Top_7
Top_5
Top_6
Logo_s
  Menu_1sesson_no Menu_2event Menu_3contents Menu_4shop Menu_4contact Menu_5voice
 
 
26438_img_20200315_152948
26438_img_20200315_152758

グレーとピンクの縞瑪瑙ペンダント(S-PE-01)

発送商品
1点  5,400 円 (税込)
在庫数  完売御礼
カートへ追加
ブラジル産縞瑪瑙のペンダントです。
おそらく人工的に染めている石ですが、
それでもグレー&ピンクの組み合わせはいいなぁと思いながら結びました。

トップ部分のサイズは、バチカンを含め、縦およそ52mm、横32mmほどです。
銀色の金属ビーズ、ガラスビーズが1粒ずつ入っています。

首紐は、グレーです。
最長でおよそ80cmです。それより短めに調整できます。
紐の素材はポリエステル100%でワックス加工されています。
エンドパーツには、紫とピンクに染めた水晶系天然石をあしらいました。

送料は520円です。レターパックプラスにてお届けです。
簡易包装を採用しています。ご理解ください。

若い頃には似合わなかったのに、
最近はヘビロテなカラーがグレーです。

ペンダントを作るときもついつい使いがち(^^)
しかし、なかなか気に入るグレーの石には出会えません。

私が石を選ぶ基準は
パワーとかエネルギーとかそんなことではなく、
装飾品として美しく仕上がるか否か、その1点です。

このブラジル産の大きめの縞瑪瑙は
そういう意味ではクリーンヒットでした。
どなたのもとに旅立ってくれるのか、
とても楽しみです。


氷室ユリ

カートへ追加
関連商品
カートへ追加
 
 
 
 
Profile
Professional_s

氷室ユリ

Mission
真の意味で自身を自由にできるのは自分だけ。意識のエスコーターとして、そのプロセスの伴走をします。
Senmon
カウンセリング、心理、タロット哲学、アート&手工芸、調香&お香、文章表現

atelier morpho(アトリエモルフォ)主宰
AHA(アートオブヒューマンアルケミー)認定ティーチャー
カウンセラー、コーチ
ガラス・手工芸作家
薫物屋香楽認定香司
ボタニーペインティング講師
アロマテラピー歴18年(JAEA認定インストラクター)

子どもの頃に出会い魅せられたタロットカードの現代版、ボイジャータロットカードに出会ったことをきっかけに、2009年より再びタロットの哲学に出会い直す。同時に、潜在意識、心理、量子の世界への学びに再び目覚め、休業していた相談業務を本格再開する。

2011年、AHA代表、橋本和泉氏に出会い、さらなるタロットを通した意識の学びを深める道に入る。
2013年、認定ティーチャーとなり、のちにAHAの前駆団体発足時の原初メンバーとなる。その中でカウンセリング、講師の経験値をさらに得て、今に至る。

一般的なカードリーディングや占いと一線を画し、リアリストならではの「今に生きる」「人生の権威を自身に取り戻す」というモットーを重視したカウンセリングを行なう。
それに伴い、『自分で自分を自由にしていくプロセス』を大切に考えている。人生において、自分自身がそれとは逆行した生き方をしてきたところから脱却した経験をもとに、「人は変われる」という人間の可能性に信頼を寄せている。

行動することで現実が変わる。
そして意識が、人間が変わる。
すなわち、本当の「わたし」へと帰還する。

ゆえに、自身のアイコンは変容の象徴である蝶々。特に、世界一美しいと評される青い翅を持つ、モルフォ蝶に思いを込めて屋号としている。

相談業務やコーチングを生業とする顔とは別に、アートや香りを通しての表現者としての活動にも余念がない。2008年より「工房 ひとつぶの空」主宰の島崎弥佳子氏を師事し、キルンワークという技法によるガラス工芸を学んでいる。
制作活動の傍ら、その他、工芸的な手仕事を積極的に行ない、マクラメ編みを始めとする数種のモノヅクリワークショップも行なっている。
また、香りに関する活動もライフワークとして欠かせない。アロマテラピーインストラクターになって久しく、2020年からは薫物屋香楽認定香司に就任。自然香水やお香を創るワークショップが人気を博している。

「創る」という場において、予想外のセラピューティックな時間を体験する人も多く、アートと意識の融合を各人の人生に重ね合わせることを大切にしている。2019年には「ミラクルアートセラピー」著者、吉田至叶人氏のもとでアートセラピーを学び、2020年からは天然の植物を取り入れたアート「ボタニーペインティング」の認定講師にも就任。アートと潜在意識の関わりに共振を覚え、カウンセリングでの現場や勉強会などでもアートを取り入れている。

特に、アートを通して知ってもらいたいのは、「私はできる!」という事実。
できないという魔法をかけているのは自分自身の意識であったということへの目覚めを、これからも展開していく。

自身のセクシュアルマイノリティである性自認を踏まえ、また、一時期、官能小説作家として活動していた経験を通して、愛と性について伝える活動や相談業務にも取り組んでいる。
福岡市在住。

B_facebook
B_ameba
特定商取引法に基づく表記
イベントカレンダー
Copyright (c) 2010-2017 Cloudlink, Inc. All Rights Reserved.
Powered by reservestock