Top_7
Top_5
Top_6
Logo_s
  Menu_1sesson_no Menu_2event Menu_3contents Menu_4shop Menu_4contact Menu_5voice
 
 
18_nmi1zdfjmjjindqxn

【未創研】
読むだけで未来を創造する自分が育つメルマガ講座

こんにちは、

自分と向き合う未来創造力研究家
YUKI です。

 

自分に向き合うことは

自分の欲しいものを自分に聴くこと。

 

お腹が空いた時に、

何食べようかな?

 

って自分に聴くような、

ごくありふれた自分との対話です。

 

「自分と向き合う」というと

特別にすることのように感じるかもしれませんが、

私たちは日常のありとあらゆる選択をする際、

無意識に

自分と対話しています。

 

 

そう、生きるとは、

選択の連続。

 

 

迷った時に、


自分がどうしたらいいのかわからなかったり、

アドバイスをもらっても受け入れられなかったり、

なんとなく保留にして前に進めなかったり、

 

そんなこと、あるかもしれませんね。

 

私もあります。

 

そういう時が、一番大事な自分と向き合う時。

 

 

「本当はこうしたい」

 

自分に向き合い、その声を聞けるかは、

能力ではなくてスキルです。

 

 

メルマガでは、

毎回、自分の望みの声を聞くための、
ちょっとした仕掛けを組み込んでます。



読むとこんな効果が期待できます&こんな情報を受け取れます。

↓↓

  • ・自分が何を感じているかに気づけるアンテナが立つ
  •  
  • ・自分が大事にしていることに気づけるアンテナが立つ
  •  
  • ・自分が感じていることに気づける感覚が育つ
  •  
  • ・自分の持ってるすごいチカラを引き出すヒントを得られる
  •  
  • ・個人体験セッションやイベントの先行告知と優先予約受付け

 

 

メルマガでお会いできるのを楽しみにしています。

YUKI

 
 
 
 
 

※登録はできるだけパソコンメールでお願いいたします。

携帯会社等ののアドレスにメールが届かないという報告が出ています。

スマホでメールを受け取りたい場合は、
リザストメーラーアプリで確実にメールを確認できます。
▼アプリのインストールはこちらから▼
iPhoneAndroid対応)
https://smart.reservestock.jp/menu/application_install_page

Facebookアカウントをお持ちの方
お名前
姓)
名)
メールアドレス
ご紹介者
解除停止はメールのリンクをクリックするだけでいつでも可能です。
 
 
 
 
Profile
Professional
自分と向き合う未来創造力研究家

YUKI FUJITA

Mission
お金中心の今の社会の仕組みを、命中心の社会に変えること
Senmon
自分と向き合う セルフコミュニケーション 創造力開花

ブラジルが大好きで移住10年を経て、現在は日本在住。実母とブラジル人夫と5歳4歳の子と暮らしています。

幼い頃から敏感で周囲の空気を読んでは他人の期待に応えようとするような子供でした。大人になっても周りに合わせてしまう癖が抜けず、生きづらさを感じてきました。

そんな私が、大人になってから様々な「自分を知る」ワークを通じ、人と自分は違うのだと知るようになってから、悩みとは、”誤解”のようなものだとはっきり分かるようになりました。特に「聴くこと」ことを追求するようになってからは、自分の起きてほしいと思うことを、どう行動するのかを、自分の中から見つけて現実を前進させることが日常的にできるようになっていき、今、自分の生きたい道の真ん中をどんどん進んでいる感覚を感じられるようになりました。

私の作りたい未来は、自分らしさを生かし生きる人が、他人に影響を与え、輝ける人が増える連鎖を起こすことで、今よりもさらに色とりどりの世界ができることです。
それぞれの人が自分の持つ”力”をどう発揮したら良いかがわかり、創造的に生きられる人が増えたなら、世界はどんなに豊かな面白い場所になるでしょうか。
私のようにどんなに自分に迷いや悩みを持っていても、自分と向き合い、欲しい未来を創造できる自分に出会い直せるよう貢献し、世の中に彩りを放てる人を増やしていきます。

B_facebook
B_ameba
B_twitter
イベントカレンダー
Copyright (c) 2010-2019 FaceReadCommunicationProgram, Inc. All Rights Reserved. 08
Powered by reservestock