Top_7
Top_5
Top_6
Logo_s
  Menu_1sesson_no Menu_2event Menu_3contents Menu_4shop_no Menu_4contact Menu_5voice
 
 
26492_zduxzmfinje1mtu5n

はじめまして!
加藤みほです。

大阪のはしっこで、3兄妹+夫5人暮らし。


私の活動の原点は、ここにあります。


「ぼくなんていらないこなんやろ!?」

顔を涙でぐしゃぐしゃにしながら
そう訴えてきたのは
当時3歳だった長男でした。

 


何時間でも走り回れるスタミナを持ち、
スーパーの自動ドアは、スタートライン。
走り出したら一直線だから、周りなんて見えない。
迷子なんて思われないから、だれも止めてくれない。
もちろん信号では止まれない。



それが彼単独ならまだいいんです。
問題は、保育園活動。
お散歩では一緒に手をつないでいたお友達のことを忘れて走り出して、けがをさせてしまう。
お昼寝の時は、一人だけ部屋を飛び出し走り回る。



妹ができた、と感づいたのが、
妊娠おそらく1週目。
検査薬でもわからない頃です。

 


それからさらに多動に加えて、家からの飛び出し、
ベランダから下の階にものを投げる…



気づけば、毎日怒って、怒鳴り散らして、
力づくで取り押さえる日々。



「言うことを聞いてくれるように」
上から押さえつけるようにして育てていたんです。
フルタイムで働いて、夫の協力なんて全く期待できない。
そんな私の心には余裕なんてなくて、
毎日必死だった。



だから、ハッとしたんです。
「ぼくなんていらないこなんやろ!?」
そんな風に思わせていたことに驚いて、ショックで。



このままじゃいけない!



そう気づいたときには、もう何を言っても信じてもらえない状態になっていました。

 


褒めても
「そんなん言ってもどうせウソやろ?」
叱ると
「おれのこときらいなんやろ!しんでしまえばいいんやろ!」



何度も言いますが、3歳なんです。
3歳の子に、そんな風に言わせてしまう私は最低な母親。


落ち込みました。
でも、どうしたらいいのか、わからない。



ちょうどこの頃、長男の発達障害がわかります。
「自閉症スペクトラム」



この診断がついたとき、ホッしたんです。
よかった、とも思いました。



「きっとこれからこの子はもっと良くなる。」
「私も、もっと変われる」



これまでずっと、
私のせいで、この子がダメになってしまったと思っていたのが、
私は関わり方を知らなかっただけかもしれない。
この子に合った関わり方が見つかるかもしれない。
そしたら、もっと親子の関係も変わる!
そんな希望が見えた気がしました。

 


それから、人に会いに行って話を聞いて、学んで、
自分の子育てから、違う視点を取り入れるようになりました。

 


たくさん学んで取り入れて、
長男が4年生になるころには、支援学級も卒業。
通常学級にいる今も、楽しく過ごしています。

 


そして、親子の関係も良好!
時々ケンカもします。でも、その心の底には「自分はどんなときも家族に愛されている、ぼくは大切な存在」という親子の信頼関係あります。



思春期に入りかけている今、
表現できないイライラにをぶつけてくることだってあります。
でも、そのときに長男は毎回、私にこう言うんです。



「なんでイライラしてるのかわからんけど、どうにもできひんから、今は話しかけんといてな!落ち着いたらお母さんとこ行くから、そのときギュッとしてな!」



その表情は怒りの感情でいっぱい。でも、心は葛藤している。
それをうまく表現できないから、表現できない!ってことを私に伝えてくれています。



親子の関係も最悪、先が見えなかったあの頃から変わったのは
「日々のコミュニケーションと、食事」



〇子どもの行動のどこに注目するのか。
〇どうしたら、心を開いて会話できるのか。
〇心が疲れているときは、何を食べたらいい?
〇自分で作り出すワクワク感。
〇いただきます、と感謝をしていただくこと。
〇おいしいね、ありがとうって感謝されること。



そして、壁に当たっても、乗り越えられる力をつけること。
心も、体も、元気でいること。



生まれてから一生を終えるまで、切っても切れない、日々のコミュニケーションと食事。
この2つを整えることで、出口の見えない最悪な関係も変わる!



私と長男のこれまでの変化だけでなく、
同じように子育てに悩むお母さんからも、変化を感じていただいており、確信しています。



お母さんも、お子さんも、心からすこやかに。
家庭が、1日のエネルギーを充電できる場所になるように。
そんな家庭が、親子が増えるように、お手伝いさせてくださいね^^

 

 
お試し気分でOK!
いつでも解除できますので、気軽に登録してみてくださいね。
どうぞよろしくお願いいたします☆
 
※ご注意ください※
●icloud.com、me.com、からのご登録は文字化けになるというご報告をいただいております。
gmailやyahooアドレスをおすすめします。
●携帯からご登録の方は、設定により届けられない場合があります。
tabetore.kato@gmail.comからの送信許可を設定してからご登録くださいね^ ^
Facebookアカウントをお持ちの方
お名前
姓)
名)
メールアドレス
どこで知りましたか?
チェックを入れてください
  • アメブロ
  • Faceebook
  • インスタ
  • ご紹介
  • 検索から
  • その他
ご紹介者
解除停止はメールのリンクをクリックするだけでいつでも可能です。
感想、応援メッセージでシェアにご協力ください
投稿にはfacebookにログインしている必要があります。
 
 
 
 
Profile
食べトレシニアインストラクター

加藤みほ

Mission
ココロから楽しく、たくさんのことにチャレンジできる親子を増やしたい。褒める叱るではなく、認めて寄り添って応援する関わりで。食のチカラを存分に生かして。食と親子のコミュニケーションで、夢を叶えるお手伝いをさせていただきます。
Senmon
食べトレ 子育て 発達凸凹 グレーゾーン

管理栄養士
食べるトレーニングキッズアカデミーインストラクター
キッズキッチンインストラクター
患者給食受託責任者
アドラー心理学ELM勇気づけリーダー はじめまして!

こども料理教室 はぐみキッチン
食べトレシニアインストラクター
加藤みほです。


人はみんな、食べたものでできてるからこそ♡


困ったときは
【食】に目を向けてみませんか?

●お子さんについついダメ出ししちゃう…
●成長が気になって仕方ない…
●周りの子と比べちゃう…

そんな時は、
一緒にキッチンに立ってみましょう♪

できていること、たくさんあるんだ!
そんな発見に出会えます^^

●イライラキーキーしてるな…
●お肌がカサカサ…
●なんでこんなに無気力なんだろう…

そんな時は、食べているものに注目♪
食べトレは
【楽しく食べて、心から健やかな体をつくる】
それを叶えてくれます♪

お子さんが中学生になったときに
自分で、自分の体に必要なものを
自分選び取ることができる

親元から離れても、心と体を健康に♪
そんなお手伝いをさせていただきます。

3児の子育て真っ最中!
自閉症スペクトラムな心やさしい自由っこ小4長男
人見知りで、新しいことにしり込みしちゃう6歳長女
なんでもこーい!な頼れる姉さん、3歳次女

見守り型なわが家流子育ても交えて、お伝えいたします。
どうぞよろしくお願いいたします^^

B_facebook
B_ameba
イベントカレンダー
Copyright (c) 2010-2021 Cloudlink, Inc. All Rights Reserved. 08
Powered by reservestock