Top_7
Top_5
Top_6
Logo_s
  Menu_1sesson_no Menu_2event Menu_3contents Menu_4shop Menu_4contact Menu_5voice
 
 
46232_サムネ

アトピーから脱却するための6ステップ講座<動画配信>

アトピー性皮膚炎にお悩みの方、ご家族のアトピーでお悩みの方、食事法を変えても良くならない方、お薬に頼りたくない方、ステロイドをやめようか悩んでいる方
決済商品(発送無し)
定価 55,000 円
1セット/全6講義  55,000 円 (税込)
在庫数  94 セット/全6講義
カートへ追加
販売期間は12月 4日(土)10:00~1月30日(日)23:59です
こだわり

37年間、ステロイドを使い続けたアトピー性皮膚炎を克服した、望診家 鈴木ゆかりが、望診講座と共にチカラを入れてきた講座が、動画販売になります!

 

アトピー性皮膚炎とは、医原病です。

 

医原病とは、医療によってもたらされる病態のことを表すものです。

 

もっと言えば、ステロイドというお薬を長年使い続けることによって、深刻化していく病気です。

 

こんなことを書くと、医療批判と受け取られかねませんが、お薬の持つデメリットをしっかりと治療の際に説明を受けていないことから、患者のステロイド依存が始まります。

 

どんなお薬であっても、必ず副作用があります。

 

(お薬だけは、副作用が許されているものなのです)

 

だからこそ、お薬は、使うタイミングと使う期間が非常に大事です。

 

これは、ステロイドに限らず、どんな病気にも言えることです。

 

この講座では、病院では教えてくれないことをお伝えしていきます。

 

これからの時代、病院に全てを委ねるのではなく、自分の体の責任は自分で負う。

 

医師と患者が二人三脚で治療を進めていく、という方向性にどんどん向かっていくでしょう。

 

(厚労省が、セルフメディケーション税制を推進しているのも、セルフケアの大事さを国民に意識づける目的があります)

 

このためにも、患者側の私たちは、自分の体の仕組みを理解し、医師と治療方針についてなど意思疎通がしっかりできるように、学んでいく必要があると、私は考えています。

 

この講座は、アトピーだけでなく、様々な病に悩む方にも助けになるでしょう。

 

ステロイドを使用するアトピー以外の病気には、アレルギー疾患があったり、自己免疫疾患などもあります。

 

ガンや糖尿病などの生活習慣病、婦人科系の疾患に悩む方にも共通する内容が満載です。

 

そうした、アトピー以外の方々にも、ぜひ自分の体を知るために、この講座を受けて頂きたいと考えています。

 

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

<アトピーから脱却するための6ステップ講座>

 

近年、アトピー性皮膚炎やアレルギー疾患に悩む人は多くなっています。

 

特に、1990年以降のアトピー性皮膚炎、アレルギー性鼻炎、喘息の増加率は著しく増えています。

 

厚生省は、1981年に「過食時代の栄養失調の子供増加傾向」と警告しており、この頃から思春期以降のアトピーが急増しています。

 

戦後まもなくから、徐々にアレルギー疾患の患者が増えてきているのは、食習慣の欧米化に伴う変化が大きな要因となっていることは確かです。

 

しかし、それ以外にも様々な要因があります。

 

鉄筋コンクリートマンションが増え、居住空間の気密性は高まり、またペットが飼えない・庭がないなどの理由から、様々な菌に触れることがなくなってきていたり、

 

病院では安易に薬で症状を抑える治療法が増えたり、なんにでも抗生物質やステロイド剤を投与するようになってきています。

 

花粉症の発症に至っては東京都では、都民の約49%にも急増しています(2019年調べ)

 

花粉は突然変異して、私たちに悪さをしているのでしょうか?

 

それよりも、私たちの免疫力に問題があるのです。

 

アトピー性皮膚炎とは“原因のわからない”症状を表しています。

 

多くの医師が、軽い症状のうちから“原因不明”として安易にステロイド剤を処方するようになり、

 

悪化すると、プロトピック(免疫抑制剤)という薬を処方して、症状を抑え込むだけの対処(もはや治療ではない)を続けてきています。

 

また、マクロビオティック、ヴィーガン、糖質制限、MEC食、ファスティングなどの、偏った食事療法に対する情報が多く出回るようになって、混乱をきたしている人も多いのではないでしょうか?

 

自分に良かれと思ってやっている食事療法が、生活習慣が、

 

実は、真逆のアプローチであることは、多々あるのです。

 

私のカウンセリングや講座の受講生の方々の症例からも、

 

合わない治療法の結果、アトピーやアレルギーが悪化していることがわかっています。

 

複雑化しているアトピーやアレルギーには、様々な原因がありますが、

 

その1つ1つを紐解いていき、できること、減らせることなどを確実に増やしていくことで、症状は落ち着いていきます。

 

私自身のアトピーの治療体験や、数々の症例を元に、

 

今回は、2ヶ月限定配信で、講義動画をお届けいたします。

 

これまで、この講座は半年で開催してきました。

 

しかし、早くなんとかしたい!!という方は、その講座期間が待てないというお声もいくつかお寄せ頂きました。

 

そこで、今回は2ヶ月という短期間で、全6講義を何度もくり返し見て頂けるように致しました。

 

*なぜ、幼い頃にアトピーやアレルギーを発症して、しばらく良くなり、また大人になってから発症するのか?

 

*ステロイドを使い続けていると、なぜ体に悪いのか?

 

*アトピーで、皮膚が赤く硬くなっていくのは何故か?

 

*食事で治そうと、マクロビやヴィーガンにしても、アトピーやアレルギーが出るのは何故か?

 

こうした、アトピーやアレルギーについての疑問を、1つずつ解消していきます。

 

大人のアトピーでも、改善が可能なのは、私自身で実証済みです。

 

 

詳細は以下の通りです。

 



【内容】

①年齢・季節・時間による発症の推移と免疫細胞の働き

・症状が出やすい時期=体の時間割りを知ろう

・自然免疫と獲得免疫

・体の中のいらないものが肌や咳で出る理由

 

②三大栄養素とエネルギー代謝

・糖は症状を悪化させるのか?

・オメガ3で抗炎症は、対症療法でしかない!

・お肌の再生に必要なタンパク質は大豆では不十分

 

③免疫を狂わせるステロイド

・使い続けると皮膚が硬く赤黒くなるワケ

・使い続けるとキレやすくなったり落ち込みやすくなるワケ

・ステロイドが免疫力を落とし悪化させる原因を作っている

 

④菌は味方か?悪者か?

・菌との共生で肌を健康に!(衛生仮説)

・キレイキレイがアレルギー反応を強める

・発酵食品で悪化する人はSIBOを疑え!

 

⑤悪化させる食べ物、食事の取り方

・植物性は安全か!?

・弱っている臓器を無視した食べ方

・食べ方、調理法で症状を減らす

 

⑥環境ホルモンと炎症性ホルモン

・現代社会は環境ホルモンの海

・体のホルモン分泌を狂わす環境ホルモン

・炎症を悪化させるホルモンのアレコレ

 

【受講料】
一般:55,000円
(テキスト込み/ZOOM質問会付き)
※銀行振込のみとなります。
※ご入金確認後、動画・テキストのURLをお知らせいたします。
※事務局対応時間外のご入金の場合は、入金確認が遅れますので予めご了承ください。
(事務局対応時間:10時~17時/日・祝日除く)

 

【販売期間】
2021年12月4日~2022年1月31日

 

【視聴期間】
2021年12月4日~2022年2月4日

 

【ZOOM質問会】
2022年2月14日 13:00~15:00
※質問会動画は、1週間の視聴期限がございます。リアルでご参加頂けない場合は、事前にお送りするアンケートフォームにご質問をお寄せください。
なお、ご質問は当方よりお送りいたしますアンケートフォームのみで受付いたします。(個別の症状に関するご質問はお受けいたしかねます)

 

【キャンセルについて】
ご入金後のキャンセルは、お受けできません。
※視聴期限を過ぎた動画は削除されます。期限内に視聴されなかった場合のご返金はございません。

 

【お申込み方法】
ご注文フォームから、必要事項を入力して送信してください。
 ※お申し込み後、自動返信メールで、受講料のお振込のご案内を送らせていただきますので、PCで確認できるメールアドレスからお申し込みください。なお、携帯電話会社のキャリアメールによるお申込みの場合、受信拒否になる可能性が高いため推奨環境ではございません。
GmailやYahooメールなどをご使用ください。

 携帯電話会社のキャリアメールとは、次のようなドメインになります。(例:ezweb.ne.jp , i.softbank.jp , softbank.ne.jp , docomo.ne.jp , icloud.com , ymobile.com など)
 ※24時間以内に自動返信メールが届かない場合は、迷惑メールボックスをご確認頂くか、メールアドレスをご確認の上、再度お申し込みください。

 







<ご注文条件>
以下の内容をご一読いただきまして、ご注文の際には内容に「同意する」をお選びください。

円滑に受講を進めて頂くための注意事項がありますので、受講前に必ずご一読くださいますようお願いいたします。

 

【通信教材の取扱い及び損害賠償について】

テキスト、動画のデータについての著作権は、講師に帰属します。あくまで受講生自らの個人学習用としてのみご使用下さい。第三者への貸与・転売・二次使用等は固く禁じます。講義の録画・録音も一切禁じます。また、テキスト単体の販売はいたしません。本講座の内容または概略をWebサイト上で公開することも原則として禁じます。
受講期間中に、上記に違反したことが発覚した場合、受講者は違約金として販売価格を乗じた金額の10倍を支払うものとします。また、Web上において本講座の内容を公開した場合にも、あわせて損害賠償を請求いたします。
また、上記の違反があった場合、今後、鈴木ゆかりの一切の講座の受講資格を失います。

なお、動画は視聴期間内でしたら、いつでも何度でもご視聴いただけますが、お客様の都合により動画の視聴ができなかった場合のご返金はお受けしておりませんので、あらかじめご了承ください。
テキスト印刷につきましては、当方では承っておりませんので、各自でお願いいたします。

【特記事項】
本講座は、アトピー性皮膚炎や喘息、アレルギー性鼻炎を患ってきた講師がこれまで学んだことや実践したこと、そしてカウンセリングの症例を元に、どのようなメカニズムで症状が発生し、どのような生活習慣をすればこれらに対応できるかを身に付けるための学習です。
学んだことを実践に移すのはご本人様の意志で行ってください。講師が強制することはありません。
現在治療中の疾患や不調が治ることを、お約束するものではごいませんので、あらかじめご了承ください。
また、服薬中の方については、すぐにお薬の使用を中止することはお勧めいたしません。必ず、医師に相談を仰いでください。

カートへ追加
販売期間は12月 4日(土)10:00~1月30日(日)23:59です
カートへ追加
販売期間は12月 4日(土)10:00~1月30日(日)23:59です
 
 
 
 
Profile
Expert_s
望診家

鈴木ゆかり

Award50
2021年 年間売り上げ TOP 50
Mission
心と体にかかる抑圧を脱ぎ捨て、より本来の自分らしく生きるためのアプローチをさせて頂きます。
Senmon
アストロ望診 アトピー性皮膚炎 インナービューティ望診法 ホロスコープ 望診 ナチュラルカウンセラー 望診家

・望診法指導士マスター
・代替医療師Vanillaホリスティックセルフケアマスター講座(全140時間)2年連続修了
・ムスビの会岡部賢二認定 マクロビオティックインストラクター
・ヨガ&アーユルヴェーダカウンセラー
・エクスペリエンスマスター及川徳子認定セラピスト養成講座修了
・自然治癒力学校ibマッピングマスター講座修了(100人マッピング終了)
・長谷川エレナ朋美アカデミーインストラクター

父の直腸ガン~肝臓転移と、自分自身のアトピー性皮膚炎・喘息・うつ病の克服のため、マクロビオティック、望診、ホメオパシー、フラワーエッセンス、アロマテラピー、ホロスコープ、アーユルヴェーダ、クレイテラピーなどの自然療法を学ぶ。

これらを実践する中で、心と体の繋がりを体感。

現在は、心と体への様々な抑圧を解きほぐし、『ナチュラルな自分が目覚める』ことをコンセプトにしたナチュラルカウンセリングを実施。

また、日本の伝統的な和食と発酵食品の持つ力を見直し、よりよく生きるための「食」を中心とした食養生の講座やワークショップを開催。

また、起業経験や会計事務所勤務経験を活かした、個人の起業サポートなどのビジネスセッションも行う。

  yukari-takahashi5029
B_facebook
B_ameba
B_twitter
B_homepage
特定商取引法に基づく表記
イベントカレンダー
食工房晃満(こうみ)
Powered by reservestock