Top_7
Top_5
Top_6
Logo_s
  Menu_1sesson_no Menu_2event Menu_3contents Menu_4shop_no Menu_4contact Menu_5voice
 
 
18_yjcxzdy5mzqwzdnky

どたばた双子ワーママの【ありの“ママ”への応援メール】

楽しいはずの子育て。

思っていたより大変な子育て。

そんな中で、ため息ばかりついているママへ。

そのため息、「笑顔」に変えていきませんか?

 

別人になる、

辛いしんどい試練に耐える、

そういったことではなく、

今のあなたのままで、

目の前の出来事の捉え方、

自身の認識する方向を少しだけ変える。

それだけで見える世界が変わる。

 

ママの「しんどい」「つらい」「できない」のため息を、

最「幸」の笑顔に変える!

そんな出来事の捉え方を変えるヒントをお送りします。

 

 

私も双子のママです。

フルタイムで働き、日々時間に追われているママです。

笑顔で子どもたちと接していたいと思う一人のママです。

 

 

だからこそ、

 

子どもや、夫や、家族のため?

いやいや、自分自身のために!



ママが、誰かの真似ではなく、

自分の「ありのまま」に、未来を歩いていい!

 

そんな、ありのままに笑顔のママへ!

 

そんな応援メールです。

 

 

【大事なお願い】

ご登録の際にご確認をお願いいたします。

◆下記のフォームからご登録いただくと、

 登録されたメールアドレスに、ご本人様への確認メールが届きますので、

  案内をご確認の上、対応をどうぞよろしくお願いいたします。

 

◆確認メールが届かない場合、

  PCメールの受信拒否、迷惑メールフォルダへ入ってしまっている、

  などの可能性が考えられます。

  ご確認のほど、どうぞよろしお願いいたします。

  • なりたい未来に縛られていませんか?【ありのママ応援メール11 】
  • ママ辞めたいと思った夜【ありのママ応援メール10 】
  • 家事をしない夫にイライラ!?【ありのママ応援メール9】
  • 「やらなきゃ」に追われてない?【ありのママ応援メール8】
  • 忘れられない情熱ってありますか?【ありのママ応援メール7】
  • 未来を決めると、その未来がやってくる!?【ありのママ応援メール6】
  • ~したいじゃ変われないよ!【ありのママ応援メール5】
  • 「出来ない」前提で行動していませんか?【ありのママ応援メール4】
  • 「稼ぐ」で気づいた“ことば”の話【ありのママ応援メール3】
  • それはもしかしたら恐ろしい呪いかも!?【ありのママ応援メール2】
Facebookアカウントをお持ちの方
お名前
姓) Must
名) Must
メールアドレス Must
ご紹介者
解除停止はメールのリンクをクリックするだけでいつでも可能です。
感想、応援メッセージでシェアにご協力ください
投稿にはfacebookにログインしている必要があります。
このメルマガはリザーブストック 無料利用版 を使っています。
リザーブストックは原山ともか様よりご招待いただくことで無料でご利用いただけます。(有料版有り) ご利用希望の方はhara_tomo@kirschbaum.sakura.ne.jp宛てに利用希望の旨ご連絡ください。
 
 
 
 
Profile
自己認識学アウェイクイング・コンダクター

原山ともか

Mission
子どもや夫や誰かのためではなく、自分のままに、最幸の「笑顔」が当たり前の毎日に!

双子ママだからこそHAPPYな毎日を!「気づき」のチカラで、ママが、「ありのまま」に過ごし、ため息を最「幸」の笑顔にかえる!そんなお手伝いをしています。

もうじき4歳の双子の女の子のママであり、日中は別の仕事をしている働くワーママでもあります。(ダブルワークのため、顔を隠しておりますこと、失礼いたします)


双子を出産してから、私はため息ばかりの母でした。どうして我が家は双子なんだろう?双子じゃなきゃよかったのに。そんなことを想ったのは1度だけではなく。そして、そう思ってしまう自分に、自己嫌悪し、また、ため息をつく。だから、変わらなきゃ!もっと笑顔のママにならなきゃ!と必死に過ごす。そんな苦しい日々が続きました。

でも。ココロを整えることを学んだことで、生活は激変。「ありのままでいい、私のままでいい」のだと、どしっと構えていられるようになりました。今は、双子でよかった!双子ママでよかった!心からそう思っています。

以前の私のように、楽しいはずの育児が、しんどくなっているお母さんたちに、ありのままでいいんだよ♪そのまま笑顔のママでいいんだよ♪というメッセージを届けたい!今はそんな想いで活動をしています。

そして、メルマガでは、子どもや夫や誰かのためではなく、自分のままに、ため息を最「幸」の笑顔に変えるヒントを、お届けしてまいります。

B_facebook
B_ameba
Copyright (c) 2010-2020 Cloudlink, Inc. All Rights Reserved. 06
Powered by reservestock