Mypage

代理店:【100年ひのきバイヤ..

Articlelist

商品一覧

Cart

カート

26287_518jza90ppl

【教養音声セミナー05】サピエンス全史〜文明の構造と人類の幸福

 

定価 4,980 円(税込)

決済商品(発送無し)

タイトルだけを見ると
普通ならまずスルーすることが
ほぼ確実な地味なこの本が

2016年に世界中で話題となり
1,200万部を超える大ベストセラー
になったのをご存じだったでしょうか?


しかもかなりの文章量があって
上下巻をあわせると約600ページもの
ボリュームなんですよね・・・


これだけを見ると
普通なら読まない理由がいくらでも
出てきそうな本なのですが

世界中で話題になっていると聞いて
私もKindle版を買って読んでみたところ

「!!!!!」

と言葉にならない感動を覚えたのです!!


私は平均的な方よりも
本を読む方だとは思いますが

本を読んで衝撃を受けたのは
本当に久々でした。


それくらい衝撃的で
人生観が書き換わるような
そんな内容だったんですね。


この本に書かれているエッセンスを
知っている人とそうでない人とでは

これからの人生の質に
雲泥の差が生まれることが
ありありと目に浮かぶようです。


この本の評判はSNSを通じた口コミで
瞬く間に世界中に広がっていったのですが
その理由もよく分かります。


私もこの本を読み終えたときに、すぐに
 
「この本の内容は絶対に皆にシェアしなきゃ!!」

と感じたからです。


では、一体どんな内容が
この『サピエンス全史』という地味な
タイトルの本に書いてあるのでしょうか?


この本は私たち人間(ホモ・サピエンス)の歴史に関する本です。


でも、ただの”歴史の教科書”ではありません。


というのも、この本が解き明かしてくれているのは

この人間(ホモ・サピエンス)界が
どのようにして出来ているのか?

その根本的なメカニズムだからです。


いわば、地球上に住む私たち人間界を
成り立たせている仕組みを

誰でも分かりやすく平易な言葉で
解説してくれているものなんですね。


ところが、そのひとつひとつが
私たちの常識を覆す衝撃的すぎる
内容ばかりなのです!!


この本が教えてくれる内容のひとつに
私たち人間(サピエンス)だけに備わっていて
他の動植物にはない力があります。


そしてその力こそが

どうして人間(サピエンス)は
地球上の食物連鎖の頂点に
辿り着くことができたのか?

という問いに対する答えでもあるのです。


その力というのが


「存在しないものにリアリティを感じる能力」


なんですね。


存在しないけれど、誰もが信じて疑わないくらい
リアリティ溢れる状態で共有することのできる力。


これこそが私たち人間(サピエンス)の
最大にして最強の能力だったのです!


存在しないものにリアリティを
感じたとしても、所詮、それは

フィクション(虚構)

にすぎません。


でも、このフィクション(虚構)を信じて
多くの人の間で共有する力を
身につけることができたからこそ

私たちサピエンスはここまで進化できた
というのがこの本が教えてくれることなんですね。


存在しないのにも関わらず
誰もが信じて疑わないフィクション(虚構)。


古くは宗教や神、神話であり

近代で言えば、民主主義や資本主義
法律、国、会社、都市であり

身近な例で言えば、マイホーム神話、学歴神話
結婚神話、安全神話、年金神話などです。


そして、もちろん、お金も
フィクション(虚構)のひとつです。


こうした実際には存在しないけれど
誰もが信じて疑わない想像上の概念を
共有する力を持っていたからこそ

私たちサピエンスは、現在の
食物連鎖の頂点の地位に
辿り着くことができたのです。


私たち人間は生物学的には

ホモ属のサピエンス種

という位置づけですが

現存するホモ属の種は
私たちサピエンスだけで
他のホモ属は全て絶滅しているんですね。


10万年ほど前まで遡ると

歴史の教科書に出て来る
一度は名前を聞いたことのある

ネアンデルタール人

ホモ・エレクトス

といった6種類のホモ属がいましたし

さらに先祖を辿っていくと
約250万年前に生きていた

アウストラロピテクス

に辿り着きます。


でも、どうして
6種類のホモ属のうち

私たち人間(ホモ・サピエンス)だけ

が生き残ったのでしょうか?


よく言われるのが

二足歩行をして脳が発達した結果
道具や火を使いこなせたから

というものがありますが実はそれは違います。


というのも脳の大きさに関して言えば
ネアンデルタール人のほうが大きかったし

人間と同じように
火も道具も使うことができただけでなく

肉体的にも強靱で寒さにも強かった
ということが分かっているからです。


1対1のスペックだけで言えば
私たち人間(ホモ・サピエンス)は
ネアンデルタール人に完全に負けていました。


にも関わらずネアンデルタール人ではなくて
人間(ホモ・サピエンス)のほうが生き残ったのは

約7万年前に起きたと言われる
フィクション(虚構)を共有する力を


私たち人間(ホモ・サピエンス)だけが
身につけたからなのです。


このおよそ7万年前に起きた変化を
この本では『認知革命』と呼んでいます。


この『認知革命』によって
想像力をベースにした
フィクション(虚構)を元に

他の種には不可能だった
大人数をまとめて動かす力を
手にしたことで

私たち人間(ホモ・サピエンス)は
1対1では負けても集団の力で
他の種を圧倒することができたのです。


これこそが、人間(ホモ・サピエンス)を
食物連鎖の頂点に押し上げた
最大の理由だったのです。


実はよくよく観察すると
私たちの人間(サピエンス)界は

フィクション(虚構)で
溢れていることに気づけます。


大企業に入っていれば将来は安泰
といった大企業神話や

たくさんのモノを持っていれば
幸せになれるといった消費主義神話

神を信じて善行をすれば天国に行けるよ
といったキリスト教への信仰が
多くの人に受け入れられたりするのも

フィクション(虚構)のなせる技だと言えます。


ちなみにサルやチンパンジーでも
集団で行動することはできます。


ただ、共有できるものは
目に見えるものに限られ

外敵が近づいてきたことを知らせたり
食糧の在処を教えたりといった
狭い範囲に留まるうえに

目に見えるものを共有する場合には
150頭程度が限界ということが
分かっているそうです。


一方で目には見えない想像上の
フィクション(虚構)を共有することのできる
人間(ホモ・サピエンス)の場合には

何万人という企業グループを率いたり

何百万人という人口の都市をまとめたり

何億人という国家を維持したりすることができます。


ここに人間(ホモ・サピエンス)と
他の動物との決定的な違いがあるのです。


フィクション(虚構)を言い換えるなら
物語(ストーリー)とも言えます。


誰かが創った物語だと知っていても
 
映画を観て感動しては涙を流し
 
お笑いLIVEを観てはゲラゲラ笑い転げ
 
推理小説を読んではハラハラドキドキできるのは
私たち人間(サピエンス)だけの特権なんですね。
 
 
これが人間の最大の特徴であり
他の動物とを分かつ最大の要因でもあるのです。

 
そして、この事実と

自分を満たし・調え・与えて・受け取る

エネルギーの視点には
密接な関係があります。


というのも、
これまで多くの人が信じてきた
フィクション(虚構)に対して

今、世界中の人が疑いの目を
向けるようになってきているからです。


日本で言えば、

大企業神話、学歴神話、終身雇用神話
年金神話、安全神話、結婚神話など

これまで誰もが共有できていた神話を
もう信じられなくなってしまった人が
急激に増えてきています。


その結果、未来に対する不安が増すことで
社会が一気に不安定化しているのです。


こうした時代背景があったからこそ

『サピエンス全史』

という名の分厚くて
素っ気ないタイトルの本が

世界中で大ヒットしたのだと
私は考えています。


今、多くの人が求めているものは

表面的にはお金だったり
 
キャリアだったり
  
信頼できるパートナーだったり 
 
健康な心身だったり
 
未来への希望や自分らしい生き方や
やりがいのある働き方だったりします。


でも、抽象度を上げて見れば
それらに共通しているのは

これまで信じることの出来ていた
フィクション(虚構)に取って代わる

信じるに足りる、
全く新しいフィクション(虚構)なんだ
ということが見えてくるのです。


古いフィクション(虚構)を
信用できなくなった人が増えているのに

信用に足る新しいフィクション(虚構)が
まだ存在ないことが、今の世界を

そして日本を覆っている
不透明感や不安感の正体なんですね。


ということは、
もし、新しいフィクション(虚構)
を提示することが出来たら

それだけでも、とてつもなく大きな価値を
提供することができるということが分かるのです。


これが今の時代に自分自身が辿ってきた
ストーリーをベースにした情報発信に
価値が宿る理由に他なりません。


しかも、昔と違って
今は誰でもほとんどリスクゼロで
情報発信できる時代ですから

いわば、気づいた人
やった人勝ちの状態です。


むしろ、やらない理由がないほど。


でも、この今の時代の変化の本質に
気づけているのは、まだまだ
ごくごく少数の人だけ。


ぜいぜい、

個人でも起業できる

とか

働き方を変えないと!

とか

個人でもブランディングが必要

といった程度の理解しかない人が大多数なのです。


確かにこうした指摘にも一理あるのですが
でもそれはごくごく表面的な理解にすぎません。


これからの時代を見据えた時に
最も価値を生み出せる本丸は

新しい働き方や生き方
暮らし方としてのフィクション(虚構)

なのですから。
 
 
私は情報発信をはじめた
2012年以降ずっと

これからの時代は
新しい働き方や新しい生き方といった
ライフスタイルを提案できる人が
活躍する時代になりますよ!

と言い続けてきました。


これを今回この『サピエンス全史』という本が
学術的に裏付けてくれた格好になります。


これからは情報発信をして
自分らしいオリジナルの生き方や
働き方、暮らし方を確立できた人は

ひとつのフィクション(虚構)としての
物語を提供することができます。


ここに大きな価値が生まれるのは
時代の要請もあって自然の摂理なのです。


だからこそ、今
積極的に情報発信をしている人ほど
人生がどんどんと好転しているんですね。


ただし、このことアタマでは
理解していたとしても

全員が人生を品上がらせることに
成功できているのか?

と言えば決してそうではなくて

むしろ2つのルートに分かれて
2極化しつつあるのが現実です。


それが、エネルギーのある人と
エネルギーのない人の2極化なんですね。


エネルギーに余裕のある人は
以下のような流れに乗っています。


エネルギーに余裕がある
 ↓
時代の空気感や違和感、変化や方向性を敏感に感じられる
 ↓
新しいフィクションの存在に気づいたり
新しいフィクションを創るヒントに気づける
 ↓
より効果的に軽やかに自分らしく
自然体に生きていける可能性が高まる
 ↓
未来に希望を感じられるのでますますエネルギーが上がる
 ↓
以下、繰り返し


一方でエネルギー不足の人、エネルギーが漏れまくりの人は
以下のような不本意な流れの中で溺れそうになっています。


エネルギーがない
 ↓
時代の空気感や違和感、変化や方向性に気づけない
 ↓
新しいフィクションの存在やヒントに気づけず
古いフィクションを前提に考え判断を誤る
 ↓
より非効率的でより辛くより窮屈に
生きざるを得ない状況に追い込まれる
 ↓
未来に不安と恐怖しか感じられないので
ますますエネルギーが下がる
 ↓
以下、繰り返し


こう考えた時に、
産業革命や明治維新クラスの
今の大変革期の時代において

いかに自分でエネルギーを高め
維持するスキルを持ち

日頃から不必要なエネルギー漏れをしない
習慣を確立できているどうかが

これからの人生にどれほど大きな影響を
与えてるのかが分かるのです。


今、この時代ほど
エネルギーマネジメントの価値が
高まっている時代はないなと
改めて感じる今日この頃です。


ということで、前置きが長くなりましたが
『サピエンス全史』の解説音声を
ここにお届けします。


10年に1冊でるかどうかの
超優良教養書のエッセンスを
じっくり味わって頂けたら嬉しく思います。


★★★★★★★お届け内容★★★★★★★

・解説音声:2時間28分12秒(mp3)
・資料:マインドマップ(PDF)

★★★★★★★★★★★★★★★★★★★

23662_51bwd-2rrll
【教養音声セミナー00】仕事選びのアートとサイエンス
 4,980 円
23835_51+wrxuux5l
【教養音声セミナー01】まぐれ〜なぜ投資家は運を実力と勘違いするのか?
 4,980 円
24270_2019-11-19 15
【教養音声セミナー02】ブラックスワン〜不確実性とリスクの本質
 4,980 円
24903_2019-12-28 12
【教養音声セミナー03】世界のエリートはなぜ「美意識」を鍛えるのか?経営における「アート」と「サイエンス」
 4,980 円
25550_4148k33ic4l
【教養音声セミナー04】人生を面白くする本物の教養
 4,980 円
26515_antifragile-1
【教養音声セミナー06】反脆弱性〜不確実な世界を生き延びる唯一の考え方
 4,980 円
27540_51kijere5tl
【教養音声セミナー07】流れとかたち―万物のデザインを決める新たな物理法則
 4,980 円
28588_51ihnxp0ndl
【教養音声セミナー08】武器になる哲学<人生を生き抜くための哲学・思想のキーコンセプト50>
 4,980 円
55990_スクリーンショット 2022-09-29 0
【教養音声セミナー09】世界は贈与でできている―資本主義の「すきま」を埋める倫理学
 4,980 円
55991_41f02sljw4l
【教養音声セミナー10】”神の見えざる手”と『道徳感情論』
 4,980 円
55992_51awtyqkn4l
【教養音声セミナー11】孫子の兵法☆不敗であり続けることこそが生き残りの鍵を握る
 4,980 円
55993_51emz+iyexl
【教養音声セミナー12】素敵な西洋絵画とお金の不思議な関係
 4,980 円
55994_418xj74gjpl
【教養音声セミナー13】はじめての哲学的思考
 4,980 円
55995_516k+qdwcvl
【教養音声セミナー14】史上最強の哲学入門
 4,980 円
55996_51linijf7al
【教養音声セミナー15】史上最強の哲学入門〜東洋の哲人たち
 4,980 円
smtp06