Articlelist

商品一覧

Cart

カート

47481_お金モテstyle 金融経済セミナー2022

お金モテstyle金融経済セミナー2022

  14,800 円  (税込)

決済商品(発送無し)


幸せに豊かに生き残るためのお金の準備はOKですか?



「お金は稼ぐな、お金にモテろ!



ともたけ@お金モテstyleです。


2021年の後半から、お金を取り巻く世界が大きく、一気に変わりはじめたことを受けて、2015年、2019年、2021年に続いて4度目となる、お金モテstyle金融経済セミナー2022を開催することにしました。


今、お金を取り巻く世界が大きく大きく変わろうとしているのですが、その変化にあなたは気づいているでしょうか?


この変化は一時的なものでは決してなく、私たちがこれまで慣れ親しんできたお金の常識を覆すかたちでまさに一変しようとしています。


控えめに言って、お金の全てが変わりはじめたと言っても過言ではありません。


これまで当たり前のようにずっと続くと思い込んできた


『お金のかたち』


『お金の概念』


『お金の常識』


が今がらりと変わりはじめているのです。


例えば、これまで圧倒的に現金が使われることの多かった日本でも、新型コロナの登場以降、交通系ICカードや〇〇ペイに代表されるモバイル決済、クレジットカード決済が急速に普及しはじめたのは記憶に新しいところ。


東京や大阪などの都市部に行けば、現金NGのお店さえ登場するようになってきています。


その流れを後押しするかのように、最近では各銀行もATMや窓口での小銭の受け入れに手数料を取るようになりました。


2022年1月からは、ゆうちょ銀行のATMで1円でも預け入れようとすると110円もの手数料が掛かるようにもなりました。


これまで無料だったのに、もう500円貯金も難しくなってしまいましたね。


こうした事例をみると、”かたちのあるお金”から『かたちのないお金』への変化が起きていることがよく分かるのです。


お金の概念にも変化が起きています。


話題の仮想通貨(暗号資産)の代表格ビットコインの登場がまさにそう。


これまでの人類の歴史を振り返っても、お金は昔の王様や現代の中央銀行といった、ごく一握りの特権階級的な立場の人が発行し管理するものだと誰もが思っていました。


昔の金貨や銀貨に王様の肖像が刻まれていたり、私たちが使っているお札には過去の偉人の肖像画が描かれているのはおなじみの光景です。


ところが、インターネットに続く世界を変える革命といわれる、取引記録をみんなで共有するブロックチェーン(分散型台帳)と呼ばれるテクノロジーの登場によって、これまでとは真逆の、世界中に散らばった、互いに顔すら知らない有志で分散して管理できる全く新しい概念としてのお金・ビットコインが登場したのです。


そこに国を支配する王様も中央銀行も偉人も存在しません。


ごく一握りの特権階級による中央集権でしか存在しえないと思われていたお金の概念に風穴があいて、一極集中から多極分散への大きな変化の流れが生まれ、まさに今この瞬間もお金の概念を変えつつあるのです。


さらに、お金の常識も変化をはじめています。


これまでの約30年間、日本はデフレでした。


デフレはモノの値段が下がり、相対的にお金の価値が上がる経済現象のこと。


その間のお金の常識は


「お金はできるだけ使わずに貯金しておいたほうが有利」

「待てば待つほど安くなる可能性が高いから、今は我慢しておいたほうがおトク」

「投資はしたほうがいいって言われるけど、やっぱりキャッシュが最強だよね」


といったもの。


だから、過去30年間だけに限るなら日本においてもっとも価値のあるものは現預金だったのです。


ところが、2021年に入って以降、特に後半からは風向きが一気に変わりはじめました。


すでにご存じのように、スーパーのお肉や野菜といった生鮮食品をはじめ、パスタ、マーガリン、油、パン、コーヒー豆、ポテトチップスといった食料品や、ガソリンや電気代などのエネルギー価格にいたるまで、生活に密接に関わるあらゆるものの価格が高騰しはじめたのです。


値上げを避けて内容量をこっそり減らす、いわゆる“ステルス値上げ”まで含めると、かなりの広範囲にわたってモノやサービスの価格が急激に上昇しはじめています。


これは長いデフレの時代が終わりを迎えて、本格的にインフレ時代の到来を告げる明らかなサイン。


そうなってくるとお金の常識はこれまでとは完全に真逆になります。


インフレはモノの値段が上がり、相対的にお金の価値が下がる経済現象です。


そうなると、お金の常識は

「最悪なのは貯金したり現金をそのまま持っておくこと」

「待てば待つほど価格が上がる可能性が高いから早めにお金を使ったほうがおトク」

「最低でも何かしらに投資して、お金を別の資産に交換しておかないと貧しくなる一方」

といったものに書き換わっていきます。


でも、そう言われて「はい、わかりました!」とお金の常識をサクッと書き換えられる人はそう多くはないのではないでしょうか?


頭では理解できたとしても自分の感覚として腑に落ちるまでは普通はある程度の時間がかかるもの。


そういう意味でもインフレの足音が聞こえはじめてきた今のうちに、早めにお金について学び直しておくことに大きな意味と価値があるのです。


いち早く新しいお金について学びチャンスに気づくことができれば、大きな資産を手にすることも夢ではありません。


いつだって世の中が大きく変わるときほど絶好のチャンスが転がっているタイミングはないのですから。


いよいよお金の世界は大きく変わりはじめました。


まさに未来の教科書に載るような歴史的な転換点と言ってもいいでしょう。


そうしたお金の世界における根本的な変化は、今後、時間の問題で、私たちがこれまで身につけてきた


お金の知識


お金のルール


お金に対する価値観


を陳腐化、無効化、有害化していくことになります。


これまで私たちが身につけてきたお金に対する知識やルール、両親や身近な人から教わってきたお金についての価値観や知恵などが通用しなくなりはじめます。


使えなくなるだけならまだしも、変化に気づかずに、思わずうっかりそのまま使ってしまえば、逆効果になったり、不利を被ったり、ときには大損したりするようなことさえ起きかねません。


インフレがやって来ているのにも関わらず、収入源をお給料だけに頼ったり、せっせと貯金し続けたり、食わず嫌いで投資を敬遠したりしていると、頑張って働いているのに全く報われないどころか、どんどん生活が苦しくなる一方なのですから。


お金に関する知識やルール、価値観をアップデートしないまま居続けると、あなたのこれからの人生にとって有害にすらなりうるのがまさに今なのです。


そこで、この半年で大きく変わりつつあるお金の世界の変化に対応すべく、<新春>お金モテstyle金融経済セミナー2022を企画しました。


2022年を迎え、心機一転のこのときに一緒にお金についての知識をアップデートしてみませんか?

<コンテンツ概要>

〇音声(mp3)(2:16:39)

〇資料(PDF)

<セミナーでは以下のような内容をお話をしています。>

1.日本の金融経済の現状
 (1)急速に貧しくなった日本
 (2)もう出口のない日銀(日本円)
 (3)今の日本と日銀から透けてみえる未来

2.そもそも、お金ってなんなの?
 (1)お金の価値を担保するもの
 (2)どうして私たちは1万円に価値を見出すのか?
 (3)お金の価値はどこにある?
 (4)今のお金(貨幣制度)の問題点とは?

3.金融(貨幣)制度の歴史
 (1)現在の金融(貨幣)制度をつくった一族
 (2)日本の近代化の影にロスチャイルド家あり
 (3)中央銀行オーナーとしてのロスチャイルド家
 (4)国を持たないユダヤ人が2000年間望んでいること
 (5)スイスのツークで起きていること

4.お金の未来
 (1)これからのお金のかたち
 (2)株式、債券、日本円のゆくえ
 (3)ドイツのハイパーインフレから学ぶ生活防衛方法
 (4)悪いインフレ対策
 (5)預金封鎖&財産税対策


〇こんな方にオススメです


・お金そのものに興味をお持ちの方


・金融経済に対して興味はある方、または興味があるものの苦手意識がある方


・仮想通貨(暗号資産)に興味のある方、もしくは興味はあるもののまだ不安のほうが大きい方


・投資経験が10年未満の方


・1,000万円未満相当の資産しかお持ちでない方


・海外の銀行口座や証券口座に10万米ドル未満相当の資産しかお持ちでない方


・1ビットコイン未満しか保有していない方


・生活が成り立つだけのオンライン経由の収入源をまだお持ちでない方


・ある日突然、今の場所に住めなくなってしまったら生活が成り立たなくなる方


・ある日突然、今の仕事(会社)がなくなってしまったら生活が成り立たなくなる方


・お金の過半数をまだ日本円(現預金)で保有している方


・2022年こそはお金モテになりたい!と思ってらっしゃる方



セミナーを受講された皆さんからも
たくさんのお便りを頂戴していますので
いくつかご紹介したいと思います。



ともたけさん

ありがとうございました。

2022年の日本経済の展望について
かなり詳しく、また今後どのように準備すれば良いのかを
教えていただき勉強になりました。

特に、今回お話を初めて聞いた
世界を牛耳っているロスチャイルド家の活動や
今の動きも踏まえて我々も準備しなければいけないと
強く感じました。

預金封鎖やインフレを見据えての今後の対策はもちろん大事ですが、
最期は人とのつながりが最大のリスクヘッジとなり、
資本主義後の明るい未来に繋がっているんですね。

情報発信、引き続き頑張ります。

今日はありがとうございました。

(Rさん・男性)

〜〜〜〜〜〜〜

ともたけさん、こんにちは。

本日はセミナーに参加させていただき、ありがとうございました。

とても分かりやすかったです!

たくさんのことを教えていただき、まだ頭の中が整理されていませんが、繰り返し何度も試聴させていただき自分の中に落とし込んでいきたいと思います。

どうして今、日本経済がが大変なのか。

どの方向に進んでいけばいいのか。

その上で暮らしや在り方をどう調えていけばいいのか。

お陰様で今後の流れや、この先起こりうる可能性が高い大きなリスクを知ることができ課題もたくさん見えてきました。

最後のまとめて教えていただきたように
まずは調え、今自分に出来ることやお金を守るための行動や、そしてもっと人と繋がりを大切に丁寧に繋がっていきたいと思います。

今日は本当にありがとうございました‼︎

(Nさん・女性)

〜〜〜〜〜〜〜

ともたけ さん

いつもメルマガ配信ありがとうございます。

先日のセミナーにも参加させていただき、ありがとうございました。

はじめは情報と知識量の多さにに圧倒されましたが、何度も聞いているうちに理解できるようになり、特にお金の歴史についてはとても興味が深まりました。

お金自体は無機質なものだけれども、動かしている人もそれを作り出した人も人間なんだな、と改めて思いました。

お金は人間の欲望や満たされない感情から生まれたのかな?と考えさせられました。

現状を見つめ、過去を振り返ることで、これから壊れゆく既存の社会の後に構築される新しい世界が薄らと姿を現すと共に、人が生きていくための本質、本当の幸せを求めていくとこが大切な時代になっていくんだなと感じます。

このセミナーに参加できてよかったなと思いますし、今の現状に不安を抱える多くの人に聞いてもらいたい話だと思います。

ホントにありがとうございました!

(Uさん・女性)

〜〜〜〜〜〜〜

ともたけさん

ありがとうございます!
リアルで参加できなかったですが、アーカイブを聴きました!

これだけの質のものをこの価格で安い・・・というのが感想です。

ともたけさんのお話を聴きながらいつも感動するのは、
ファクトベースでお話をしてくだされることです。

自分観察日記で、ご自身の価値観を十分に区別しているからこそ
できる技でもあるなぁと心から尊敬しています。

セミナーのご準備、ありがとうございました!

引き続きよろしくお願いします!

(Hさん・男性)

〜〜〜〜〜〜〜

ともたけさん、こんばんは。

先日はとても中身の濃い、情報たっぷりののセミナーを

ありがとうございました。

当日直前のリマインドメールで気づき、

参加できてよかったです。これもご縁ですね^^

今後を生きるための現実的な道標として

大変参考になりましたし、

またお金の歴史などの教養講座としても

わかりやすい解説はさすが、なんて申し上げると失礼ですが・・・

素晴らしくて、改めて感銘を受けながら

学ばせていただきました。

引き続きよどうぞろしくお願いいたします。

(Nさん・女性)



私は2013年頃に、いずれ時間の問題で、お金の根本的な変化が起こることを見越して自ら行動を起こし実践してきました。


2014年には海外の不動産に投資し

2015年には海外の銀行口座を開設し

2017年にはビットコインに投資し

徐々に日本円の割合を減らしてきました。


結果、2021年12月現在では、私の持っている日本円は日々の生活に必要な分だけになって、他は全て海外の銀行口座の外貨とビットコインだけになったのです。


なぜ、日本人であり日本で暮らす私が日本円をほぼ手放しているのか?


それは、オブラートに包んで柔らかく表現したとしても、今の日本の金融経済状況は史上最悪だからです。


あなたはこの極めて重要な事実に気づいていたでしょうか?


正直に言って、もう日本円だけは持ちたくない。


これが私の偽らざる感覚なのです。


実際、日本の金融経済の状況は悪化の一途を辿っていて、残念ながら事実上、選択肢のない状況に追い込まれてしまっています。


できることと言えば何も起きないようにただ祈ることくらいのもの。


この残念すぎる今の日本の現状は、金融経済について1度でもちゃんと学んだことのある人なら誰もが知っています。


だから、お金の根本的な変化に気づき、今の日本の危機的な金融経済状況を察した人から順に動き出しているのです。


それは、あの豪華客船タイタニック号が沈みゆくなかで、まだ時間が残されているうちに生き残るために必要な救命ボートをつくっているかのよう。


これからの時代は自分の身は自分で守るのが鉄則です。


国にも会社にも、もはやあなたを守るだけの経済的な余力は残ってないのですから。


新型コロナウイルスが登場して以降、もう2度と昔の働き方や暮らし方には戻らないのと同じように、お金もまさに今、2度と元には戻らない歴史的な転換点にあります。


ぜひこの絶好のタイミングでお金の世界の変化ついて学び直し、2022年以降も豊かに幸せに生きていくための準備をしてしまいましょう!


お金が変わると世界が変わるように、あなたが変われば世界も変わるのですから。
35628_20210116_kitaichiseminar
コロナ時代を豊かに生き残る!人生の選球眼『期待値の視点』セミナー
 10,000 円