Top_7
Top_5
Top_6
Logo_s
  Menu_1menu Menu_2event_lesson Menu_3contents Menu_4shop Menu_4contact Menu_5voice
 
 
18_nmjjzmixnjeyyzgxz

[学童保育で寺子屋プロジェクト]

【学童保育で寺子屋プロジェクト】

【このプロジェクトの概要】

学童保育あゆみ野では、学童保育内に子ども達の「もっと知りたい」「わかりたい」を育む「寺子屋」をオンラインで行います。
新型コロナウイルスの影響により、感染を避けながら、他者と交流し学ぶ機会を提供します。
「寺子屋」では、勉強や体操、モノづくりなど様々な学びを体験します。
講師の先生は、各方面の専門の先生をお招きしてご指導いただき、学ぶ楽しさを体験する場です。

【このプロジェクトにかかる経費】

このプログラムを実行する為に、児童ひとりあたり1,500円/1回の参加費(受講料、材料費、送料を含む)が必要です。月3回実施として児童一人4,500円の受講料がかかります。
(このプロジェクトを長く、本当に学びたい子ども達に提供する為に、
無償ではなく、受講料を徴収します。)

仮に10人児童が月3回参加したとして、
4,500円×10人=45,000円
この中から、
講義1回につき5,000円の講師料を支払い 5000円×3回=15,000円
工作材料や備品、機材等を支払い 500円×10人×3回=15,000円
スタッフの人件費を支払います。1,000円×2人×2時間×3回=12,000円
合計42,000円/月が最低限必要です。
収支だけをみると、プラスマイナス+3000円となっていますが、この費用には打ち合わせやリハーサルの費用や機材、備品代、広告、宣伝費用は含まれていません。それらは法人が負担していますが、長期にわたって負担し続けることは不可能です。

しかしながら、現在、新型コロナウイルスの影響により、失業したり、収入が減ったりして先行き不安を抱えるご家庭も多くなっています。その為、受験など直接学力に結びつく勉強以外の多様な学びに割く余裕はありません。これ以上の経済的負担をご家庭にお願いすることはできません。

しかし、子ども達が感性豊かな人間性を育むには、様々な人との交流や多様な学びの体験が必要です。

各ご家庭の負担を軽減しながら、子どもの多種多様な学びを提供する必要があり、今回のプロジェクトを立ち上げました。
このプロジェクトにより、経済的な負担が苦しいご家庭であっても無料で参加できる機会を1回でも多く体験してもらいたいと願っています。

また、このプロジェクトは、子ども達だけでなく、教育や保育の仕事を志す若者を育成する場所も兼ねたいと思います。
将来講師を目指す若者に法人独自のトレーニングを行い将来の寺子屋先生を育成します。

しかし、彼らや彼らの家族も経済的な不安を抱えているご家庭が多いことから、稼げるアルバイトを優先することは仕方ないことです。
アルバイトも大切な社会勉強の一つだと思っています。

アルバイトの選択肢の中に寺子屋プロジェクトの講師先生や講師補助を加えてもらう為に、彼らに働きながら学ぶ機会を提供したいと思います。
「学童保育で寺子屋プロジェクト」で頂いたお金は、子どもや若者を育てるオンライン次世代教育資金として、責任を持って活用させていただきます。

募集終了
現在の支援総額
41,000円
13 %
目標金額
300,000円
現在の参加者数
9名
募集期間
5月 8日(金)13:27~ 6月30日(火)13:27
目標額に達さなかった場合
集まった金額で実行します。
集まったお金の使い道
【使途】 皆様から ①3,000円ご寄付頂くと、2人の児童が1回無料で受講することができます。 ②5,000円ご寄附頂くと1回無料で寺子屋の講座を開催できます。  (講師料1回5,000円) ③5,000円ご寄付を頂くと、1人1回3時間  講師もしくは講師補助を目指す若者が働きながらトレーニングを受けることができます。若者には、日当として5,000円が支払われます。 (源泉徴収は当法人で行います。) 【学童保育で寺子屋プロジェクト】で頂いたお金は、 ①子ども達の受講料(材料費、送料等を含む)に充当します。 ②経済的な不安を抱える保護者の負担を軽減する為に受講料に充当します。 ③次世代の寺子屋先生を育てる為に若者が働きながら学べるよう若者の日当に充当します。 【補足説明】 トレーニングには、教育に関する経験豊かなスタッフやオンラインに詳しいスタッフがいますので安心してご応募ください。 オンライン(zoom)を使って、トライ&エラーを繰り返しながら、子どもも若者も一緒に育つ次世代教育プロジェクト。 「学童保育で寺子屋プロジェクト」を応援してください!
募集受付は終了しました

【学童保育の寺子屋プロジェクト】って何?

【このプロジェクトの概要】

学童保育あゆみ野では、学童保育内に子ども達の「もっと知りたい」「わかりたい」を育む「寺子屋」をオンラインで行います。
新型コロナウイルスの影響により、感染を避けながら、他者と交流し学ぶ機会を提供します。
「寺子屋」では、勉強や体操、モノづくりなど様々な学びを体験します。
講師の先生は、各方面の専門の先生をお招きしてご指導いただき、学ぶ楽しさを体験する場です。

 

 

 

【今なぜ寺子屋が必要か?】

コロナウイルスの感染拡大の影響で、学童保育も大きな影響を受けました。

子ども達の活動範囲も狭められ、学校から配られる宿題や自宅から持参した問題集などの課題をこなす毎日でした。

 

緊急事態宣言が解除され学校が再開し、授業も再開されました。

急速に元の生活に戻りつつあります。

 

けれども、コロナの影響は、私達の生活に暗い影を落とし始めています。

経営状態が悪化する企業が増え、雇用が危ぶまれる保護者も出てきました。

先行き不安な社会情勢です。経済的な問題が家計を直撃しはじめています。

子ども達の学びが変化していく予感がします。

 

保護者や学校の先生方の心配は、授業の遅れを取り戻し学力を向上させること。

その為にどうしても効率的に進めざるを得ない部分も出てきます。

子ども達が、自分で考え、試し、考察する余裕はありません。

学ぶ楽しみを知る機会が奪われて行く恐れがあります。

 

少しでも、子ども達に学ぶ楽しさを知ってもらい、沢山の人と交流してもらいたい

そんな思いから、学童保育で寺子屋プロジェクト」を立ち上げました。

 

【学童保育で寺子屋プロジェクト】が目指す世界

さて、学童保育で寺子屋をはじめようと思い立った時に、スタッフや今ご協力頂いている講師の先生方だけの力では対応しきれないと思いました。

そこで、将来、教師や保育士を目指す若者に講義のお手伝いをしてもらいながら、勉強してもらい寺子屋先生になってもらおうと考えました。

「講師なんてしたことない。」みんな初めての体験は不安ですよね。

でも、初めての方でもオンラインに詳しく、経験豊富なスタッフが指導しますので安心してください。

 

学童保育で寺子屋プロジェクトは、

子ども達の学ぶ楽しさを育むだけでなく、

講師や講師補助を目指す若者たちも、子どもと一緒に育てて行く次世代型教育プログラムを目指しています。

 

【このプロジェクトにかかる経費】

 

このプログラムを実行する為に、児童ひとりあたり1,500円/1回の参加費(受講料、材料費、送料を含む)が必要です。月3回実施として児童一人4,500円の受講料がかかります。
(このプロジェクトを長く、本当に学びたい子ども達に提供する為に、
無償ではなく、受講料を徴収します。)

 

仮に10人児童が参加したとして、
4,500円×10人=45,000円
この中から、
講義1回につき5,000円の講師料を支払い 5000円×3回=15,000円
工作材料や備品、機材等を支払い 500円×10人×3回=45,000円
スタッフの人件費を支払います。1,000円×2人×2時間×3回=12,000円
合計42,000円/月が最低限必要です。
収支だけ見るとプラスマイナス+3000円となっていますが、この費用には打ち合わせやリハーサルの費用や広告、宣伝費用は含まれていません。全体で考えるとギリギリの状態、もしくはマイナスの運営状態です。

 

しかしながら、現在、新型コロナウイルスの影響により、失業したり、収入が減ったりして先行き不安を抱えるご家庭も多くなっています。

その為、受験など直接学力に結びつく勉強以外の多様な学びに対する費用を負担できる余裕がないご家庭もあります。

これ以上の経済的負担をご家庭にお願いすることはできません。

しかし、子ども達が感性豊かな人間性を育むには、様々な人との交流や多様な学びの体験が必要です。

各ご家庭の負担を軽減しながら、子どもの多種多様な学びを提供する必要があります。

このプロジェクトにより、経済的な負担が苦しいご家庭であっても無料で参加できる機会を1回でも多く体験してもらいたいと願っています。皆様のご支援をお願いします。

 

また、このプロジェクトは、子ども達だけでなく、

教育や保育の仕事を志す若者を育成する場所も兼ねたいと思います。
将来講師を目指す若者に法人独自のトレーニングを行い将来の寺子屋先生を育成します。

しかし、彼らや彼らの家族も経済的な不安を抱えているご家庭が多いことから、稼げるアルバイトを優先することは仕方ないことです。
沢山の若い人達のアルバイトの選択肢の中に寺子屋プロジェクトの講師先生や講師補助を加えてもらう為に、彼らに働きながら学ぶ機会を提供したいと思います。


「学童保育で寺子屋プロジェクト」で頂いたお金は、

子どもや若者を育てるオンライン次世代教育資金として、責任を持って活用させていただきます。

 

この度は、「学童保育で寺子屋プロジェクト」をご覧頂き、誠にありがとうございました。

 

「学童保育で寺子屋プロジェクト」通信

「学童保育で寺子屋プロジェクト」を立ち上げた担当者の想いや、打ち合わせ風景、準備や当日の様子な舞台裏のお話しです。一緒にこのプロジェクトを作っている仲間として進捗状況を共有したいと思います。

ご興味のある方がいらっしゃいましたら、是非ご登録のほどよろしくお願いします。

 

こちらをクリックしてください。

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

https://resast.jp/subscribe/131240/168485

 

ご支援のお申し込みの際にはパソコンのメールアドレス(gmailや、Yahooメールなど)でお申し込みをお願いいたします。

携帯のメールアドレスですと、こちらからのお礼や連絡のメールが届きません。ご協力お願いいたします。

 

何か疑問・質問などがありましたら、こちらまでご連絡ください。

 

 

 

 

Icon_f
川戸 恵子 様
応援してます!
がんばってください!
 
 
 
 
Profile
Professional

ケア(介護・育児)する人の応援団

小倉 由起子

Mission
子どもからお年寄りまで。ヒューマン・ケアで日本の未来を幸せにしたい。
Senmon
ヒューマン・ケア 介護 老い 保育 子育て ストレス ケア

Copyright (c) 2010-2019 Cloudlink, Inc. All Rights Reserved.
Powered by reservestock