Articlelist

プロジェクト概要

Cart

選択中の応援アイテム

29758_mgi5nda4njhlyjaxn

ウクライナ人道支援

ウクライナ人道支援

29758_img_3493

ウクライナへの軍事進攻が続く中、250万人が国外へ難民となる状態が続いています。中には新生児、妊婦、幼い子どもやインシュリン注射を打たねばならない疾患を抱える人、手足の自由が利かない高齢者も含まれています。一番は水と食料です。
 緊急支援が必要な方々へ、1000円から支援できるクラウドファンディングによって、確実に基金が届UNHCR(国連難民高等弁務官事務所)あてに寄付金を募ります。

現在の支援総額
14,000円
40 %
目標金額
35,000円
現在の参加者数
6名
募集期間
3月 7日(月)07:54~ 7月31日(日)07:54
目標額に達さなかった場合
集まった金額で実行します。
集まったお金の使い道
UNHCR(国連難民高等弁務官事務所)あてに避難難民への緊急支援物資を賄うため。 Paypal または ゆうちょ振り込み:他銀行からお振込みの場合は 店名 〇一八 店番 018 記号10170 預金種目 普通預金  口座番号 69914561 アンドウ ユキ ゆうちょからお振込みの場合は、口座番号のみ6991456となります。
募集終了まで残り 35日

ウクライナ人道支援

ウクライナ人道支援へご寄付のお願い


ウクライナへの軍事進攻が続く中、250万人が国外へ難民となる状態が続いています。
中には新生児妊婦、幼い子どもインシュリン注射を打たねばならない疾患
抱える人、障がい者、手足の自由が利かない高齢者も含まれています。
一番は水と食料で、凍える体を守る毛布です。

 これらの緊急支援が必要な方々へ、1000円から支援できる
クラウドファンディングによって、3万5千円を集めます。
確実に基金が届けられるUNHCR(国連難民高等弁務官事務所)あての
寄付金を募ります。皆さまのご協力をよろしくお願いいたします。
★ペイパルまたはゆうちょで1口1000円お振込みください★

ゆうちょ振り込み:他銀行からお振込みの場合は

店名 〇一八

店番 018 記号10170

預金種目 普通預金 

口座番号 69914561

アンドウ ユキ

ゆうちょからお振込みの場合は、口座番号のみ6991456となります。





*お布施(寄付)について*聞いた話*

仏教のなかには,
「托鉢」という行があります。
笠をかぶったお坊さんが、
手に鉢をもって家々を回り
お布施を頂くという行です。

お釈迦さまは、
托鉢に向かう弟子たちに、
こう言ったんです。
「お金持ちの家ではなく、
貧しい人たちの家を回って
托鉢をしてきなさい」

普通、
お布施をいただくんですから、
お金持ちのところに行くのが
常識ですよね?

しかし、
お釈迦さまの思いは
別のところにありました。
貧しい人がなぜ貧しいのか。
それは、
自分のためにしか
お金を使わないからであり
その人たちに
与える喜びを味わってもらう
機会を生みだすのが、
托鉢の真の目的だったのです。

 
「神社のご神体が鏡なのは、
なんでだと思いますか?
鏡は、
『この世界はすべて逆なのだ』
ということを教えてくれているんです。


鏡に映すと、
右と左が逆になるように。
神社では、
お願いをしにくる人の願いが
叶うんじゃなくて、
神様の願いを
聞きにきてくれる人の願いが
叶うんです。


神様の願いを
聞きにきてくれる人というのは、
自分の願いだけを言いに来る人
ではなく、
みんなの幸せを願いにくる人
だそうです。


 


 1000円から参加できるクラウドファンディング!
国連難民高等弁務官事務所への寄付金は12000円。
ユニセフは2000円から。
寄付したいけど、自分の生活費を考えると…と
躊躇することもあると思います。
そこで1000円から寄付できるクラウドファンディングをします。
今回は少額寄付を集めてまとまった金額(と言っても3万5千円目標!
皆さんの思いを国連難民高等弁務官事務所に届けます。
もちろん、もっと高額が集まれば全額を寄付いたします。
今回ご寄付いただいた方の中から、抽選で3名の方に
7月出版予定の安藤由紀の絵本を贈呈いたします。


ウクライナ情勢に関する声明 フィリッポ・グランディ国連難民高等弁務官

この先、市民に対する人道的影響は壊滅的なものになるでしょう。戦争に勝者などいません。しかし、数えきれないほどの命が切り裂かれていくのです。

すでに犠牲者が出ており、安全を求めて避難を始める人々が出ているという報告を確認しています。国際人道法に則り、いかなる時も、市民の命、市民のインフラは守られ、保護されるべきです。





UNHCR
スポークスパーソン報告(2022年3月1日)

(ポーランド)
この6日間で、約66万人の難民がウクライナから近隣国に避難しています。
、今世紀最大のヨーロッパ難民危機になることが予想され、
国境に向かって何マイルもの避難の列が延びています。国境を越えた人々は最大60時間待ったとも話しており、到着する大半は女性と子どもでウクライナ全土から避難してきています。凍える寒さの中、陸路で国境を渡るために何日も待っている人が多くいます。

(ルーマニア)
ルーマニアに入国するための列は最大20時間まで延びています新しく到着する人々に庇護申請に関する情報を提供し、パートナー団体を通じて、法的アドバイスやこころのケアも行っています。また、24時間対応のホットラインを開設し、難民を対象としたオンラインのヘルプページをウクライナ語で提供しています。

<ウクライナ>
情勢不安や治安への懸念があり、人道支援者に対する安全や移動の自由が十分に確保されていないことが、UNHCR職員を含めた人道支援者にとって大きな壁となっています。

 
UNHCRとは:

第二次世界大戦後の1950年、避難を余儀なくされたり、家を失った何百万人ものヨーロッパ人を救うために設立されました。

当初は3年で難民の救済活動を完了し、解散する予定でした。

設立から半世紀以上経った今日も、UNHCRは、世界中の難民の保護や支援に取り組んでいます。

難民条約とは?

第二次世界大戦後の1948年、「世界人権宣言」が採択され、この中で、庇護を求める権利とすべての人間は差別されずに基本的人権を享受できる旨が確認されました。

第二次大戦後、国連加盟国の間で、難民問題、特に難民の基本的人権保障に対する意識が高まりました。第一次大戦後に採択されていた特定の難民集団に関する協定は適用範囲が限られており、第二次大戦によって急増した難民へ緊急保護の必要性や加盟国の関心事を満たすには十分とはいえないものでした。

こうした理由や、難民問題がいまや世界的な問題となったこと、難民の保護を保障し、問題を解決するためには、国際的な協調と団結が非常に大切であるという認識に基づいて、1951年7月に開催された外交会議で「難民の地位に関する条約」が採択されました。

1967年1月31日に採択された「難民の地位に関する議定書」は、1951年の条約にあった地理的・時間的制約を取り除いたもので、通常、この二つをあわせて「難民条約」といいます。


≪緒方貞子さんは、日本人で初めての国連難民高等弁務官として活躍されました≫


安藤由紀公式メルマガ:https://resast.jp/subscribe/124759/2094717



お客様の声

648852_zgixmdnhytvmn?1646951158

白井 由香 様

ウクライナ人道支援

みんなで応援しよう!

648852_zgixmdnhytvmn_2?1646951158
ゆきさん、素晴らしい取り組みです。
私も寄付するタイミングを待っていたので
goodタイミングでした。一日も早く世界平和となりますように…。ゆきさんの絵本も気になります。
Icon_f

みどりか 様

ウクライナ人道支援

応援してます!

寄付の機会を作ってくださりありがとうございました。少しでも何かできることがあれば絵嬉しいです😆

支援アイテム一覧

  • 完売御礼
ウクライナ人道支援ご寄附1000円
 1,000円