Top_7
Top_5
Top_6
Logo_s
  Menu_1sesson Menu_2event Menu_3contents Menu_4shop Menu_4contact Menu_5voice
 
 
35356_online tb gathering-6
35356_スクリーンショット 2021-01-06 12

【録画視聴版】タントラ・バードたちの集い12月30日(水)

決済商品(発送無し)
定価 5,500 円
  5,500 円 (税込)
30000円以上お買い上げで送料無料
5個以上お買い上げで送料無料




タントラ・バードたちの集いオンライン講座【録画視聴版】



・本講座は2020年12月30日(水)午後に開催された「タントラ・バードたちの集い〜なぜタントリカは死を祝うのか?その方法は?」の動画版です。

※また本講座は次回開催予定(時期は未定)「Tantric Death - Opening the Door to the MAHA-JIVAN -タントリックな死〜偉大なる生の扉を開け放つ〜」本コースへのイントロダクトリー講座となります。

・動画は三部構成になっており、動画時間は全体で約4時間です。
 第一部 約100分
 第二部 約70分
 第三部 約60分

・三部全体をひとつの講座としてのご注文のみ。各パート毎のご注文は不可。

 

 


<講座内容>


第一部
・キリストにとっての死とは
・ブッダにとっての死とは
・シヴァにとっての死とは
・タントリカにとって死を祝うとは何を意味するのか
・Tantric Death瞑想(ガイド瞑想)

第二部
・テーマ「死」に関する参加者からの質問に答えます

第三部
・テーマ「死」に関する参加者からの質問に答えます
・Tantric Death瞑想(Oshoのヒンディー語講和Main Mrityu Sikhata Hunより)

※質問の内容(一部紹介)
・生きること、死ぬことについて
・死への恐怖について
・魂、輪廻転生について
・安楽死について
・自殺について
・看取り、喪失感について
・罪悪感について





▶︎視聴方法
お支払い完了後、ご注文頂いたメールアドレスに動画視聴用のリンクが届きます。
リンクをクリックして動画をご視聴いただけます。

▶︎視聴期間
リンク受信後、3ヶ月視聴可能です

 

 

 

 


タントラ・バードたちの集い

※この講座は来年開催予定「Tantric Death - Opening the Door to the MAHA-JIVAN -タントリックな死〜偉大なる生の扉を開け放つ〜」本コースへのイントロダクトリー講座となります。

 

死によって奪い去られることがないもの

 

それは一体何だろうーーと、想像してみたことがありますか?

 

あなたがタントラに興味があるなら一度は聞いたことがあるかもしれません。「古のタントリカたちは墓場(焼き場)で修行していたーー。」

 

タントラは生を祝います。そして同じように死も祝います。それがどうしてなのか、なぜタントリカたちは祝うのか?死を祝うとはどういうことなのか?そんな方法が存在するのでしょうか?

 

 

 

死によって奪い去られるものはすぐに思い浮かぶでしょう。しかし、奪い去られることがないものとはいったい何でしょう?

 

 

 

タントラは5000年以上、その方法を探求してきました。

 

 

 

偉大なるタントラ・マスターOshoは、言います。


タントラもまた死を使う。

でもそれは人を内側に向かわせるためであって、死に瞑想させるためでも、死から飛躍させるためでもない。

内へと向かわせるためだ。

Osho

- The Book of Secret

 

 

画像に alt 属性が指定されていません。ファイル名: photo-1489087584469-437d40177a45-1024x683.jpeg

 

死を祝うタントリカたち

 

今年最後のタントラ・バードたちの集いでは、タントリカたちが死を祝うのはなぜか?その方法とは何か?というテーマを掘り下げていきます。

 

2020年は地球規模で特別な一年でした。
これほどまでに「死」「見えない未来」「付きまとう不安」と隣り合わせで過ごした日々は未だかつてなかったという人も多いでしょう。

 

この一年を終えるにあたり、死を祝うタントリカたちの謎と神秘に焦点を合わせ、道の途上にある全ての探究者たちに光をあてていきたいとシヴァシャクティは考えました。

 

この講座で学べること

  • ・仏教タントラ視点による死へのアプローチ
  • ・ヒンズー(シヴァ)タントラ視点による死へのアプローチ
  • ・シヴァシャクティの死へのアプローチ
  • ・各システムのアプローチ相違を理解する
  • ・タントリカたちが死を祝う理由
  • ・死を祝う方法、瞑想のやり方

 

この講座に向いている人

  • ・死によって奪い去られることがないものが何か知りたい人
  • ・自分がいま生きている人生に無意味さを感じる人
  • ・人生の意味が本当にあるのか知りたい人
  • ・死に惹かれている人、死が怖い人
  • ・困難に直面している人
  • ・「もう死にたい」が口癖の人
  • ・死を祝うなんて信じられない人
  • ・内側にある不安や恐怖を解放して、新しい年を迎えたい人
  • ・年老いた両親がいる
    ・身近に死が近づいている人がいる

 




 



Icon_f
ようちゃん 様
もっと知りたいと思いました
ウッタム、トーシャンへ
タントラを知りたくて、ウッタムとトーシャンに出会いました。タントラと死がどう繋がっているのか、知りたくて申し込みました。今拝聴出来たこと嬉しく思います。私は出会いがあると別れがあるので、それが嫌で、出会いたくないと思っていたことに気づきました。毎年この季節(3.4月)出会いと別れが続くので胸がざわつき、身体のしんどさを感じていますが、出会いと別れ、セックスと死、エゴの死は何..
関連商品
 
 
 
 
Profile_flower
Professional_s
シヴァとシャクティが目覚める旅

Uttam&Toshan

Mission
本来の自分を取り戻し、喜びとともに生きることを可能とするタントラの道ー内なるシヴァとシャクティが出会い、溶け合い、ひとつになる旅をフルサポートします
Senmon
タントラ 瞑想 OSHO 性エネルギーの変容 セクシュアリティ 家族の座

OIM公認瞑想ファシリテーター ウッタム&トーシャン
ShivaShakti Awakening


シヴァシャクティ
タントラスクール講師


1万年以上前とも言われている古代インドで誕生したタントラを、現代に甦らせたきっかけとなったタントラの聖典『ヴィギャン・ヴァイラブ・タントラ』〜ハートを開き、宇宙とひとつになるための112種類の技法〜に忠実にのっとり、セックスだけに注目されがちなタントラの誤解を溶き、愛の道である《真のタントラ》を伝える。


カップル、シングルを問わずセックスを愛へ、愛を祈りへと変容していく旅の途上にある探求者向けのタントラ瞑想リトリートを東京・大阪、インドで開催。

タントラの聖地であるインド・カジュラホで日本人向けにタントラ瞑想リトリートを開催している唯一のタントラスクール。

15年以上の年月を瞑想を通して探求の道を共に歩んできたウッタムとトーシャンのふたりが提供するタントラリトリートは、ユーモアと笑い、真摯でかつ深みがあると定評がある。


◾︎ウッタム著書
『リアルウーマン〜すべての女性の魂のために〜』


◾︎LINE@登録はこちら
http://nav.cx/8o7nzUl

B_facebook
B_twitter
B_homepage
特定商取引法に基づく表記
Copyright (c) 2020 Art of Love. All Rights Reserved.
Powered by reservestock