Top_7
Top_5
Top_6
Logo_s
  Menu_1sesson Menu_2event Menu_3contents Menu_4shop Menu_4contact_no Menu_5conclusion
 
 
14_601009851
14_20181005230234

はぐれめたるヘルム

決済商品(発送無し)
1冊  352,800 円 (税込)
在庫数  15 冊
10000円以上お買い上げで送料無料
5個以上お買い上げで送料無料





守備力+50で、【勇者】【ライアン】【クリフト】【トルネコ】【ミネア】が装備可能。
呪われていない兜の中では文句無しに最強で、次点の【てんくうのかぶと】(+30)や【てっかめん】(+25)に大差を付けており、前衛キャラにとっては垂涎ものの一品。ただし主人公には天空の兜があるので、特にライアンやトルネコを優先して装備させると良いだろう。
後衛に位置する事が多いクリフトやミネアにとっては【しあわせのぼうし】の方が有効な場面は多いが、これと他のはぐれメタルシリーズ装備で守備力を極限まで上げる事で、前衛に立って物理攻撃をほぼシャットアウトする戦略も有りかもしれない。
因みにミネアが装備できる兜は【きんのかみかざり】【じゃしんのめん】(一応兜っぽく見えるが)と帽子しかないので、名実とも兜となるとこれしかない。
実は勇者以外の4人にとっては300オーバーの守備力を得るには必須アイテムである(邪神の面は実用性ゼロなので除外)。ただしクリフトでもLv50以上は必要だし、他の4人は最大レベル近くまでのレベルアップが必要、或いはそれにプラス【すばやさのたね】によるドーピングが必要になるので実現するのは相当キツイが。
なお、重要アイテム扱いとなっている為、売却不能であり捨てる事も不可能である。
 
入手方法は【ちいさなメダル】20枚と交換。
今作の小さなメダルは交換方式である為、理屈の上ではメダルが沢山あれば2個以上貰えるのだが、総計で32枚しかメダルが存在しないのでどう頑張っても1個しか交換出来ない。
それ以上に、このアイテムの交換を優先するとなると、【きせきのつるぎ】や幸せの帽子という便利なアイテムを当分の間自粛しなければいけない。一応、全4種の景品を1個ずつ交換出来る枚数はあるのだが、奇跡の剣や幸せの帽子を2個以上取得出来なくなるジレンマも抱えている。
とはいえ、数少ないメダルを20枚も使ってまで交換しなくても後述の通り現実的に入手する方法はあるので、【エスターク】戦以前での入手に拘らなければ他の景品を優先した方が良いだろう。
 
重要アイテム扱いなので一品物と思いきや、実は名前とは裏腹に【メタルキング】のドロップアイテムにもなっている。因みに【はぐれメタル】がドロップするのは幸せの帽子。
同じく重要アイテム扱いの【はぐれメタルのたて】と同様、複数入手出来る可能性があるのは何とも嬉しい誤算だが、ドロップ率は何と1/4096なので、自力でその事実に気づくことはほぼ無いだろう。よって、現実的に入手するには【トルネコの盗み】に期待する事となる。
とにかく、メタルキング戦では常にトルネコを出しておき、本腰入れて入手したい場合は【どくがのナイフ】で麻痺させ、ひたすらメタルキングを回復させてはトルネコが盗むのを粘り強く待とう。運悪く会心の一撃等で戦闘が終わってしまう事もあるが、通常でのドロップを願うのは絶望的。その辺は根気良く頑張るしかない。
 
ただし、FC版では売却不能な重要アイテムはパーティ内で誰かしら所持している場合、そのアイテムのドロップ判定が無くなる仕様がある事には注意。2個目のヘルムを狙って、延々とドロップ判定の無いメタルキング狩りを敢行したプレイヤーもいるだろう。
よって、もしすでにこれを誰かしら持っている場合は、一旦全て預かり所に預けて手元から離しておくこと。これを繰り返す事で、人数分のはぐれメタルヘルムを揃える事も可能となる。
 
…前作の【さとりのしょ】に関しては、正攻法では宝箱から入手出来る固定の1つ以外は【アカイライ】から1/2048という雲を掴む様な極低確率のドロップに期待するだけであった。
そう思えば、本作のこのアイテムにおいては気の遠くなる程の長い時間を掛けてメタルキングを狩りまくる必要が無い分、かなり良心的であると言える。正にトルネコ様々である。




 

関連商品
 
 
 
 
Profile
Expert_s
自分生きビジネスコンサルタント

相馬 純平

Consultant
リザーブストック公式認定コンサルタント
Mission
すべての個人事業者が自己表現で生活できる社会を作る
Senmon
リザスト 自分生き

クラウドリンク株式会社代表取締役

PG。年間100万人が利用する個人事業者向けビジネス支援システム「リザーブストック」開発者。

顧客管理、メールマガジン、ステップメール、カスタマイズ診断、ショップ開設、PayPal決済連動など、圧倒的なサービス連動を駆使し、運用開始から僅か4年で国内外に数千名にも及ぶファンを獲得。見込客獲得からファン化コミュニティ形成までワンストップサービスを提供する。アナログ面でもセミナー、コンサルティングなど精力的に活動。利用者の年間受注総数36,000件(一日平均98.6件)、予約件数864,000件(一日平均2,367.1件)、年間イベント設置件数65,000件(一日平均178.0件)等の実績は他に類を見ない。
 
1975年東京生まれ。小学生時代からオリジナルゲームを設計し、大学卒業後、ITベンチャー入社。1年後には取締役に就任し、連結年商数十億円企業に成長。並行して政府レベルのIT政策に関係するも、2008年リーマンショック、2009年民主党政権交代に伴う政府案件白紙撤回等、一連事件による売上げ低迷の責任を受け取締役解任。仕事、家族、住居の全てを一夜にして失う。
 
2010年、世事に左右されない“自分らしい生き方の実現”を提供するビジネスパートナーをコンセプトに、「リザーブストック」をリリース。その後も年間300人、総計1,000時間を超えるコンサルティングから、個人事業の成功法則を探究。幾度となくバージョンアップを繰り返し、体系化された成功法則をプログラミングしたフルサポートシステムを構築。「自分生きビジネスのプラットフォーム」として個人事業者をオンリーワンの市場創出へと導く。

  junpei.souma
B_ameba
B_homepage
特定商取引法に基づく表記
イベントカレンダー
Copyright (c) 2010-2021 Cloudlink, Inc. All Rights Reserved. 08
Powered by reservestock