Top_7
Top_5
Top_6
Logo_s
  Menu_1sesson_no Menu_2event Menu_3contents Menu_4shop Menu_4contact Menu_5conclusion
 
 
27071_yzi5otm2mdm5zja1y
2014年7月~2015年9月に手作り制作しリリースした3枚のアルバム。
いずれも【弾き語り】という私にとって原点のスタイルでレコーディングし、約7年半の間に再版を重ねながらたくさんの方にお届けしてきました。

この度3rdアルバム完売に伴い、3枚共に”手作りCD”という形での再販を終了することを決めました。

そしてよりスムーズに、日本中世界中のより多くの方々のもとへ届くように…
さらにはこれからの音楽活動でお届けする音源と今回のアルバム音源での、相互作用でのお楽しみ要素も未来へ向けて含みながら…

【過去から今へ、今から未来へのタイムカプセル】として、2022年1月~3月の3ヶ月間連続で、毎月1枚ずつデジタルリリースすることに決めました!

それにあたっての制作費をクラウドファンディングの形で募ることに致しましたので、ご支援頂けますと幸いです!
現在の支援総額
205,000円
136 %
目標金額
150,000円
現在の参加者数
11名
募集期間
12月19日(日)08:00~ 3月31日(木)23:59
目標額に達さなかった場合
集まった金額で実行します。
集まったお金の使い道
・デジタルリリースに伴う配信サイトでのシステム利用料 ・楽曲の諸権利登録料 ・リリース告知のための広報活動経費 ・その他諸経費 (目標額を上回った場合は、今後この3枚のアルバムに収録されている楽曲を、本来描きたかった音像で再度レコーディング&リリースしていく際の経費として大切に活用し、このプロジェクトのその先の未来へ繋いで、楽曲という形で皆さんに循環させて頂きます。)
募集終了まで残り 63日
音楽と文章を通して、【自分の人生の創造主】として生きる仲間を増やし【誰もが誰かの希望の光となる世界】を創ります。
Professional
 
 
Little Witch's Life シンガーソングライター&随筆家
江村梨紗
音楽と文章を通して、【自分の人生の創造主】として生きる仲間を増やし【誰もが誰かの希望の光となる世界】を創ります。
 
【音楽活動略歴】

幼少期から高校までクラシックピアノを学ぶ。
社会人になってから本格的にピアノ弾き語りでの音楽活動を開始。
これまでにオリジナル3枚とカバー1枚でアルバム計4枚をリリース。
現在4thアルバム制作中♪

ライブ活動、オンラインでの音源や動画の投稿などの音楽活動をする中で情報発信の可能性に気付く。
2015年からオンラインビジネスの基礎を学び、イベントの主催やコミュニティ運営なども経験。

2017~18年には地声を本気でむきあうことで、地声での歌声と自分の本音と可能性を取り戻す。
それを機に声を使った個人セッションも開催。

現在は音源制作、文字での発信といった表現活動がメインですが、たまにイベントなども企画予定です☆(最速のお知らせはエッセイメルマガから!)

YouTube→動画・音源を発信
エッセイメルマガ→文章での発信の本拠地
各S..
【プロフィール】

シンガーソングライター&随筆家。

福岡県北九州市出身。

ピアノで弾き語り。二胡の弾き語りは現在研究中。

エッセイメルマガにて【誰もが誰かの希望の光】として幸せを循環しながら生きるヒントをお届け。

好きなもの:桃、中華料理、封神演義(藤崎版)、印象派(音楽も絵画も)、星野源さん、綺麗なもの、丸くてふわふわな生き物


超内向的、超インドアで、「石橋を叩きすぎてぶっ壊す」と言われるくらいの慎重派な子ども時代を過ごし、学生時代からは定期的に何者かに追われたり命からがら逃げだす悪夢にうなされるくらい常に精神的に自分追い込む系人間でした。

努力と気合と根性で頑張れないと成果は得られない主義を握りしめ、長年自らしんどい生き方をしてきました。

…が!社会人3年目で「音楽をしないまま死んだら後悔する!!」と唐突に激しく思い、音楽活動を開始。

それをご縁にインターネットの世界を通じて、「人生とは?」「これからの時代の幸せとは?」を人生の先輩方や仲間から学んできました。

そして現在…

ー頭と心と体を調律して本音と繋がり、自分らしく魅力を発揮することで【誰もが誰かの希望の光】であれること。ー

ーそんな幸せの循環が、自分も周りの人も心地良く生きていける世界を創る。ー

という理念のもと、音楽と文章で活動中。

自分自身も音楽を通して誰かの希望の光であれるよう創作活動をしながら、エッセイメルマガでは同じく【誰かの希望の光】として生きていくことを共に目指す仲間へそのヒントをお届け。
(たまに音楽活動の進捗やお知らせも♪)



【さらに詳しい自己紹介や活動歴】

幼少期から女の子らしくない低めの地声が嫌いで、できるだけ悪目立ちしたくない。
ざわざわした場所では目の前にいる人にも声が届かない。..
 

 

********************

 

 ☆NEWS☆

 

2022.1.18(Tue)
1stアルバム「夢語り」リリースしました!

 

 ☆各音楽配信サイトからのDL、ストリーミングはこちら
 https://linkco.re/dYMebXSn

 

 ☆自社ショップ限定版配信のご購入はこちら
 https://bit.ly/3FDE3yL
 (wav音源、mp3音源、歌詞データ、セルフライナーノーツを収録)

 

 ティザー動画はこちら

 1.エウレカver. https://youtu.be/QKFinGw1-fE
 2.金魚ver. https://youtu.be/3vfhD72AFJU
 3.薄桜ver. https://youtu.be/eWfk5QWVM6U

 

***

 

2022.1.16(Sun)
ご支援額が20万円、支援者さんが10名を突破しました!

 皆様のご支援ありがとうございます!
 引き続き応援よろしくお願いいたします!

 

***

 

2021.12.29(Wed)
目標金額達成しました!!

 

 なんと…!スタートから10日で目標額を達成しましたー!
 ご支援ありがとうございます!

 

 ここからさらにご支援頂く分につきましては、実は4月に検討しているリリース達成記念のフィナーレ企画までの予算を再試算したところ目標額より足が出そうでしたので、そちらに活用させて頂きます!

 

 さらにその再試算分の予算も超えるご支援金は、当初の予定通り、3枚のアルバムに収録された楽曲を今後【再レコーディング&リリース】していくにあたって必要になる経費として、大切に使わせて頂きます。

 引き続き応援よろしくお願いいたします!

 

********************

 

 

とあるの日のご注文
~このプロジェクトのきっかけと経緯~

 

ある日の朝。

いつものメールチェックをしていると、オンラインショップでのCDの販売通知が入っていました。

 

ありがたいことにこれまでにリリースした3枚のCDアルバムと、デジタルリリースでのシングル楽曲の音源、全てをご購入頂いていました。

シングル楽曲はオンライン上で自動で音源データをお届けできるシステムになっていますが、CDアルバムは私が自ら梱包し、配送手続きをしています。

早速これまでのように配送準備を整えて発送しました。

 

これまでにリリースしたアルバムは計3枚。

全て手作りで制作し、2014年の夏からこれまでの間、ライブ会場での手売りやオンラインショップでの通販で、在庫がなくなるたびに再販を重ねながらたくさんの方にお届けしてきました。

 

そして今回は3rdアルバム「還る道」が完売。

「さて、どうしようか…?」

と私は考えました。

 

これまでのようにまた手作りで再販する…?

 

「いや、もう違うかもしれない。」と判断しました。

 

というのも、2021年4月にクラウドファンディングで皆さんのご支援を頂きながらリリースした「花霞」では、初めてCDという物理的な形あるものは作らず、オンライン上でのみお届けするデジタルリリースを経験しました。

 

 

その際音楽関係者ではない受け取る側の皆さんから、普段の音楽との関わりもたくさんヒアリングしながらリリースまで動いていったのですが、その一連の経験を経て、今後CDやDVDなど何かしら物理的な形のある状態でお届けするのは、ある程度自分の中での集大成を新たに築いた時だなと感じたのです。

 

そのため、今後シングルとしてリリースしていく場合は基本的にデジタルリリースの方向でいこうかなと決めていました。

じゃあ、その中でこれまでのアルバムの位置づけをどうするのか…?

 

残る1stアルバムと2ndアルバムも、このまま在庫がなくなり次第完全にソールドアウトとするのか…?

それとも別の形で届け続けられる環境を創るのか…?

 

それを考えるとても良い機会になったのです。

 

 

3枚のアルバムへの想い、という動機
~過去の私から今のあなたへのタイムカプセル~

 

「さて、どうしようか…?」

 

今回完売した3rdアルバムだけでなく、今はまだわずかに在庫のある1stアルバムと2ndアルバムも、残りが全て無くなってしまえば、今後新たに出会う皆さんには弾き語りでの当時の音源を聴いてもらうことは無くなってしまう…。

それはなんだか寂しいと感じました。

 

なぜなら、今の自分には当時の自分の表現はもうできないからです。

人間誰しもそうですが、人は日々刻一刻と変化していっているので、もうあの時と全く同じ発声や間を再現することはできないのです。

 

演奏や音質の粗削りな部分も含めて”当時の自分”という一つの【表現】であり【作品】であって、それも一種の価値なのだと私は考えています。

 

さらに、これら3枚のアルバムはいずれも【弾き語り】での音源。

【弾き語り】は自分自身の原点でもあり、これまでの3枚のアルバムにおさめられた音源達も、当時の自分を一曲ごとに数分間に閉じ込めた「タイムカプセル」の様な存在です。

 

 

その音源を「過去から今までの足跡」として、タイムカプセルのように”過去の私”から”今繋がってくれているあなた”へ、これからもお届けしたい。

 

そう感じて、手作りCDではない形でお届けし続けることを決めました。

 

 

このプロジェクトは未来へ続く
~今とこれからの私から、未来のあなたへのタイムカプセル~

 

さらに実はもう一つ、私の中でずっと温め続けていることがあるのです。

それは、このプロジェクトのさらに未来に繋がっています。

 

先ほどもお伝えしたように、2021年春、クラウドファンディングを通して皆さんに応援して頂きながら、「花霞」をリリースしました。

この楽曲から、ようやく自分が描いていた音像で楽曲を制作しリリースすることができるようになったのです。

 

この経験を経て、これまでの3枚のアルバムに弾き語りで収録した楽曲も、今後は順次本来描いていた音作りでレコーディングしてリリースしていこうと決め、実はもうその制作も始まっています。

 

それはつまり…

 

当時「弾き語り」という極めてシンプルな形で表現した楽曲が最初私の中で誕生した時に、どんな音で鳴っていたのかを、再レコーディングした音源がリリースされる度に「聴き比べる」という楽しみも生まれるということ!

実は私自身が一番楽しみだったりもしますが、これはきっと当時の音源を聴かれる皆さんとも共有できる楽しみなのではないかと感じています。

 

これからの未来で創っていくこの【お楽しみ】を叶えていくための大前提こそが、楽曲が生まれた当時の音源を今とこれからご縁のある皆さんにいつでも聴いて頂ける環境を調えておくこと。

その基盤作りの場として、このプロジェクトを立ち上げました。

 

このプロジェクトは、”今の私とあなた”から”未来のあなた”へ届けるタイムカプセルでもあるのです。

 

 

末永いご縁も見据えて、ぜひ3枚のアルバムのデジタルリリースと今後の活動を応援して頂けたら嬉しいです!

 

 

今後のスケジュールについて

 

3枚のアルバムは、2022年の1月から3月にかけて、過去にリリースされた順に毎月オンライン上の各配信サイトや私自身の運営するオンラインショップでリリースしていきます。


2021年12月 クラウドファンディングスタート
2022年1月中旬頃 1stアルバム「夢語り」リリース予定
2022年2月中旬頃 2ndアルバム「廻る」リリース予定
2022年3月中旬頃 3rdアルバム「還る道」リリース予定
2022年4月 …もしかしたらリリース達成記念の暁には、何かある…かも…?!

具体的なリリース日は、楽曲配信サイトでの手続きを進めていく中で、決定次第順次お知らせしていきます!

 

配信サイトも大手の所はほぼ網羅できるかと思いますので、既にご愛用の配信サイトからご購入頂いたりサブスクで楽しんで頂くこともできますし、自社オンラインショップからご購入頂くこともできます。

お好きな場所からお楽しみください☆

 

 

頂いたご支援金とリターンについて

 

頂いたご支援は、楽曲を配信するにあたって必要な登録料や利用料、リリースの告知活動のための経費として活用させて頂きます。

 

また、このリリースプロジェクトは【過去の私から、今のあなたへのタイムカプセル】であると同時に、【今の私とあなたから、未来のあなたへのタイムカプセル】でもあるというコンセプトです。

今回掲げる目標額はあくまでデジタルリリースしていく上で必要となる予算額を設定していますが、もし皆様からのご支援が目標額を上回った場合には、3枚のアルバムに収録された楽曲を今後【再レコーディング&リリース】していくにあたって必要になる経費として、大切に使わせて頂きたいと思っています。

 

 

続いてリターンについてですが、前回のシングルリリースの際には何種類かのリターンをご用意させて頂きましたが、今回はシンプルに金額に関わらず一律で

【自社オンラインショップでの商品ページ内にてスポンサーさんとしてお名前を掲載】

という形にさせて頂こうと思っています。

(お名前は前回のシングルリリース時同様ニックネームもOKですし、匿名希望として掲載しないという選択も可能となっています。)

 

 

今回このリターンに設定した理由は2つあります。

 

一つ目は、画家さんである【MIERUKA アーティスト AKARIさん】のお話を伺ったことがきっかけです。

AKARIさんは、これまでクラウドファンディングで「支援する側」として参加してきた体験談として

「こちら(支援者)のためにリターンはわざわざしなくていいから、全額そのプロジェクトそのもののために活用して欲しい!」

と、何度ももどかしく感じていたとおっしゃっていたのです。

 

そしてAKARIさんご自身が個展開催のためにクラウドファンディングをされる際には、この支援する側のもどかしかった経験を活かして、支援者へのリターンは無し、というとてもシンプルな設定にされていたのです。

その想いを反映したからか、かなり高額な目標額にも関わらずものすごい勢いでたくさんのご支援を受け取られながら、大盛況の中最終日を迎えられました。(微力ながら私も応援させて頂きました☆)

 

ビジネスとしてのGive & Takeの感覚や、つい何かしらお返ししなければという観念がまだ抜けきっていなかった私にとって、

【無条件に応援するから、無条件に応援される】

というAKARIさんのメッセージは、音楽と絵画で形は違えど同じ表現者として、とても心に響くものがありました。

 

 

もう一つの理由は、私があり方や活動のヒントを受け取るために書籍を読んだり活動を追いかけさせて頂いている、表現者でありプロデューサー的な役割等も幅広くこなされている方の価値観を学んだことが背景にあります。

 

その方は常々、

「表現者はとにかく作品自体のクオリティでこそ勝負しなければならない。
届け方(情報発信やマーケティング)でどうこうするのが最優先ではない。」

といったことをおっしゃっています。

 

決して届け方を学ぶことが全くの無意味ということではなくて、作品のクオリティをしっかり高めてその責任を負った上でこそ、届け方を考えていく意味が生まれるということだと私は受け取っています。

 

そういった表現者としての矜持を学んでいく中で、私自身も

「感謝の気持ちは音楽で返すのが自分にできる一番の恩返し」

と思えるようになりました。

 

 

こういった二つの理由から前回のシングルリリースとは異なり、「どんな金額でもそこに込められた応援の想いは同じ」ということで、金額に関わらずシンプルに一律の内容にすることを決めました。

 

先ほどのAKARIさんのようにシンプルに「個展での作品で返す!」という感じで、リターンを何も設定しないのもいいなと思ったのですが…。

 

前回のシングルリリースで初めてMVを制作した際に、リターンの一つとして映像のラストで支援者さんのお名前を「Special Thanks」として掲載しました。

 

 

その映像を初めて見た時、私自身とっても感動してしまったので、(私自身の喜びとしても)これはぜひ感謝の気持ちを伝える一つの形として継続したいなと思ったので、今回も掲載させて頂くことにしました。

ただ今回はMV制作はしないのと、各配信サイトではそれぞれで配信の細かい仕様が異なる事などから、自社のオンラインショップの商品ページの中で「Special Thanks」欄を設けて記載する予定です。

 

 

さらに…

現在詳細調整中ですが、3月の3枚目リリースまで無事達成した暁には…!

翌月の4月に、リリース達成記念として何か皆さんと楽しめることができたらいいなということで、フィナーレ企画も計画中です♪

 

こういったリリースに向けての進捗などは、随時ご支援者さん向けのメールやメルマガ、各SNSにて発信していこうと思っていますので、そちらもお楽しみの一つとして12月から4月の約4ヶ月にわたり、一緒に楽しんで頂けたら嬉しいです♪


それでは【タイムカプセルプロジェクト】へのあなたのご参加をお待ちしています!

 

Icon_f
かわせみ 様
頑張ってください
懐かしくなり支援させていただきました^^
素敵な歌声が沢山の方々に愛されますように.+.*♡
Icon_f
ドリームゆみこ 様
たのしみにしてます!
いつもワクワクをありがとう♪
547827_mjflodqwm2rjn?1640742580
Etsu 様
応援してます!
梨紗さんからは、いつも真っ直ぐな力強さを感じています。

そのあり方は、歌声にも表れていらっしゃいますね。

梨紗さんご自身の想いと行動が一致しているからこそ、歌声が高いエネルギーで届くのだと感じます。

歌は、人を癒し、希望に導いてくれます。

こんな時代だからこそ、梨紗さんの歌声で救われる人が大勢いると思いますので、世界に羽ばたいて行って下さいね。

前回のクラファンでは、応..
Icon_f
みほ 様
応援してます!
梨沙さんの素敵な歌声と曲が沢山の人に届きますように。

デジタル配信楽しみにしています。
Icon_f
MIERUKAアーティスト AKARI 様
応援してます!
梨紗さんの歌声が
たくさんの方に届きますように^ ^
Icon_f
金子 聡子 様
応援してます!
梨紗さんの弾き語りによる3枚のアルバムは、今だから手に入れられるものなのですね。
ここから始まる3か月+αのプロジェクト、とっても楽しみにしています。
Icon_f
伊藤 幸子 様
応援してます!
デジタルリリース楽しみにしています。
梨紗さんの素敵な歌が、より多くの人に届きますように♪
 
 
 
 
Profile
Professional
シンガーソングライター&随筆家

江村梨紗

Mission
音楽と文章を通して、【自分の人生の創造主】として生きる仲間を増やし【誰もが誰かの希望の光となる世界】を創ります。
Senmon
音楽 文章 声 調律 表現 創造

【音楽活動略歴】

幼少期から高校までクラシックピアノを学ぶ。
社会人になってから本格的にピアノ弾き語りでの音楽活動を開始。
これまでにオリジナル3枚とカバー1枚でアルバム計4枚をリリース。
現在4thアルバム制作中♪

ライブ活動、オンラインでの音源や動画の投稿などの音楽活動をする中で情報発信の可能性に気付く。
2015年からオンラインビジネスの基礎を学び、イベントの主催やコミュニティ運営なども経験。

2017~18年には地声を本気でむきあうことで、地声での歌声と自分の本音と可能性を取り戻す。
それを機に声を使った個人セッションも開催。

現在は音源制作、文字での発信といった表現活動がメインですが、たまにイベントなども企画予定です☆(最速のお知らせはエッセイメルマガから!)

YouTube→動画・音源を発信
エッセイメルマガ→文章での発信の本拠地
各SNS(HP、twitter、Instagram、clubhouse)→日常のつぶやき


【プロフィール】

シンガーソングライター&随筆家。

福岡県北九州市出身。

ピアノで弾き語り。二胡の弾き語りは現在研究中。

エッセイメルマガにて【誰もが誰かの希望の光】として幸せを循環しながら生きるヒントをお届け。

好きなもの:桃、中華料理、封神演義(藤崎版)、印象派(音楽も絵画も)、星野源さん、綺麗なもの、丸くてふわふわな生き物


超内向的、超インドアで、「石橋を叩きすぎてぶっ壊す」と言われるくらいの慎重派な子ども時代を過ごし、学生時代からは定期的に何者かに追われたり命からがら逃げだす悪夢にうなされるくらい常に精神的に自分追い込む系人間でした。

努力と気合と根性で頑張れないと成果は得られない主義を握りしめ、長年自らしんどい生き方をしてきました。

…が!社会人3年目で「音楽をしないまま死んだら後悔する!!」と唐突に激しく思い、音楽活動を開始。

それをご縁にインターネットの世界を通じて、「人生とは?」「これからの時代の幸せとは?」を人生の先輩方や仲間から学んできました。

そして現在…

ー頭と心と体を調律して本音と繋がり、自分らしく魅力を発揮することで【誰もが誰かの希望の光】であれること。ー

ーそんな幸せの循環が、自分も周りの人も心地良く生きていける世界を創る。ー

という理念のもと、音楽と文章で活動中。

自分自身も音楽を通して誰かの希望の光であれるよう創作活動をしながら、エッセイメルマガでは同じく【誰かの希望の光】として生きていくことを共に目指す仲間へそのヒントをお届け。
(たまに音楽活動の進捗やお知らせも♪)



【さらに詳しい自己紹介や活動歴】

幼少期から女の子らしくない低めの地声が嫌いで、できるだけ悪目立ちしたくない。
ざわざわした場所では目の前にいる人にも声が届かない。
そして歌声になるとなぜか地声ではなく裏声の混ざったミックスボイスになってしまう声のギャップもぶりっこしているようで、さらに嫌い。

そんな自分を一目に晒すのは言語道断…と、自分の感情も意思も内に抑え込んでいました。

でも、そんな自分が唯一人前で自己表現をして自分の価値を感じられたのも音楽でした。

人前で発表したり話したり、自分の感情や考えを自己表現することが苦手で、表現する価値などないと感じていた自分が唯一表現することを許されたツール。

ピアノの発表会の時だけは、みんなに自分の音を届けられるし、聴いてもらえる。いいねと言ってもらえる。
それが自己表現の原体験でした。


その後クラシックピアノだけでなく趣味で色んなジャンルの音楽を聴き、一人自室で歌う幸せも知りました。

大学受験を機に一時的に音楽を離れることになったものの、社会人生活で一度心を失いかけた時に私の人生を取り戻してくれたのも、「音楽がしたい。ライブがしたい。」という執念にも似た衝動でした。


2013年から本格的に歌うことを始め、2014年にはライブ活動を開始。
福岡を拠点に活動していましたが、東京でもライブ出演をさせて頂きました。
CDはこれまでにオリジナル3枚、カバー1枚の計4枚リリース。


2015年からは活動の幅を広げるためにオンラインビジネスや情報発信の基礎も学び、イベントの主催も経験。

ありがたいことにライブ出演もどんどん増えた一方で、多忙になるにつれ徐々にライブを「こなさなければならない」感覚が、1回1回を大切にしたい気持ちと乖離したことでエネルギー漏れを起こし、2017年3月から長期休養。

2017年11月には我が家でのお茶会ライブでゆっくり復帰。

透明度の高いミックスボイスの評価は高かったものの、自分の中では依然「地声で歌えない。ミックスボイスしか使えない。」という悩みは残っていました。


ご縁あって2018年から、自分の人生の過去現在未来を表す3曲を本気で歌って、自分と本気で向き合う企画に参加したことで地声を取り戻します。

企画の最後の仕上げとして、同年4月に3000人収容の河口湖ステラシアターに立ち、音楽の力で「自分が今生きているということ」、「自分と聞いてくれる人との心が通い合って感情のエネルギーが循環すること」の喜びを体感。

これを機に声を使って本音と向き合ったことで、いびつな自分も美しい純粋な自分もまるっと全て抱きしめて、愛でることができるようになりました。

さらに、声を通じてあらゆる自分と向き合うということが「心を鼓動させる(感動する)」ことに繋がり、心と体が脈打って生命力が戻ることで、自分の無意識レベルの直感力や人生を軽やかに切り開く力を発揮すると気付き、それをお伝えするための声を使った個人セッションも開催しました。
現在は音源制作、文字での発信といった表現活動がメインですが、たまにイベントなども企画予定です☆(最速のお知らせはメルマガから!)


世界で一番好きな果物は桃。
優しく水で洗い、包丁とまな板でカットするのではなく、手で優しく皮をむいて、そのまま手づかみでがぶっとかじり、一滴もあますことなく体内へ取り込むのが桃への最大級の愛を表現した食べ方の流儀。
家族には一切理解されない(悲)。
いつか「利き酒」ならぬ「利き桃」パーティーを開催し、同時に色んな品種の桃を食べ比べるのが夢。

B_facebook
B_twitter
B_homepage
特定商取引法に基づく表記
イベントカレンダー
Copyright (c) 2010-2022 Cloudlink, Inc. All Rights Reserved. 08
Powered by reservestock