、

 携帯の設定でパソコンからのメール配信を拒否にしているか

 入力していただいたメールアドレスが間違っていた可能性があります。

※文字化けして読めない場合は、ご連絡ください。

※以前、届いていたのに、届かなくなったという方は、

osekkainaobasan@reservestock.jpまでご連絡ください。

 

※必要なければ、どうぞお気軽に読者解除してください。

 

 

 
 


 
 
  • 講師力1 緊張をほぐす方法その1(え?そんなこと?)
  • 講師力2 緊張をほぐす方法その2(秘伝なのに言っちゃう)
  • 講師力3 無用なドキドキは無用です・準備
  • 講師力4 脳内シュミレーションはただの幻想。場数を踏む
  • 講師力5 講座中、どこを見るか。視線
  • 講師力6 いい気にならずに、辛口意見をもらう
  • 講師力7 聞こえなければ、意味がない。声
  • 講師力8 どんな話し方が聴きやすいか?伝わりやすいか?
Facebookアカウントをお持ちの方
お名前
姓) Must
名) Must
メールアドレス Must
携帯電話番号 - -
確認メールが届かないときにショートメールを送らせてもらうかもしれません
ご登録のきっかけを教えてください Must
  •  メルマガ
  •  ブログ
  •  ホームページ
  •  フェイスブック
  •  インスタ
  •  クチコミ
  •  その他
メッセージなど どんなことでも Must
ご紹介者
解除停止はメールのリンクをクリックするだけでいつでも可能です。
感想、応援メッセージでシェアにご協力ください
投稿にはfacebookにログインしている必要があります。
 
 
 
 
Profile
Professional_s
絵本読み聞かせ講師

上甲知子

Mission
なんでもないようなことが幸せだと気づく「絵本で子育て」
Senmon
絵本 子育て

司書
NPO法人「絵本で子育て」センター 絵本講師
絵本セラピスト®
わらべうたベビーマッサージインストラクター
魔法の質問カードマスター
時間マネージメントアドバイザー


1972年生まれ。神奈川県南足柄市在住。清泉女子大学卒業 。

3人の子どもを育てながら、地方公務員(町役場職員)として21年間勤務。

長女がへそ曲がりでアトピーで寝ない子で、子育てに疲弊していました。(かわいいと思えませんでした)

心の余裕がなく、我が子に全く絵本を読んでいなかったわたしが
とある出会いによって、手のひらを返すように、我が子に絵本を意識して読むようになりました。


絵本の読み聞かせは、人としての土台の部分で
とても大切なものを育んでくれる一つの要素だと知りました。

それは、自分が目的に向かっていくときの力にもなることを確信しました。
子どもだけでなく、親自身も、「根っこ」が育ちます。

2012年 絵本講師(NPO法人「絵本で子育て」センター)の資格を取得。

絵本読み聞かせ講師として、年間約1000人の保護者、保育者などに絵本のある子育てについて伝授しています。

具体的にすぐ実践できる本音のアドバイスをすることによって、知らず知らずのうちに、ご自身で「根っこ」を育てることができるようになります。

それは5年後、10年後のあなたとあなたの身近な人の未来を確実に変えることになるでしょう。

また、おとな向けの絵本ワークショップも年間100人以上が参加。
保有絵本は1000冊以上。

B_facebook
B_ameba
B_twitter
B_homepage
特定商取引法に基づく表記
Copyright (c) TOMOKO JOKO
Powered by reservestock