Articlelist

商品一覧

Cart

カート

14823_発酵発芽玄米

発酵発芽玄米

⽇本そして世界を救う
『発酵発芽⽞⽶』
ー国⺠の健康を守る秘伝の発酵技術ー

悠久の時を超えた発酵技術
ー ⼈間に有⽤な⾷材改変 ー


善⽟微⽣物の代謝(および中間代謝産物)を利⽤し、⾷材の構成要素を分解(=吸収しやすく)し、悪⽟微⽣物の繁殖を防⽌(=腐敗防⽌)する。



発酵とは
  • 発酵は、⽣物細胞がエネルギーを得るため⾏為である代謝のひとつであります。
  • 光合成以外の代謝は有機物(例外的に硝酸塩や硫酸塩などの無機物)を酸化させます。

  • その際、遊離されるエネルギーでATPを合成します。
    この酸化反応の副産物の⽔素(もしくは電⼦)の排出形態により、光合成以外の代謝は以下のように分類され、発酵はこれら分類のひとつであります。

  • •発酵︓⽔素(もしくは電⼦)を有機物に渡す
    •好気呼吸︓酸素に渡す
    •嫌気呼吸︓無機物に渡す

  • 発酵の⼤きな役割は⼆つあります。
    ⼀つは上述のように、有機物を酸化分解しATPを得ること。
  • もう⼀つは、還元型NADを酸化型NADへ戻す役割です。




悠久の時を超えた発酵技術
ー 発酵産業 ー


酒造・味噌の製造技術と保存食・軍事技術を通して、発酵技術は熟成されてきました!




高級酒と雑給酒ほかに、『御酒(ごしゅ)』、『禮酒(れいしゅ)』、『三種糟』など、朝廷の儀式や酒宴⽤の⾼級酒と、『頓酒』、『汁糟(じゅうそう)』、『粉酒(こさけ)』など下級官吏⽤の雑給酒が造られており、いずれも⽢⼝の酒でした。

このなかで代表的な『御酒』の造り⽅を⾒ると、原料も醪⽇数も『⽩酒』と同じですが、搾った酒を今度は⽔代りにして再び蒸⽶と麹を仕込みます。
これを4回くり返すとあります。

これは⼋岐⼤蛇を退治するのに造ったという『⼋塩折之酒(やしおりのさけ)』と同じです。
また、意外なのは『三種糟』です。原料の⼀部に、ビールに使う⻨芽や栗が使われていることです。

律令は唐制を下敷きに作られたものなので、この新しい律令国家のもとで編纂された『延喜式』ですから、酒造法にも中国の影響があったのではないかと⾒られています。

平安京にも酒屋がところで、禁酒を命じられていた庶⺠はその後どうなったでしょうか。

実は京の街ではわが国に酒造りを伝えたと⾔われる帰化⼈秦⽒の⼦孫が貴族たちを相⼿にあちこちで酒屋業を始めていました。

ですから、庶⺠に対する禁令も実際には徹底できず、市井でも酒造りが盛んに⾏われるようになり、貴族たちの酒が庶⺠の酒になっていきました。

因みに、酒の神社松尾⼤社は秦⽒の祖が勧請したと⾔われています。


発酵発芽玄米の力①

「活性酸素の除去」
(豊富なビタミンE群等による)



発酵発芽玄米の力②

「⼤腸における短鎖脂肪酸の合成増強」
(豊富な繊維質による)





活性酸素を中和し、抗酸化がある


活性酸素を中和し、抗酸化作用のある『発酵発芽玄米』


■万病の元である活性酸素とは
体内の酸素が、より酸性値の強い物質に変化したものです。
体の免疫機能として作用し、ウイルスから体を守ってくれる一方、適量を越えると、体の細胞を攻撃したり、錆びさせたりしてしまいます。
■活性酸素が多くなると言う事とは
例えば、インスリンというホルモンを分泌するのは膵臓の中のベータ細胞ですが、このベータ細胞が活性酸素に非常に弱く、活性酸素が過剰に体内に滞留すると、べータ細胞を破壊しインスリンの分泌量が減って高血糖状態になり易いです。
これが長期間続くと慢性的な糖尿病になる元凶です。
■この発酵発芽玄米は
活性酸素を中和する抗酸化作用があるのが当社の発酵発芽玄米です。

サプリメントのように少量を摂取するのではなく、主食ですので丸々抗酸化力を体感できます。



発酵発芽玄米の推薦者




検索条件に該当する商品がありません。