Top_7
Top_5
Top_6
Logo_s
Okada01
めぐみ のおとさんは、リザーブストックを使っています。
リザーブストックはめぐみ のおと様よりご招待いただくことで無料でご利用いただけます。(有料版有り) ご利用希望の方はsongoflife.harmony@gmail.com宛てに利用希望の旨ご連絡ください。
  Menu_1sesson_no Menu_2event Menu_3contents Menu_4shop Menu_4contact Menu_5voice
 
 
  • Show_cart
  • Show_articles
16981_4075abae-687e-4166-83df-e66946811e41
16981_4785ab93-e195-459e-9472-c065a291508d

めぐみのおとファーストアルバム『いのちの音』

発送商品
1枚 3,000円 (税込)
Add_cart

一度聴いたら忘れられない

『あなたの細胞にしみわたるうた』

 

いのちのうたいて めぐみのおと

ファーストアルバム『いのちの音』

 

ご興味を持ってくださりありがとうございます。

 

 

 

「何年も夜眠れなくて悩んでいたけど、

このアルバムを聴いていると、いつのまにか

眠っていて、朝までぐっすり眠れました」

  

「夜眠る時やリラックスタイムは、

いつもめぐみさんのアルバムを聴いて

穏やかな気持ちになります」

  

「こどもと一緒に毎日聴いて歌っています」

 

「歌詞もメロディも声も大好きです」

 

  

  

そんな嬉しいお声をいただいています。

めぐみのおとファーストフルアルバム

『いのちの音』

  

いのちとのメッセージを歌に込め、

一音一音にこだわって大切に作りました。

わたしの愛おしいこどものような存在です。

  

 

 

このアルバムには、

 

ふるさと岡山で平和活動に関わる中で生まれ、

根強い人気のある「bright earth」

 

想い描く理想郷を歌にしてほしいと

友人より依頼を受け書き上げ、

初めてその歌を披露した時に友人が涙した

名曲「ほころびのわ」

 

介護施設での夜勤中のできごとを歌にし、

その情景が目に浮かぶと涙を流す人続出の

「いちごオーレ」

 

辛く苦しい経験もすべてが闇の中の宝物。

幻の名曲「きっと誰かの光になる」

 

聴くといつの間にか

心地よい眠りにいざなわれると噂の

おとなのための子守唄「おやすみ」

 

一度聴いたらもう最後(笑)

歌詞とメロディが耳から離れず、

誰もが思わず口ずさんでしまう「まほうのことば」

 

自然との共生をテーマにした

『風人(かじぴとぅ)の祭り』岡山の

テーマソングとして書き上げ、

今も岡山で歌い継がれている「つながってるいのち」

 

など、

ボーナストラック1曲を含む、

めぐみのおとのオリジナルソング全11曲を

収録しています。

 

 

朝の爽やかな目覚めに

穏やかなカフェタイムに

おやすみ前のひとときに

  

あなたの毎日に彩りを添える一枚になれると幸いです。

  

眠くなる可能性がありますので、

運転中に聴かれる場合はご注意くださいね(笑)

 

 

 

 

【曲目】

1. song for you

2. bright eart

3. ほころびのわ

4. いちごオーレ

5. 真実

6. きっと誰かの光になる

7. おやすみ

8. 深き翠の静けさよ

9. まほうのことば

10. つながってるいのち

11. おやすみ~sazanami~

 

 

【金額】

1枚3,000円(送料各200円)

 

 

【ご注文・お届け方法】

下記の項目にご入力、お申込み後、指定口座に代金をお振込みください。

お振込みを確認後、ご入力いただいたご住所宛に郵送させていただきます。

*クッション材で梱包し、日本郵便のスマートレターでお送りしますので、宛先ご住所の郵便受けに届きます。

めぐみのおとファーストアルバム『いのちの音』の感想やオススメするメッセージをお寄せください
投稿にはfacebookにログインしている必要があります。
 
 
 
 
Profile
いのちのうたいて

めぐみ のおと

Mission
歌・音楽・アートを通して、ひとりひとりが本当の自分を、心からの笑顔でしあわせに生きている世界を創造する
Senmon

歌 シンガーソングライター 声 歌のセラピー カラオケ

1971年2月、岡山県倉敷市生まれ
介護の仕事中に突然、歌詞とメロディが同時に降りてきて歌が生まれた経験をする。
楽器の演奏ができなくても、譜面の読み書きができなくても歌を作れることを知り、オリジナルソングづくりに目覚める。
ギターを手にし、オープンマイクに飛び入り参加したことを皮切りにライブ活動を開始。
介護の仕事をしながら、地域のイベントのテーマソングを作ったり、企画出演したりと音楽活動をスタート。

2009年、岡山の伝説のゴスペルクワイヤーワークショップ『the JOY』に参加。
『君は愛されるため生まれた人』という楽曲と出会い、「わたしも生まれてきてよかったんだ、存在していていいんだ」と、今までの辛く過酷な人生を丸ごと肯定する体験をする。
また『I'm available to YOU』という楽曲に出会い、「歌や声で神様(宇宙)のメッセージを伝える」「聴いた方が自分の存在を丸ごと肯定できる歌をうたう」という自分のお役目に目覚め、歌で生きていきたいと願うようになる。

2012年4月、41歳の時、歌で生きていく!と単身無一文で岡山より上京。
東京には誰ひとり知り合いはいなかったが、様々な出逢いとご縁がつながり、ライブハウスやカフェでのギター弾き語りを開始。
何度も絶望を味わうが、不死鳥のように復活し、音楽で生計を立てられるようになる。
虐待、いじめ、病気、うつ、貧困などの経験も「ネタ」と笑い飛ばし、すべてのいのちを丸ごと肯定する「いのちのうた」を歌う。

一度耳にしたら忘れられない『どこからともなく聞こえる天上の歌声』『聴くだけで涙が出てくる歌声』とも形容される不思議な歌声と、歌い出すと “時間を止める” と..

B_facebook
B_ameba
Copyright (c) 2010-2018 Cloudlink, Inc. All Rights Reserved.
Powered by reservestock