Top_7
Top_5
Top_6
Logo_s
  Menu_1sesson Menu_2event Menu_3contents Menu_4shop Menu_4contact_no Menu_5voice
 
 
18_nje3ymmynwiwm2rkn

最初の一歩を踏み出すための5つのステップ

なかなか最初の一歩を踏み出せないcry方へ
 
それはなぜですか?
 
人の目が気になる?
自信がない?
 
それは何で?
自分でもわからない?
それは「ブロック」と呼ばれているもの。
自分では気づいていない潜在意識にある自分を制限しているもの。
 
「〇〇でなければならない」と思っているものです。
「観念」ともいえるでしょう。
 
その観念は目には見えませんね。
 
それに観念に良い悪いはありません。
 
だって自分を守るために身につけているものもあるから。
 
そこに感情がくっつくとややこしくなるんですね(-_-;)
 
たとえば
小さい頃におとなしくしていなかったのでひどく怒られた。
その時の感情は、怖かったし悲しかった。
 
なので、怖いとか悲しいとか感じたくないので
怒られないようにおとなしくするべきだ。
という条件付きの観念で自分を守ってきたんですね。
 
どんな観念が自分にあるのか知っていますか?
 
 また、現実を変えたければ、意識の世界を変える。

目に見える世界を変えるには目に見えない世界を変える必要があります。

今という瞬間にあらゆる可能性があり、過去や未来の区別はありません。

今という瞬間の選択で過去も書き換えることができるのです。

原因と結果という考え方をやめて、「すべてのことは素晴らしい可能性がある」という考え方に切り替えて、「どんな可能性を自分は詳細にイメージできるか」と楽しく意識的にやってみることが大切です。

また、私たちは今この瞬間に考えていることやイメージしていることが未来を決定しているので、自分の思考パターンを見つけることは大切です。
 
見つかったら要らないものは手放しましょう!
 
まずは自分自身を理解して不要なものを手放すワークを5回お送りします。
 
あなたが目指す未来を早く手に入れるために!
 
やり終えたあなたは小さな一歩が踏み出せることを願って(*´▽`*)
 
 
 

 こんな方にお勧めです!

  *自分に自信がない方

  *なかなか願いが叶わない方

  *人に合わせてばかりの方

  *自分の将来のイメージがわかない方

  *頑張っても頑張っても報われない方

      *毎日が楽しくない方 など

 
  • 最初の一歩を踏み出すための5つのステップ~1日目「どう感じている?」
  • 最初の一歩を踏み出すための5つのステップ~2日目「何を考えた?」
  • 最初の一歩を踏み出すための5つのステップ~3日目「自分を縛っているものは?」
  • 最初の一歩を踏み出すための5つのステップ~4日目「味わい尽くす」
  • 最初の一歩を踏み出すための5つのステップ~5日目「お別れの日」
  • 最初の一歩を踏み出すための5つのステップ~6日目「お疲れさまでした」
Facebookアカウントをお持ちの方
お名前
姓)
名)
メールアドレス
ご紹介者
解除停止はメールのリンクをクリックするだけでいつでも可能です。
感想、応援メッセージでシェアにご協力ください
投稿にはfacebookにログインしている必要があります。
このメルマガはリザーブストック 無料利用版 を使っています。
リザーブストックはミライ クリエイト コーチ様よりご招待いただくことで無料でご利用いただけます。(有料版有り) ご利用希望の方はyumejitugen24@gmail.com宛てに利用希望の旨ご連絡ください。
 
 
 
 
Profile
セラピスト

ミライ クリエイト コーチ

Mission
自分の未来を自分で創る人を応援して笑顔の人を増やすこと
Senmon
レイキ ルノルマンピケリーディング  自己実現  5次元思考

レイキマスター
ルノルマンスクール初級講師


~脱鎧~未来創りの専門家「ミライ クリエイトコーチ」

社会保険労務士事務所(採用・教育チーム所属)退職後 「スマイル ビーイング」を立上げる。

ルノルマンスクール初級講師、レイキマスター、コミュニケーション力UP研修講師。
前職の経験を活かして就労支援も行っています。
「自分の人生を自分で創る」をモットーに、笑顔になる後押しを延べ3000人にしています。

「人には使命がある」と言われます。42歳で寝たきりの生涯を終えた妹は何のために生まれてきたんだろうか?今も答えは出ていません。
幼い時に土間に落ちて頭の打ちどころが悪く、脳の手術の甲斐もなくだんだん身体の自由がきかなくなり、自分でできることは誰かに口に入れてもらった食べ物を咀嚼して飲み込むことだけ。そんな妹が亡くなる2年前ぐらいから、食べ物を口に運んでも口をぎゅっと閉ざしたまま。きっと、もう生きるのは良いと自分で決めて食べなくなったんだと思います。ですが、今の医療はどうにかして生かします。口を開けないのなら、胃ろうで流し込む。
楽になろうと思ったのにしんどい目に合うとは思ってもみなかったかもしれません。妹が最後に自分の意志でやろうと思ったことは残念ながらできませんでした。

そんな妹がいて、私は母から「妹のおかげで高校に行ける」などと何でも妹のおかげだと思えとばかりに言われてました。大人になって自分の感情を出すことができず、自分に自信もなく他人軸で生きてきました。でもそれは自分らしくないことに気づき、コーチングを学びましたが、自分の願いを叶えるにはもっと早くできる方法はないかと思っていたところ、レイキに出会い、スピリチュアカウンセラーとしていろいろな方法で笑顔になる人を増やしています。

B_facebook
B_ameba
B_homepage
特定商取引法に基づく表記
Copyright (c) 2010-2018 Cloudlink, Inc. All Rights Reserved.
Powered by reservestock