Top_7
Top_5
Top_6
Logo_s
  Menu_1sesson_no Menu_2event Menu_3contents_no Menu_4shop Menu_4contact Menu_5voice
 
 
6580_表紙

「黒鍵のまほう 楽譜集」(pdfファイルダウンロード版)♪

決済商品(発送無し)
定価 3,000 円
  2,500 円 (税込)
在庫数  93 

<「黒鍵のまほう」とは?>

ピアノには「ド♯」(レ♭)〜「ラ♯」(シ♭)という5つの黒鍵があります。

その黒鍵を、生徒さんがたった「指一本」で演奏でき、なおかつ美しい楽曲に仕上げたのが「黒鍵のまほう」です。

 

昨年春、その白鍵バージョンである「1音のまほう」(「ド」〜「シ」までの7つの白鍵を弾く)をリリースしたところ、大反響があり「ぜひ『黒鍵版』もつくってください!」とのご要望をたくさんいただきました。

 

そしてこのたび、「黒鍵のまほう」完成となりました。

 

<こういう場面に向いています>

①体験レッスン=まだピアノを弾いたことのない生徒さん(体験者さん)でも「指一本で同じ音を弾く」ことならできます。伴奏(先生が弾きます)と合わせると、あたかも「自分が弾いている」気分になり、ピアノが好きになるでしょう。ご入室率もグンと高まります!

 

②発表会=「発表会に子どもを出したい!でも、まだ習い始めたばっかりでなにも弾けないし・・・」そう考えている親御さんは、たくさんいらっしゃいます。たった1音でも美しく響く「黒鍵のまほう」なら、今年の発表会からご出演OK!です。

 

③高齢者のレッスン=ご高齢の方は、なかなか指が動かないかもしれません。でも、おしゃれな曲を早く弾きたい、という願望をお持ちではないでしょうか?そんな場面にも「黒鍵のまほう」はピッタリです。

 

 

<動画公開>

(「レ♭の小径」「こねこのミー♭」の二曲)

 

①「レ♭の小径」

 

 

・URL= https://www.youtube.com/watch?v=By-JUW2BW2s

・   埋め込みコード=<iframe width="560" height="315" src="https://www.youtube.com/embed/By-JUW2BW2s" frameborder="0" allowfullscreen></iframe>

 

②「こねこのミー♭」

 

・   URL= https://www.youtube.com/watch?v=d2hltJV_UiM

・   埋め込みコード=<iframe width="560" height="315" src="https://www.youtube.com/embed/d2hltJV_UiM" frameborder="0" allowfullscreen></iframe>

 

<内容(曲目)>

①②プロローグ「黒鍵のまほう」(黒鍵ならどこをひいてもよい曲。2バージョンあり)

③「レ♭の小径」

④「こねこのミー♭」

⑤「ファ♯は笑う」

⑥「LOVE LOVE ラ♭」

⑦「シ♭の進撃」

⑧アンコール「ファ♯のタンゴ」

⑨エピローグ「チューリップのまほう」(5つの黒鍵だけで弾けます)

 

全9曲/20ページ/A4版

 

 

 

関連商品
 
 
 
 
Profile
Expert_s
スーパーピアノ教室

一般社団法人ピュアメロディー

Mission
新しい時代のピアノ教育を創造する♪
Senmon
音楽教育・教育全般

新メルマガ!!
「生徒さん、先生が10倍元気になる!『スーパーピアノ教室』経営」

新しいメルマガは「元気」という言葉のとおり、生徒さん、先生が「自分らしく」生きることで能力を開放し、わくわくノリノリでレッスンに取り組む!そんなメルマガです。

☆ 新メルマガ創刊の理由☆
このメルマガ創刊には「ある理由」が出発点になっています。
最近の傾向として、生徒さんに集まってもらうために、いろいろな「付加価値」をつける教室さんが増えています。
絵画や造形ができる、他の教科も学べる、リズム遊びや歌などピアノ以外のレッスンを受けられる・・・

実は、それらは、必要ないと考えています。

「ピアノ教室」なのだから、ピアノを教えれば良い。
ピアノが好きになり上達すれば良い。

でないと、あれもこれも・・・になり、先生が疲れてしまうのです。


もし「ピアノ以外」をのことをするのなら、それは「ピアノをより深めるため」に、ピアノに紐づける感覚が必要です。たとえば弾きたい曲をイメージして絵を描いてみよう、イメージ豊かに弾くために・・・のように。

つまり、「ピアノ中心軸」を、もう一度取り戻さなければならない。

ただし、以前のような強制でなく、自発的にピアノに臨めるカタチで!

☆ ピアノに熱狂する生徒さんを育む☆
このように、ピアノを中心にすること。ただし「やらされ」でなく「やりたい!」状態で。

これが、進化したピアノ教室=「スーパーピアノ教室」なのです。

では、どうしたら生徒さんがピアノに熱狂するようになるのでしょうか?
そのために、メルマガでは、次の3つを提案します。

① アクティブラーニング(能動学習)
② 進化型組織(一人一人が自立する)
③ コラボレーション

新メルマガでは、この①~③すべてについて書いていきます。

B_facebook
B_homepage
Copyright (c) 2010-2019 Cloudlink, Inc. All Rights Reserved.
Powered by reservestock